入居審査がゆるい賃貸不動産や通りやすい物件の特徴まとめ

これまでにも同棲での入居審査について無職が審査を通すテクニックについてご紹介してきましたが、審査が通るのは本人の信用度だけでなく物件の条件によっても左右されます。

そこで今回は物件にスポットを当てて、入居審査が通りやすいアパートやマンションの特徴やその条件について解説していきたいと思います。

フリーターや現在無職の方はもちろん、「なぜか入居審査が通らない」という人も参考になるかと思います。

入居審査は誰が行うの?

主に入居審査を行うのは2つの会社です。

入居審査を行う会社
  1. 物件を管理している管理会社
  2. 家賃保証を行う家賃保証会社

同じように見えても審査の厳しに違いがあるので審査を通したいのであれば違いを理解しておきましょう。

物件の管理を行う管理会社

大家はたいてい物件を他の会社に管理させているので管理会社は一律で複数の物件を管理しています。

大家が審査基準を決めるというよりは管理会社のほうでこれまでの統計上「どの程度の収入なら滞納しにくいか」をマニュアル化して、それを元に審査が行われます。

管理会社のみが審査を行う場合は過去に管轄管理物件に住んでいた場合のみ滞納歴を調べられてしまいます。

同じ地域内での引っ越しだと同じ管理会社だったりすることもあるので滞納歴がある場合は注意が必要です。

保証人不要の家賃保証会社

家賃保証会社というのは最近では増えている形態で、もし借主が家賃を支払えなくなった時に一時的に代わりに家賃を管理会社・大家に支払う会社のことです。

大家が家賃保証会社必須としておけば、家賃滞納が行われても困ることはないので最近は結構必須としている物件が多いです。

家賃保証会社は管理会社が行う審査よりも少し厳しいと言われています。

これはクレジットカード関連会社が行っていることが多く、いわゆる「信販系」というという審査方法となっているためです。

クレカの滞納だったり借金歴まで調べられてしまうので審査が厳しくなるというわけです。

家賃保証会社の審査が通れば管理会社がわざわざ審査することはほとんどありません。

入居審査が比較的通りやすい物件の特徴

入居審査は家賃と収入を基準に行われるので人柄とかは全く関係ありません。

ただ、同じ家賃だとしても審査が通りやすい物件と通りにくい物件があります。

1.いつまでも人が入らない不人気物件

大家としては家賃収入を多く手に入れることを大前提として、その上で入居審査を行うことにより家賃を払える人なのかを審査したいと考えています。

しかし、そもそも人が入ってくれないと家賃収入は0円となってしまい、維持費でマイナスとなってしまいます。空き室率を下げたいと思うのは当然ですよね。

こういった物件に狙いを定めておくと簡単に審査を通すことが出来ます。

ただ、こういった物件を探すのには時間がかかります。

具体的には半年以上前から住みたい地域の物件を調べておき、毎回紹介されている物件をチェックしておきましょう。少なくとも2~3件ほどはそういった物件が見つかるはずです。

探すサイトはなんでも良いですができるだけスーモやホームズ等取扱物件数の多い総合サイトを使ってください。

スポンサードリンク

2.もともとの家賃が安い物件

家賃が高い物件よりも安い物件の方が審査が通りやすいのは当然です。

審査をするのは「家賃を滞納しないか心配だから」という理由ですが、家賃が低ければ当然滞納する可能性も低くなります。

あくまでこれは噂にすぎませんが、だいたい家賃が7~8万円を境に審査が厳しくなる傾向があると言われているので審査を通したいのであればそれ以下の家賃の物件を選ぶようにしましょう。

都内だと少し見つかりにくいかもしれません。

3.繁忙期を過ぎて残っている物件

不動産業界の繁忙期というのは1~3月です。

この時期は大学生になる人や社会人として働く人など新たな環境に入れ替わる時期なので一人暮らしをする人が圧倒的に多くなります。

通常不動産業界は水曜日が休みですが、この時期ばかりは水曜日も営業している仲介業者が多いですね。

もし審査を通したいのであればこの時期を過ぎてまだ残っている物件を探してみてください。

大家としてはこの時期を逃すと1年間人が入らない可能性があるためかなり焦っている状況です。明らかに審査が緩くなります。

貸物件数が多い時期・少ない時期

4.不動産屋がやたら押してくる物件

実際に部屋を探したことがある人ならわかると思いますが、不動産屋はある一定数の物件をおすすめとしてやたらと押してくることがあります。

自分の出した条件とは違うのにやたらと押してくることもあります。

こういった物件は不動産屋にとって儲けが大きかったり自社物件であるなど仲介業者の利益につながっています。

基本的に不動産屋としては、できれば自分たちにとっても
入居者を優先的に入れたい物件というものがあるのです。
その優先順位は、会社によっても多少違いますが、大体次のようなものです。

