不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

以前「家賃交渉のやり方」では家賃交渉がしやすい時期なんかについてご紹介しましたが、今回はそれとはまた別です。

物件を探していると、やはり波があるみたいで一年を通じて賃貸物件数が多い時期、逆に少ない時期というのが存在します。

物件数が多ければ多いほど、それだけ選択肢も増えるわけですから、いい物件に住める可能性が高いというわけです。

そこで今回はその物件数が多い順番をランキング形式で順位付けてご紹介していきますので、ぜひ部屋探しの際は参考にしてみてください。

賃貸物件数が多い時期

物件数というのは、需要と供給によって大きく変動していきます。

退去予定、またはすでに退去している部屋が多ければその分選択肢が広がりますが、需要の方が多かったり、退去する人がいない場合は物件数が少なかったり変動しなかったりするのでこの辺を見分けると部屋探しがしやすいと思います。

第1位:1月~3月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

ご存知の通り、この時期は一年間で最も人の入れ替えが激しい時期です。学生や新社会人が部屋探しをするため一人暮らし用物件の最も多い時期でもあります。

卒業、入学、などがその原因となっています。

通常の不動産は水曜日が定休日(契約が水に流れやすい)になっていますが、この時期だけは水曜日もやっているぐらいの繁忙期です。

3月の末が一番退去する人が多いのですが、退去のための連絡は3ヶ月前から行われるため、掲載時期はその前の1月や2月頃となります。

物件数の多さは2月>3月>1月という順番で物件数は多いですが、3月に入ってしまうとだんだんと良い物件が少なくなっていくように感じます。

3月上旬はまだ物件数が多く、中旬がピークでその後はだんだん総物件数は減っていく傾向があります。

もしこの時期を狙うのであれば最低でも2月上旬から部屋探しをした方が良いでしょうね。

ただ、引っ越し業者も同様に繁忙期となるため、料金も高くなってしまいます。

この時期は物件の入れ替わりが激しく、次々に新しい物件が出てくる反面、競争率が高いのですぐに成約してしまい、良いと思った物件はすぐになくなります。

条件のよさそうな物件を見つけたら「仮押さえ」することも可能なので、一時的に押さえておくべきです。

この時期に部屋探しをするならネットで探すよりも直接不動産に行ってしまった方が効率的です。

スーモやホームズなどネットに掲載されている物件情報というのはスピードが遅いので、掲載されたころにはすでに埋まっているということも良くあります。

繁忙期はスピード第一になるため、より早い物件情報を手に入れる必要があります。

MEMO

物件数が1年の中で最も多く移り変わりの激しい時期

第2位:9月・10月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

この時期は俗に穴場シーズンとも言われています。

大学生で9月に卒業する人もいれば、人事異動や転勤により引っ越す人が増えるので物件数が相対的に増えるようです。

また、大家側もこの時期を逃すと年度末まで空き物件になる可能性が高いので、家賃交渉なども割としやすいのが特徴。

僕は物件好きなので一年中物件を見ていますが、この時期になると物件のバリエーションに変動があるのを確認しています。

ちなみに新築物件が登場するのもこの時期が多いので、新しい部屋に住みたいという人にもおすすめです。

不動産の繁忙期と言われえている1月~3月までに間に合うように建設したり、入居者獲得のためにこの時期にリフォームをする大家も多いのが特徴です。

部屋探しをする需要よりも空き物件や新築物件などの供給が多いのでちょうど良い時期です。ただ一人暮らし用物件というよりも1LDKや2DKなどの新婚、カップル向け物件が多いように感じます。

MEMO

穴場シーズンで第二の繁忙期。カップルならこの時期がねらい目

第3位:4月(ゴールデンウィーク前まで)

