退去予定物件は退去から入居まで最短どれぐらいの期間が必要?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

退去予定物件はまだ人が住んでいる状態の物件で、即入居可物件と比べると入居するまでに少し時間がかかってしまいます。

性格な日付が明記されることが少ないため、どのぐらい待てば入居できるのか気になりますよね。

今回は退去予定物件に申し込んだ場合、退去してから入居するまでのどの程度の期間がかかるのか、即入居可物件と比較しつつ紹介していきます。

退去予定物件が退去してから入居できるまでの期間

住んでいる人が退去してから入居できるまでの最短期間は2週間~3週間ほどです。

退去時期も含めると平均1ヶ月~最大2ヶ月程度が目安となります。

退去するまでに入居審査や契約を済ませていたとしても、退去後には部屋の清掃や修繕を行うため、どうしても即入居可物件よりも時間がかかってしまいます。

退去予定物件は退去する約1ヶ月前から募集がかけられています。

「退去予定日10月15日」と書かれていたとすると、現在住んでいる人が退去するのは10月15日。

ここから退去者の退去費用を計算したり、実際にハウスクリーニングを行ったり、新しい鍵に付け替えるという作業が行われます。

実際に住めるのは11月以降となる可能性が高いです。

即入居可物件と退去予定物件の違い
入居までの工程即入居可物件退去予定物件
退去するまで最大1ヶ月
物件の申し込み1日1日
審査期間3日~7日3日~7日
初期費用の入金・確認1日1日
ハウスクリーニング退去から7日~14日後
書類作成1日1日
入居日調整・契約1日~2週間1日~2週間
鍵の引き渡し・入居1日1日
合計日数7日~14日約1ヶ月~2ヶ月

最近では「退去予定」と書かれている物件よりも「入居予定日」と入居が出来る日付について書かれている物件も増えています。

特に重要となる【入居審査】【ハウスクリーニング】【契約・鍵渡し】についてさらに細かく解説していきます。

入居審査

入居審査の平均は3日~7日程度と言われています。

退去予定物件の場合は入居できるかどうか退去するまでに行われるのが一般的です。

入居審査は契約者の年収と家賃とのバランスが見られているため、ある程度年収に余裕があったほうが審査もすぐに終わります。

ギリギリの年収の場合、1週間程度かかってしまうことが多くなり、審査の途中で電話で聴取されたり、追加で書類を送るといった工程を踏む可能性があります。

ハウスクリーニング

部屋の清掃自体は数時間程度で終わりますが、清掃業者を手配するためにかかる時間や破れたクロス、傷跡の修繕に時間がかかるため即日完了されることは滅多にありません。

1月~3月のような繁忙期は清掃業者も忙しく、提携している業者に予約を取るために時間がかかってしまいます。

繁忙期で2週間程度、閑散期であれば1週間以内に手配してもらえるので”時期によって入居までにかかる期間が変わる”というのが正確です。

また、部屋の汚れ状況に応じて大規模な修繕が必要となる場合、多くの時間を要することになるため入居までの時間が延びることも。

契約・鍵渡し

賃貸借契約は審査が通過したあとに流れとして行われることが多く、退去するまでの間に行われます。

契約書には『○○日から入居』といった具体的な日付が明記されるため、不動産側もすべての手配が終わっている後で行われます。

入居日の決定は入居予定者にあり、最大で2週間程度であれば交渉によって延ばすことも可能です。

ある程度入居したい日にちは自分の中で決めておいたほうが良いでしょう。

退去予定物件を選ぶメリット

退去予定物件は入居まで少し時間がかかってしまうものの、即入居可物件に比べると良い部分が多いのも事実です。

退去予定物件を選ぶメリットについて紹介していきます。

条件の良い物件が多い

退去予定物件の多くは”一定期間住んでも問題のなかった物件”となるため、売れ残りの即入居可物件に比べると条件が良い可能性が高いです。

即入居可物件は退去してしばらくしても借りてが見つからない物件となるため、条件が悪かったり、借り手が見つからない明確な理由があります。

人気の高い物件ほど退去予定として募集をかけた時点で埋まってしまう傾向があります。

条件が良く、他の入居希望者にとっても『借りたい』と思える良いお部屋である証拠です。

長い期間物件を確保することができる

賃貸物件は申し込みをした時点で募集にストップがかけられ、他の入居希望者が借りられない状態にしています。

通常の物件では申し込み~契約まで1週間~2週間程度にあるのに対して、退去予定物件は『退去までの期間』+『2週間~3週間』程度の期間となるため合計で1ヶ月~最大2ヶ月程度物件を確保し続けることもできます。