・自社物件または管理を引き受けたオーナーさんの物件
・手数料などが他の物件より多くもらえる物件
・新築物件などキャンペーン物件
・オーナーさんの条件等が緩く、決めやすい物件

参照元:誰も教えてくれない賃貸住宅の話

優良物件かと聞かれればそうでない可能性の方が高いですが、もし審査の段階になれば是が非でも通るように仲介業者が計らってくれる・もしくは審査自体が緩いので簡単に入居することができます。

5.住むうえでデメリットのある物件

基本的にすぐに契約してしまう物件というのは駅から近くて家賃が比較的安くて綺麗な内装の部屋です。

これは1で挙げた不人気物件と同じような話になってしまいますが、逆に言えば「不動産屋としてもあまりおすすめできないような後ろめたい物件」を選ぶと審査は簡単に通ります。

  • 駅からすこし離れている
  • 家賃が相場よりも高い
  • 部屋が汚い
  • デッドスペースが多い間取り

いわゆる訳あり物件というやつですね。

こちらとしても出来れば選びたくはないですが、どの物件にも審査が通らないような人が部屋を借りるにはこういった少し問題のある物件も視野に入れておく必要があります。

6.シェアハウス

シェアハウスは一人暮らしではなく共同生活をする賃貸物件ですが、審査はほとんどありません。

具体的には家賃1か月分払えるだけの貯金と面接によって人柄が良いと判断されれば住むことができます。

「実家は出たいけど部屋を借りられるだけの収入がない」という人におすすめの物件です。

シェアハウスは相場に比べて圧倒的に家賃が安く、都内でも5万円前後で借りることができます。

シェアハウスと聞くと「赤の他人と共同生活」をイメージしますが、最近は各部屋に鍵がついていてリビングや風呂・トイレのみ共有するというケースが多いです。

ほとんど顔を合わせることもありませんし、他人に介入されることもあまりないので生活しやすいです。

シェアハウスがやめとけと言われるデメリットと意外なメリット

入居審査がゆるい不動産

入居審査の基準は物件ごと、管理会社ごとに異なっているので一概には言えませんが審査が緩いと言われている不動産について紹介していきます。

イエプラ

イエプラ公式ページへ

項目イエプラ
おとり物件0件
対応関東・関西
仲介手数料基本賃料1か月
内見現地集合可
利用料無料
物件数約500万件
魅力業者専用サイトが見れる

イエプラは不動産というよりも部屋を探してもらうサービス会社ですが、審査の緩い不動産物件に絞り込んで探すことが可能です。

チャット欄で条件を細かく伝えることができるため「審査が不安なので緩い物件を探して欲しい」と伝えればあとはスタッフが条件に合う物件を探してくれます。

審査を通すのに協力的になってくれるので普通の不動産を利用するぐらいならイエプラを利用して部屋を借りたほうが審査は通りやすいです。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式ページへ

項目ビレッジハウス
おとり物件0件
対応全国
仲介手数料無料
内見現地集合可
利用料無料
物件数約1,000物件・10万室
魅力家賃・初期費用が安い

ビレッジハウスは雇用促進住宅を一括借り上げしている不動産会社です。

建物自体の築年数は古いですが、どの物件もリフォーム、リノベーションされているので相場よりも家賃が安いことが特徴です。

ビレッジハウスの入居審査では【国籍・職業・年齢】が不問となっていて家賃保証会社を利用する必要がないというのも審査が他の不動産よりも緩い証拠です。

フリーターでも生活保護受給者でも家賃支払える証明ができればOKみたいです。

家賃が相場よりも安くて初期費用に関しても敷金・礼金・仲介手数料不要なので相対的に審査基準も低くなっています。

ただし、意外と提出書類が多いということなので無職の場合は貯蓄証明等の書類が必要となります。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の特徴やメリット・デメリット!仲介手数料や評判・口コミってどうなの?

UR賃貸住宅のホームページへ

項目UR賃貸住宅
おとり物件0件
対応全国
仲介手数料無料
内見現地集合可
利用料無料
物件数約72万戸
魅力無駄な費用が一切かからない

UR賃貸住宅は通常の賃貸不動産と違い民間ではなく都市再生機構という独立行政法人が管理している賃貸住宅です。

簡単に言えば国が管理し、所有している物件のこと。

UR賃貸住宅は部屋を借りるための条件が前もって定められていて公表されています。

【単身者の場合】

家賃額基準月収額
62,500円未満家賃額の4倍
62,500~20万未満25万円(固定額)
20万以上40万円

これだけ見るとむしろ審査は厳しいように感じられるかもしれませんが、これとは別に一時支払い制度や貯蓄基準制度があります。

家賃等の一時払い制度や貯蓄基準制度をご利用いただくか、一定の条件を満たす方は収入基準の特例を受けることができます。

参照:UR賃貸住宅

例えば「現在無職で収入は全くないけどある程度の貯金はあるので部屋を借りたい」という人の場合、1年間分を前払いすれば実質審査をせずに部屋を借りることが可能なわけです。