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

不動産の繁忙期は4月までと言われているので、正直4月になってしまうといい物件は取られてしまっていますが、それでも依然として物件数は割と多いです。

だいたいゴールデンウィークに不動産を訪れ、契約しようと考えている人が多いのでそれまでに決めないと、ガクンと物件数は下がります。

おすすめは出来ませんが、もし部屋を探すのであれば4月上旬までには決めたいところですね。

4月は繁忙期を過ぎた売り残り物件で家賃交渉がしやすいという話もありますが、ゴールデンウィークがあるせいで交渉が意外としにくい物件も多いので注意してください。

僕が最初に一人暮らしした時も4月に部屋探しを行いましたが割と良い物件はあったように感じました。

当時は良し悪しもよくわからなかったので家賃の安さでしか見ていませんでしたが、そこまで物件数が少ないという印象はありませんでした。

MEMO

依然物件数は多いが売れ残り物件が多い。決めるならゴールデンウィーク前までに

物件数が少ない時期

物件数が少ないというのは繁忙期を過ぎて、売れ残った物件が多いということです。

確かに、選択肢は狭まり、良い物件を確保するのは難しいですが、その分家賃を下げていたり、家賃交渉、礼金交渉をしやすいというメリットもあります。

第1位:7月・8月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

一年の中で最も物件数が少ないと言われている時期ですが、逆に最も家賃交渉がしやすいと言われています。

この時期は不動産業界でも「閑散期」にあたり、かなり暇。

1人1人しっかりと対応してくれるというメリットもありますが、なかなか良い物件に出会えないので交渉込みで家賃を少し高めに設定して探すのも1つの方法です。

夏の時期なので暑いですが、引っ越し業者もこの時期はかなり暇なので繁忙期に比べて料金も格段に安くなっていてお得に引っ越しやすいです。

内見の際は電気が通っている場合はクーラーをつけてもらうことができるのでそれほど暑くは感じませんが、自力で引っ越し作業をする人にとっては結構地獄。

MEMO

1年で最も物件数が少ない時期。家賃交渉がしやすく引っ越し費用も安いので初期費用を抑えたいならおすすめ

第2位・・・5月・6月(ゴールデンウィーク後)

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

1~4月の繁忙期で売れ残った物件が多く、ゴールデンウィーク後だとかなり物件数は少なくなります。

繁忙期を過ぎた直後でもあるので家賃交渉はそれほどしやすくはありませんし、一年の中で最も狙うべきではない月と言えるでしょう。

梅雨の時期は休みに外に出たがる人も少ないので不動産に訪れる人も少なくなります。

雨のせいで引っ越し作業がしにくいという点も踏まえるとあまりおすすめできない時期です。

ちなみにこの時期は一人暮らし用物件よりもカップル用の物件が増えます。

MEMO

物件数も少なく部屋探しもしにくい時期。カップルならこの時期に物件をチェックしておこう

第3位・・・11月・12月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

一年の中で最も特徴がない時期。繁忙期を迎えるにあたって家賃交渉がしにくい時期とも言われています。

不動産業者も年始の繁忙期に向けて準備する時期ですし、9月10月を終えているので物件数も少ない印象があります。

退去の連絡が早い人は12月とかに連絡をするので12月中旬からどんどん物件が増えてくる感じですね。

11月から部屋探しを始めて12月に退去連絡をしてくる人を待って、条件の良い物件をいち早く狙うというやり方ができます。

MEMO

物件が増え始める時期。早期に決めたいならこの時期に条件をしっかり決めておくべし

スポンサードリンク

月別の物件数順位

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

※イメージグラフ

2月>3月>1月>9月>10月>12月>4月>11月>5月>6月>8月>7月

大体こういった順番になります。

スーモやホームズの取り扱い物件数を見てみると繁忙期の1月~3月は1,000万件近くの物件数になることもあります。逆に閑散期は300万件~400万件程度になるので単純にピーク時の3分の1程度の物件数しかないということになります。

物件数が多い時期の方が確かに自分の条件に合う物件を探しやすいのは間違いありませんが、不動産業界は共通の物件ネットワークを利用している(レインズとかatbbとか)ので、掘り出し物件は出た瞬間に埋まってしまいます。

物件の競争率が高くてのんびり部屋探しをしたい人にとってはおすすめできません。不動産も毎日多くの客を相手にしているためかなり忙しく、1人1人に対してゆっくりと時間を割いている暇がないため、雑な対応をされることが多くなります。

例えば条件に合わない物件を提示されたり、対応そのものが多かったり、内見する物件を間違えるというミスも発生します。

この時期に引っ越したことが何度かありますが、とにかく早く決めさせようとしてしつこかった印象が強いです。「今日決めないと埋まっちゃいますよ」とか。

逆に物件数の少ない時期は条件に合う物件も少ないですが、すぐに決めなくても埋まりにくいのでちゃんと吟味して部屋探しをすることができます。

繁忙期に部屋探しをするメリットとデメリット

メリット

繁忙期のメリット
  • 物件数が圧倒的に多く条件に合う物件を探しやすい
  • 物件の更新頻度が高い

繁忙期に部屋探しを行う一番のメリットはなんといっても出回っている物件数自体が多いので自分の条件に合う物件が探しやすいことです。

仮に条件設定して良い物件が見つからなかったとしても退去する人も多いのですぐに新しく空き室になった物件が出回るので翌週に条件に合う物件を見つけることができることもあります。

デメリット
  • 目星の物件がすぐに埋まってしまう
  • 家賃交渉がしにくい
  • 売れ残り物件が多い
  • 丁寧な対応をしてもらいにくくなる
  • 引っ越し業者の費用が高くなる