現在住んでいる物件を退去するか迷った際に退去予定物件を選んでおき、物件を確保してから退去の連絡を取れば無駄な二十家賃の負担を減らすことができます。

即入居可物件では入居審査後に今住んでいる物件の退去連絡を行うのが通常の流れとなるため、基本的には二重家賃は避けられません。

退去予定物件を選ぶ際の注意点

退去予定物件を選ぶ上でいくつか注意しておきたい点についても紹介していきます。

退去予定の物件は内見が出来ない

まだ人が住んでいる退去予定物件は内見が基本的にできません。

写真で見るのと実際に見るのでは部屋の見え方、雰囲気も異なるため内見は重要です。

特に需要の高い物件では内見できないのに入居者が決まってしまうこともあります。

退去予定物件は退去後にハウスクリーニングしていない状態で内見ができることもあります。

清掃後を見たほうが『汚れが落ちているか』を把握しやすいですが、内見できないよりはマシなので一応確認しておきましょう。

「ハウスクリーニングが入っていないのでまだ内見できません」と言われたら「クリーニング前でも良いのでお願いします」と交渉することで許可が出る場合もあります。

「部屋は違うけど間取りが同じ部屋なら内見出来る」と言われることもあるため、打診してみましょう。

内見せずに契約するのは本当に危険?

家賃やその他の条件が据え置かれるリスクがある

基本的には条件の良い物件となりますが、退去予定物件にすぐに申し込みをしてしまうと家賃や設備等の条件が据え置かれてしまうというリスクがあります。

例えば4年住んだ物件の場合、4年前と現在では築年数により物件の価格が下がります。

つまり、本来であれば家賃を少し下げて募集する予定のところを入居希望者がすぐに見つかったせいで、条件の変更が行われない可能性があるということです。

また、人気物件では家賃交渉や初期費用交渉が行いにくいため、即入居可物件ほど交渉に応じてもらえる可能性も低くなります。

即日入居可物件なら最短1週間ほど入居が可能

即入居可物件の場合、すでにハウスクリーニングを終えており入居審査や契約を済ませればすぐにでも入居が可能です。

即入居可物件というのは住んでいる人がすでに退去し、ハウスクリーニング、鍵の交換等が全て終わっていて、あとは契約を済ませればすぐに住めますよという意味です。

即入居といっても即日入居できるわけではないので注意しましょう。

即入居可物件に申し込んだ場合の入居までの流れをまとめてみました。

入居までの工程かかる日数
物件の申し込み1日
審査期間3日~7日
初期費用の入金・確認1日
書類作成・契約1日
鍵の引き渡し・入居1日
合計日数7日~14日

入居審査をすぐに通過することができれば1週間程度で入居も可能ですが、平均では2週間程度かかります。

僕は今までに5回以上引っ越ししていますが、申し込みしてから実際に入居までだいたい平均で1週間~2週間ぐらいかかっています。

保証会社を利用した場合はさらに審査が慎重になるため時間がかかる傾向があります。

基本的には審査が余裕で通過できるぐらいの年収なら終わるのも早いです。

2日~3日程度で終わることもありますが、繁忙期や審査が通るか微妙ぐらいの年収だと1週間ぐらいかかることもあります。

”いつ引っ越すのか”によって入居日が左右されることも結構あります。

即入居するためには準備が必要

すぐに入居するためには事前にある程度準備しておかないとスムーズに手続きを行うことができません。

よくあるのが申し込みでつまずくパターン。申し込み用紙には同時に連帯保証人とする人や緊急連絡先として指定する先の名前を書く必要があります。

例えば親を保証人にするとしても親の務めている会社の名前や電話番号、さらに親自身の年収まで把握していなければその場で書くことができません。

それと契約手続きを済ませる時にも準備をしていないと時間がかかってしまうことがあります。

契約する際にも保証人や緊急連絡先のために親の署名が必要になります。申し込みは自分が把握していれば親に書いてもらう必要はありませんが、契約の場合は親に一度渡す必要が出てきてしまいます。

例えば現在一人暮らしをしていて新たに引っ越すことになった場合、書類を一度持ち帰りそれを親に渡しに行ったり、郵送して返送してもらう必要があるのでどうしても時間がかかってしまいます。

保証人を親にする場合には契約時に親を連れて行くのが理想です。

1日でも早く入居する具体的方法

いくらこちらが早めに入居したくても、実際こちらができることはほとんどありません。不動産側は審査やハウスクリーニング、書類作成などやることが多いので「明日入居したい」なんて言ったところでどうにもできません。

早く入居する方法
  • 即入居可物件を選ぶ
  • 審査が通りやすい物件を選ぶ
  • 審査中に聞かれる前に必要書類等を準備しておく
  • 「急いでいるのでなるべく早くしてほしい」と伝える

