学生マンションと一般アパートの違いとは?家賃や住みやすさで比較してみた


地方から都内へ進学した人は基本的に一人暮らしをすることになります。

一人暮らしには自力でアパートを探すタイプや学生寮や学生会館に住むタイプ、学生マンションに住むタイプと幅広く存在します。

今回はその中でも学生マンションを検討されている方のために、一般的なアパートとの家賃や住みやすさの違いについてまとめてみましたのでご覧ください!

スポンサードリンク

学生マンションと一般的なアパートの違い

そもそも学生マンションとはなんぞやという方のために簡単にご説明します。

学生マンションとは学生のみが入居できる物件のこと。一般的な物件と比較するとやや防犯設備が整っている傾向があります。

初めて一人暮らしをするというのは親にとっても本人にとっても不安があり、また学校側としても何かあった時に問題になるのを防ぐという意味でこのような仕様になっています。

ちなみに学生マンションの場合は審査時に学生であることを証明しなければならないので学生証の提示を求められるのが基本となります。

もちろん、これから学生になる人は学生証を持っていないわけですが、その場合でも入学することを証明できれば問題ありません。

学生マンションとは、そもそもが学生のみが入居できる物件のことですが、最近は一般賃貸物件のなかにも学生のみ入居可能な物件は多いようです。 現状、「学生マンション」といえば、特定の企業が運営・管理を行う、設備グレードやセキュリティレベルの高い学生専用のマンションのことを指します。

参照元:学生ウォーカー

わかりやすく言うと学生のみが住めるちょっとセキュリティの良いマンションのことですね。

学生マンションを探す際に有名なサイトと言えば学生ウォーカー学生マンション.comがありますが、ネットで検索される方が多いようです。

学生寮や学生会館と違うところは門限がないことです。

寮に住んでいる場合は夜のアルバイトや早朝アルバイトが出来ないということがありますが、学生マンションにはそういった制限は一切ありません。

場所によっては学生寮のように食事付で食堂があるマンションも存在するようです。

ちなみに学生マンションは仲良くなってもらうために「学生懇親会」のような催し物を設けているところもあるようです。

新しい環境で異性と交流したい、彼女・あるいは彼氏を見つけたい人にとってはありがたいかもしれませんね。

では、普通のアパートやマンションと学生マンションでは一体どのような違いがあるのか見ていきましょう。

学生マンションの特徴や住むメリット

いくつか学生マンションならではの特徴や、普通の物件よりも優れている部分があるのでご紹介していきます。

  1. 基本的には学生限定なので審査が緩い
  2. 部屋選びが楽
  3. セキュリティがしっかりしている
  4. 家具・家電付き物件が多い
  5. 部屋が綺麗

基本的には学生限定なので審査が緩い

最近は例外のところも増えてきたようですが、基本的学生マンションはその名の通り、学生限定です。

住む資格は学生であることだけ。学生は働いているわけではないので基本的には保証人である親の職業や年収により審査されますが、通常の物件よりも比較的緩い傾向があります。

自分自身は働いていなくても問題ありませんし、【学生が住む】ことが前提となっているので色々聞かれるという手間もありません。

部屋選びが楽

学生マンションは行く大学・専門学校によってある程度住む場所が決められています。

そしてその管理されているマンションの部屋の空いている物件を選択するだけで済みます。

一般的なマンションやアパート選びと比べたら選択肢は少ないというのはデメリットでもありますが、選択肢が少ない分かなり手間が省けて楽なのが特徴。

部屋探しってより良い部屋を探そうと躍起になってしまいますが、選択肢が限られているならパパっと決められるのはメリットでもあります。

セキュリティがしっかりしている

学生マンションは基本的にオートロックで防犯カメラが付いており、セキュリティ面はかなり厳重です。

特に女性の方でセキュリティ面が心配だという方でも学生マンションなら安心して過ごすことが出来るでしょう。

管理人が常時いてくれるところも多く、管理側も住んでいるのが学生ということをわかっているので相談がしやすい点も魅力です。

学生のサポートもしてくれるのは一般的な物件ではありえないことなので、学生マンションならではのメリット。

家具・家電付き物件が多い

初めて一人暮らしする学生が対象となるため、最初からテレビやベッド、洗濯機や冷蔵庫が備わっている家具・家電付き物件が多いです。

もちろんすべての物件がそうなっているわけではないですが、もし最初から家具や家電を揃えようと思ったら安いものを購入しても約15万円程度かかってしまうので、親としてはかなり魅力的です。

もし住むことになったら、家具・家電付き物件のデメリットも理解しておいた方が良いでしょう。

家具家電付き賃貸のメリットとデメリット

部屋が綺麗

さすがしっかり管理されているだけあって、学生マンションはどこも綺麗な物件が多いです。

学生マンションはそれほど昔からあるものでもないですし、管理がしっかりしているのでボロボロの部屋なんてことはありえないのでしょうね!