物件数が圧倒的に多い一方でライバルも多くなるので仮にネットで条件に合う物件を見つけてもその翌日にはもうすでに申し込みが入っているようなことが頻繁に起こります。

スーモやホームズに掲載されている物件というのは定期更新なので物件情報は少し古いのですでに成約済みの物件も掲載されていて部屋探しが効率的に行えない可能性もあります。

みんな引っ越し業者に依頼するので料金も高くなってしまいます。この時期はとにかくスピード第一で動かないとすぐに希望の物件は取られてしまいます。

閑散期に部屋探しをするメリット・デメリット

メリット

繁忙期のメリット
  • じっくりと部屋探しが行える
  • 部屋探しをしている人が少ないので丁寧な対応をしてもらいやすい
  • 家賃交渉等が行いやすい
  • 引っ越し料金が安い
  • フリーレントなどキャンペーン物件が多くなる

閑散期は物件数が少なくなってしまいますがその分同じように部屋を探しているライバルも少なくなるのでじっくりと部屋探しができます。

この時期は1人1人の客が不動産にとっても非常に重要な収入源となるので丁寧な対応をしてもらいやすいですし、大家としてもずっと空き室になる可能性が高いので初期費用が安くなるようなキャンペーンをしていたりフリーレント物件のような1ヶ月家賃がただになるような条件を付けることが多くなります。

また、引っ越し業者への依頼も少ないので費用が抑えたい人にはおすすめの時期です。

デメリット

デメリット
  • 売れ残り物件が多い
  • 物件数が少なくて条件に合う物件を探しにくい
  • 情報が更新されにくい

繁忙期に契約が決まらなかった物件はいわゆる売れ残り物件になってしまうので相対的に見てあまり良い条件ではないことが多いです。

例えば相場に比べて家賃が高かったり駅から遠いような不人気物件ばかり残されていたり。

もちろん繁忙期にみんながみんな退去するわけではないのでちょうど閑散期に好条件の物件が退去予定になることもありますが、繁忙期よりは当然条件に合う物件を探しにくくなってしまいます。

また物件の入れ替わりが少ないのでじっくり部屋を探しても新しい物件情報が少なくて妥協して部屋を決めなければならないことにもなりえます。

後悔したくないなら部屋探しは2か月前から

物件を探す時は目安としている時期の最低でも2ヶ月ほど前から物件を探し始めると割と良い物件にめぐりあえるので、間違ってもギリギリまで何もしないのは辞めたほうが良いです。

例えば3月に引っ越す予定なら、1月、2月あたりでもう探し始めていなければ遅いです。

確かに本気を出せば部屋探しから最短で1~2週間後には入居できますが、部屋を吟味している時間はなくなってしまいますし、住んだ後で後悔する可能性も高くなります。

引っ越しの2か月前から住みたい地域の物件を調べてみて相場を把握しておいて、良い物件を見つけたら内見。

内見後に仮押さえ(他の人に取られないようにすること)することもできるので、入居日がちょっと遠くても問題ありません。

こうすれば余裕のある引っ越しができますし、条件に合った物件を見つけることができます。

引っ越し作業は思っている以上に面倒なので時間に余裕を持っておかないとあたふたする羽目になります。

例えばネット回線だったり、入居したのに家具家電が全くなくて生活ができないということにもなりかねません。

時間がない人必見!1週間以内に部屋を借りる最速の方法とは

問題なのは空き室がすぐに埋まること

部屋探しで一番ネックなのはその日空き室状態でも1日~2日ですぐに申し込みが入ってしまって埋まることです。

なぜ早く埋まるのかというと、基本的に不動産は国土交通省が定めた物件のネットワークを利用しているため。

基本的にAという物件はどの不動産でも紹介してもらえますし、掘り出し物件ならなおのことです。

実際私も問い合せ時に空き室で翌日行ったら埋まっていた、なんてことが何度もありました。

不動産で直接探すとこういったことはなくなりますが、逆にその不動産が所有している物件、もしくは不動産側にとって報酬が高い物件ばかり紹介されるので正直微妙です。

個人的に現状おすすめなのがイエプラ。

わざわざ不動産に足を運ぶ必要もなく、家にいながらスーモやホームズにも掲載されていないような物件を紹介してくれますし、基本のやり取りはすべてチャットなので家賃交渉等も顔を合わせずに行えます。

イエプラ

ちなみにイエプラは通常、不動産業者しか見れない「ATBB」というサイトを無料で閲覧することができます。

イエプラATBBホーム

 

誰よりも早く物件情報を手に入れることができるので掘り出し物件を見つけることができます。

チャット上で「ATBBが見たい」と伝えるとそのページのアクセス権がもらえます。

イエプラのホームページへ

少しでも参考になれば幸いです。

■関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です