複数の不動産業者が同じ部屋を掲載している理由と仲介業者の選び方


ヒトグラ

不動産情報サイトなどで部屋探しをしたことがある方ならわかると思いますが、複数の不動産業者がなぜか同じ部屋を掲載していることがあります。

「お!この物件良さそうだな」と思っても「また同じ物件やないかい」となったことがある人は多いはず。

物件を自分で探すとこういう掲載の仕方はかなり邪魔だと思いますが、仮に良さそうな物件を見つけ、その物件を紹介している不動産業者が複数ある場合、どこを利用すべきか悩まされます。

今回はそんな悩みを解消するために、なぜこのように掲載しているのか、そしてどの業者を選べば良いのかについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

複数の不動産業者が掲載している理由

 

借り手的には一つの部屋、ないしは一つの物件に対して一つの仲介業者が押さえていると思いがちですが、この認識がそもそも間違っています。

 

大家はいかに空き部屋を早く埋めるかで家賃収入が大きく変わりますので、当然複数の不動産会社に広告を依頼します。

仕組みはこんな感じ。

複数の不動産業者が同じ部屋を掲載している理由と仲介業者の選び方

 

大家が複数の不動産業者に依頼する、もしくは一つの不動産業者に依頼し、その業者が複数の下請けに出しているイメージです。

後者の場合、依頼された不動産業者Aは下請けに出すことで利益は減りますが、その分貸し手側の目に留まる確率も上がるので、早く契約させることができるというわけです。

人気のない物件ほど、このように下請けに出すことが多いようです。

人気の高い物件は下請けに出さずとも、すぐに契約させることができますからね。

物件数が豊富でお馴染みのアパマンショップはこういう仕組みを積極的に利用しているため、紹介出来る物件が多いというわけです。

他社の物件を紹介しても、利益が入りますからね。

どの仲介業者を選ぶべきか

 

同じ家賃、同じ敷金・礼金だと非常に迷う、もしくはどれでも良いと思いがちですが仲介業者によってサービスが異なるので安易に決めるのはおすすめしません。

ちなみにスーモやホームズは不動産情報サイト(物件情報をまとめているだけのサイト)なので、大元が必ずあります。

例えば、一見スーモが押さえているように見えても、実は大元はエイブルだったり、なんてことも。

この辺は「おすすめ不動産目次ページ」でカテゴリー分けをしてあるので見て頂けると一目瞭然かと思います。

つまり、肝心なのは不動産情報サイトではなく、不動産仲介業者の選び方ということです。

 

初期費用の安さで選ぶなら、いい部屋ネットエイブルが個人的にはおすすめです。

いい部屋ネットの場合、仲介手数料が0円~50%の物件が多いですし、エイブルなら全物件50%なのでわかりやすいです。

サービスを重視するのであればダントツでいい部屋ネットでしょう。

リバップ会員というシステムはかなり便利です。

もちろん、審査の通りやすさなども仲介業者によって異なるので、自分の職業や資金と相談しながら決めていけば良いかと思います。

スポンサードリンク

家賃や敷金・礼金等が異なっている場合

 

ごくまれにですが、同じ物件にも関わらず、なぜか家賃や敷金・礼金等が掲載している不動産によって異なっている場合があります。

例えばA社では家賃5万5000円と書かれているのに、B社では5万3000円となっていたり。

 

これにも理由があります。

 

  • 1.記載ミス・連絡ミス

ついこの間まで家賃価格は5万5000円にしていたが、それでも人が入らなかった場合に大家が家賃を下げることがあります。

通常は、この家賃値下げは掲載している全不動産に伝わりますが、稀に連絡ミスが起こったり、連絡後に家賃変更するのを忘れてしまっている場合があります。

なんせ、物件数はかなりの数ですし、仕事は人が行っているためミスは起こりえます。

 

  • 2.仲介手数料分を上乗せ

先ほど説明したように、同じ家賃・同じ敷金・礼金なら当然仲介手数料が安い業者を選ぶのは当たり前です。

これを防ぐために、例えば仲介手数料が安い分、家賃に上乗せされている、またはその逆で仲介手数料が1ヶ月分なので、その分家賃を下げるという手法を取っている場合があります。

 

3パターン考えられます。
①業者さんと大家さんが親族またはそれに値する位仲が良いので差別化している。
②いつも変な客ばかり入れられている業者には高く出すように大家が差別化している。
③みなさんの言っている通り、大家さんがいろんな業者に出していて、
その業者だけ賃料を下げた旨言い忘れている。
④仲介手数料0.5ヶ月大家から貰っているエイブルやミニミニと差別化を図るため、
大家から仲介手数料を貰わない業者さんには代わりに賃料を下げて募集していいよと
言われているケースもあります。

③が一番多いパターンですが、①・②・④も私は経験したことありますので
無いとは言えません。

参照元:知恵袋

 

もし家賃が異なっている場合はとりあえず問い合わせてみると確実ですね。

それが面倒臭いという場合は仲介手数料が安い業者、そしてサービスが良い業者を選べば後悔することはないでしょう。

 

色んな業者を回ってから決めるのもあり

 

サービスの違いや特徴は当サイトでも述べていますが、それでも良く分からないという場合はいろんな業者を巡って、サービス内容なんかも確認した後で決めるというのもありです。

最初に問い合わせた仲介業者で契約しなければならない、ということはないですので、面倒でなければ自分なりに比較してみるのも良いかと思います。

初期費用だけでなく、退去の時に費用に関しても定額サービスを提供しているところもあれば、そうでないところもあります。

何度も言うようですが、良く分からなければ「仲介手数料が安い業者」を選ぶのが吉です。

部屋探しに役立つ記事

いい部屋を効率的に探し出す方法

検索時にチェックすべき物件情報

引っ越し前に隣の住人を知る方法

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す