学生マンションのデメリット

  1. 選択肢が少ない
  2. 住んでいる人が学生なので夜うるさい可能性がある
  3. 卒業したら必ず退去しなければならない

選択肢が少ない

スーモやホームズには数多くの物件が表示されていて、一般的な物件を探す人はその中から条件を絞り込んで理想の物件を探し出します。

しかし、学生マンションは数が少なくて普通の不動産サイトには載っていなかったりするので逆に部屋探しが面倒に感じたり、数が少ないと希望の条件に合わない物件に住む可能性が高くなってしまいます。

面倒臭がりで特に希望がない人なら学生マンションって選ぶのもラクでいいですが、できるだけ自分の条件に沿った物件に住みたい人向けではありませんね。

住んでいる人が学生なので夜うるさい可能性がある

学生ってちょうどお酒を覚えて、友達とどんちゃん騒ぎをしたい年頃です。そうなると自然と夜、宅のみをする学生も増えてうるさくて寝られないということもあり得ます。

私は学生マンションではなく、大学近くのアパートで一人暮らしをしていましたが、やっぱり学校の近くだと隣人も学生で夜うるさかった記憶があります。特に金曜日とかどっかしら必ずうるさい、みたいな。

学生マンションだと住人が学生なのでそういった理不尽さに遭う可能性も高くなってしまうということですね。

学生マンションなら確かに防音性がアパートよりも良いですが、それでも壁が薄い物件は多いのでこの辺は住む前に覚悟しておいた方がいいと思います。

まぁあまりにもうるさい場合は管理人に報告すれば対処してもらえるのでそこまで深く考えることもないのかもしれませんけどね。そういうサポートは学生マンションならでは。

卒業したら必ず退去しなければならない

たいていの人は大学卒業・専門学校を卒業すると同時に勤務先近くに引っ越したりしますが、物件を気に入っていたり、たまたま勤務先も近ければそのままそこに住むという選択もできます。

学生マンションの場合は住める条件が学生なので、どんな理由があろうとも卒業したら必ず引っ越しすることになります。

引っ越しって大変だし、また初期費用とかいろいろお金がかかるんですよね。選択肢がないのは学生マンションならではのデメリット。

ネットの口コミや評判をまとめてみた

学生マンションに実際に住んでいる人の意見をまとめてみましたので、借りるべきか迷っている方は参考にしてみてください。

学生マンションだと同じ学校の人とすれ違う機会が多いので、そういうのが嫌な人にとっては毎日ちょっと嫌かもしれませんね。

仲良くなってしまえば、いつでも友達と遊べて楽しそうではありますが、まだ顔見知り程度だとゴミ出しとか朝出るのとかちょっと気まずそうですね。

スポンサードリンク

家賃はどっちの方がオトク?

やはり気になるのはお得がどうか、家賃が安いかどうかです。

ネットで調べてみると「一般的な物件に比べてセキュリティ面や立地が良いため高い」と言われていますが、実際に調べて比較してみると正直微妙なところです。

学生マンション.comで調べた大山駅から徒歩10分ほどの物件がこちら。

学生マンション

部屋によりますが管理費込みでだいたい7万円~8万円ほど。

この条件を元にホームズを使って似たような物件を探してみました。

大山駅ホームズ

駅からの距離や設備はほとんど一緒ですが、学生マンションの方は家具家電付き。

逆のホームズの方は結構広めのマンションです。

ちなみにもっと安い物件はこんな感じ。

大山駅ホームズ

完全に同じ物件を比較しているわけではないので、なんとも言えませんが総合的に考えると設備や立地を考えると学生マンションが高いという印象はあまり受けませんでした。

おそらく学生マンションは必然的にセキュリティ面や立地など設備投資のせいで家賃が高くなるものの、同じ条件の物件なら一般的な物件と学生マンションは同等というのが真相。

学生マンションは学割等で家賃が割引される場合もありますからね。

ただ、普通の物件の中で部屋探しをするならアパートとかセキュリティ面がほぼ皆無な物件も多く、たいてい初めて一人暮らしする学生はアパートなので、学生マンションは選択肢もなく、割高に感じられるのかも。

例えばアパートなら4万円ほどで借りられる地域でも、学生マンションに絞るとセキュリティとかの影響、そしてマンションになるため6万とか7万円ぐらいでしか借りられないわけです。

つまり、それなりにセキュリティ面や住み心地を考慮するなら学生マンションの提供している物件に住んだ方がオトク。

しかし、もし家賃を最低限にしたい場合はアパートの方が安いですから、その場合は学生マンションの提供物件を利用しないで自力で探す方が良いと思います。

まとめ

【向いている人】

  • セキュリティがしっかりしている物件を探している人
  • 友達が作れるか不安な人
  • 学校にすぐ行ける距離の物件を探している人
  • 自炊が苦手な人(食堂付物件限定)
  • 比較的綺麗な物件に住みたい人

【向いていない人】

  • とにかく家賃が安い部屋に住みたい人
  • セキュリティとか気にしない人
  • 学校の近くじゃなくても良い人
  • 同じ学生に遭遇したくない人
  • 夜静かじゃないと眠れない人

セキュリティがしっかりしているのでどちらかというと女性向けという印象が強いですね。一人が心配だと思う人にはいいですし、サポートしてもらえる分普通の物件より優れています。

 

ただ、安さを考えるなら普通にアパートとかの方がはるかに安いので、金銭面で親に反対されている場合は学生マンションの選択肢はなしでしょうね。

セキュリティ面で心配している親を説得するには学生マンションはいい交渉素材だと思います。

少しでも参考になれば幸いです!

■その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す