1つずつ説明していきます。

即入居可物件を選ぶ

退去予定の物件はまだそこに人が住んでいるので実際に住むまでには時間がかかります。

即入居物件の中にもハウスクリーニング済みとそうでないものがあるので、内見する前に「この物件はハウスクリーニングされているのか」を確認しておくべきです。

ハウスクリーニング自体は数時間で終わりますが、業者は1日に何軒も回るので予定を組んで実際に清掃が入るまでに時間がかかってしまいます。

退去予定物件はまだ人が住んでいて退去を待たなければならず、さらにそこからハウスクリーニング等が行われるので避けるべきです。

審査が通りやすい物件を選ぶ

審査の通りやすさというのは自分の年収とその物件の家賃で決まります。

例えば年収1,000万円の人が家賃4万円の物件を選んだ際はすぐに審査が通りますが、逆に年収300万円の人が家賃20万円のところに住もうとすれば当然審査は厳しくなり、結果的に長引いてしまいます。

すぐに審査を通したいのであればなるべく家賃は安いところを選ぶべきです。

家賃適正収入
(手取り月収)
適正収入
(年収)
4万円12万円144万円
5万円15万円180万円
6万円18万円216万円
7万円21万円252万円
8万円24万円288万円
9万円27万円324万円

もちろん入居したら長く住む場所になるので適当に決めるべきではないですが、とにかく早く入居したい場合は自分の年収に家賃が見合っているのか考えましょう。

年収に余裕があれば1日~2日で審査が通ることもありますが、逆に審査ギリギリとなると1週間程度かかることがあります。

審査中に聞かれる前に必要書類等を準備しておく

審査の申し込みをする際には申込書に記入することになりますが、ちゃんと準備できていないとその日に手続きを済ませることができなくなるので時間が余計にかかってしまいます。

必要書類
  1. 連帯保証人の氏名・年齢・電話番号
  2. 連帯保証人の勤め先や勤務年数
  3. 身分証明書
  4. 住民票(3か月以内のもの)
  5. 印鑑
  6. 現在の住所
  7. 収入証明書(源泉徴収票など)

最低限用意しておくべき書類です。自分のことならまだしも連帯保証人のことは事前に準備しておかないとわからなかったりするので情報を集めておきましょう。

申し込みがスムーズにいかない一番の原因は実家の住所、親の年収や職業、職場の住所に関する項目です。

連帯保証人が不要の物件でも緊急連絡先として使用されることが多いのであらかじめ親に確認しておきましょう。

僕は親の職場を知らなくてわざわざ電話して聞いたりしたので時間がかかってしまいました。

「急いでいるのでなるべく早くしてほしい」と伝える

「今住んでいる部屋の退去日が○○日までなので、なるべく早く入居したい」という旨を伝えると不動産や管理会社もこちらの希望をできるだけかなえようとしてくれるので、しっかりと伝えておきましょう。

こうすることで通常よりも早く入居できる可能性が高くなります。

大家としては1日でも早く入居してもらえたほうが利益が高いので余裕があれば優先して作業を行ってくれます。

待っている間に引っ越しの準備や必要書類の準備をしておきましょう。

協力的な仲介業者を利用する

早く入居できるかどうかは管理会社と清掃御者の連携も大切ですが、仲介する不動産の書類作成や交渉に協力的であることも重要です。

協力的で有名なのは部屋を探してくれるサービスを行っているイエプラが個人的にはおすすめ。

イエプラ公式ページへ

運営会社株式会社エヌリンクス
口コミ評価(google)★★★★☆(4.5)
対応エリア関東・関西
店舗数2店舗
物件数約10万件以上
仲介手数料基本賃料1ヶ月分+税(保有不動産に依存)
利用料金無料
会員登録必要
おとり物件0件
特徴自宅にいながら部屋探しができる
チャットでやり取りが可能
新着物件を手に入れられる
業者専用サイト「ATBB」が見られる
設定できない細かい条件を伝えられる

イエプラはチャットでやり取りを行い、部屋を探してもうサービスです。

チャット上で『○○日に入居したい』といった要望を伝えるだけで済むのでラクですし、家賃交渉にも積極的です。

通常は営業マンに直接お願いする必要がありますが、イエプラは「家賃を5,000円ほど下げられないか交渉をお願いします」と打つだけ。

気になることもすぐに相談できるチャットスペースは重宝します。

イエプラのホームページはこちら!

まとめ

MEMO
  • 即入居可物件は最短1週間程度で入居できる
  • 退去予定物件は退去してからハウスクリーニングをするため入居まで最短でも2週間程度かかってしまう
  • 審査は平均3日~7日程度かかる
  • 早く入居したいのであればその旨を事前に営業マンに伝えるべき

入居できる期間は即入居可と退去予定物件では1週間~1ヶ月程度異なります。

すぐに入居したいならハウスクリーニングを終えている物件を選ぶようにし、なるべく入居を遅らせたいのであれば退去予定物件を選ぶようにしましょう。

退去予定物件のほうが新鮮度が高いため条件の良い物件は多いです。

入居日と引っ越し日&退去日はずらすべき?同じ日にすべき?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です