通常の審査では落とされるような人でも他の方法を取ることができるので実質的に審査はむしろ緩い。

UR賃貸住宅はその他にも初期費用がほとんどかからない点や民間ではないので退去費用もかなり安いので引っ越し費用がかかりません。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

レオパレス21

レオパレス公式ページへ

項目レオパレス
おとり物件0件
対応全国
仲介手数料無料
内見現地集合可
利用料無料
物件数約21,624件
魅力30日から利用可能プランあり

レオパレス21といえば家具家電付き物件やマンスリープランや短期契約プランが有名な不動産です。

マンスリープランや短期契約プランは通常の契約とは違い基本的に借りる期間の家賃を前払いすることになるためほとんど審査はありません。

もちろんレオパレスにも通常の賃貸契約方法を取っている物件もありますが、家賃保証会社がレオパレスのグループ会社である「プラザ賃貸管理保証株式会社」の独自系となるためクレカの滞納歴等は調べられることはありません。

長期で借りる際にも家賃の前払いで借りることができるので無職でも貯金があれば審査はほぼなしで借ることが可能です。

レオパレスの物件はマジでやばい?評判から見るデメリットまとめ

部屋まる

部屋まるホーム

部屋まる。公式ページへ

項目部屋まる
対応東京・埼玉・千葉・神奈川
仲介手数料基本賃料1か月
内見現地集合可
利用料無料
物件数26,892戸
魅力6万円以下の物件のみを探せる

部屋まるは東京・埼玉・千葉・神奈川の家賃6万円以下の物件を取り扱っている不動産会社です。

もともとが低い家賃をコンセプトに集客を行っているので、当然利用者の中には「審査に不安がある」とか「職業的に部屋を借りにくい」という人も多いです。

そのため審査にも協力的ですし、公式ページでも「生活保護を受けている人も気軽に相談して」と書かれています。

部屋まる。の特徴や口コミ・評判まとめ!なぜ家賃が安いの?

審査に落ちたらどうすべき?

部屋を借りようとして審査に落ちてしまったり、審査が不安という人のための物件の具体的な選び方についても挙げていきます。

収入に十分見合う家賃帯の物件を選ぶ

入居審査は不動産会社や物件を管理している管理会社によって審査基準は異なりますが、ある程度の目安というものがあります。

家賃適正収入(手取り月収)適正収入(年収)
4万円12万円144万円
5万円15万円180万円
6万円18万円216万円
7万円21万円252万円
8万円24万円288万円
9万円27万円324万円

だいたい家賃の3倍が手取り収入で必要だと言われていて、それを満たせば厳しい入居審査でなければ通る可能性が高くなります。

ただし、家賃7万円ぐらいからは審査が厳しくなる傾向があると言われています。

大家が一度に得られる家賃収入が高くなればなるほどしっかりと払ってくれる人じゃないと困るので当然と言われれば当然です。

あくまで目安であり需要の高い物件とそうじゃない物件では同じ年収でも審査の通りやすさが違うの参考程度に。

家賃保証会社を必要としない物件を選ぶ

入居審査の落ちる割合でも家賃保証会社が圧倒的に高くなっています。

家賃保証会社は信販系と呼ばれるクレジットカードと同じ審査会社が行っていることもあり、過去の滞納歴やブラックリストの有無についてまで調べられてしまいます。

「保証人不要!」とアピールしている物件は家賃保証会社の利用を必須としているので、こういった物件を避けるようにしてください。

収入が家賃に見合う額でなおかつ連帯保証人をつけられるのであれば家賃保証会社を利用しなくていいので、過去の滞納歴があったとしてもバレることなく審査してもらうことができます。

保証人を立てる

保証人を立てることで万が一自分自身の年収が足りなかったとしても保証人の年収をベースに審査されることで部屋を借りられる可能性がぐっと高くなります。

これは無職の学生が部屋を借りられるのと同じ理論です。保証人がいるからこそ収入がなくても部屋を借りることができるわけです。

もし両親に保証人を頼めるようであれば連帯保証人となってもらうだけで見合わない家賃帯の物件でも借りることができるのでおすすめ。

同棲する際や一時的に無職やフリーターになってしまった場合は保証人頼りが確実です。

まとめ

よく審査が落ちる人にありがちなのが自分の身の丈に合わないような家賃価格の物件を選んでいることが挙げられます。

極端な話、月収15万円の人が家賃15万円のところに住もうとしても審査は絶対に通りません。

嘘か本当かはわかりませんが、正社員の人が家賃10万円の部屋を借りようとしたところ入居審査が通らなかったという話もあります。

確かに信用は第一ですが、それ以外に家賃価格が自分に適正なのかも冷静に見極めてください。

現在休職中の方は一時的にアルバイトをするだけでも審査は多少通りやすくなりますし、他にも方法はいくらでもあります。

無職が入居審査を通りやすくするための7つのテクニック

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です