入居中で内見できない賃貸物件!内見せずに契約するのは危険なの?


部屋を探す時はインターネットか店舗に直接行き、候補の物件を見つけて何件か実際に内見を行って契約するものです。

ただ今の物件の退去日が近く、場合によっては内見している暇がない場合もあるでしょう。

逆に時間はあってもその物件の都合上内見できないということもあります。

さて、では実際に内見せずに賃貸契約をしてしまうのは本当に危険なのか順を追って説明していきますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

物件によっては内見できない部屋もある

何度か引っ越しを経験されている方は一度はこういった内見できない部屋に当たったこともあるかと思います。

【内見できない理由】

  • まだ人が住んでいる退去予定の物件
  • 部屋が汚い状態で大家が断っている
  • 建設途中の新築物件
  • 管理会社が休み(限定的な理由)

完成していない新築物件だったり、たまたまその日管理会社が休みで内見できないという理由もありますが、たいていは住人が住んでいて退去予定となっている物件がほとんどです。

通常、ネットや不動産会社に出回っている物件というのは前の住人が退去しているかもしくは「退去予定」の場合に限られます。

退去の申告をする場合退去希望日の1ヶ月前以上という定めがあります。

これは1ヶ月という期間を設けることによって次の入居者をすぐさま確保し、家賃が発生しない月をなるべく避けたいという貸し手側の事情があります。

これが物件情報は出回っているのに内見できない部屋の正体です。

また、ハウスクリーニングを行っていない物件の中には内見を拒否されることもあります。

こちらの場合は内見できるケースもありますが、大家はしっかりと部屋が綺麗な状態になったところを見せたがるため、ハウスクリーニングが入っていない段階では嫌がるという理由。

私の経験上は前置きで「ハウスクリーニングがまだ入っていないので部屋は汚い状態です」と説明された上で内見できることの方が多いです。

即日入居可の物件と退去予定物件の違いとは

人気物件だと内見できないこともある

退去予定の物件がいわゆる人気物件だった場合、内見自体ができない可能性があります。

これは内見しないで契約してしまう人がいるという理由もありますが、大家が「内見しないで契約してくれる人を優先する」と言っているためです。

なぜ内見しないで契約する人を優先するのかというと、単純に利益を優先しているというのが一番の理由でしょう。

大家としてはできるだけ家賃収入を得たいわけで、そうなると必然的に今住んでいる人が退去したらすぐに入居者が入ってくれた方が助かります。

退去予定の段階からすでに次に契約する人が決まっていれば”空き室期間をより短くすることができる”ので利益がそっちの方が出るとうわけ。

内見してから契約となると、どんなに頑張っても空き室期間は1か月ほどかかってしまいますし、場合によっては埋まらない可能性もできてしまいますからね。

スポンサードリンク

内見しないで契約してしまうデメリットとは

内見しないで契約してしまうのは本当に危険なのかどうか。

ということでまずは内見しないことによるデメリット・・・というか「こういうこともある」といった例を挙げていきます。

【例】

  • 想像していた部屋と雰囲気が全く違う
  • 設備が思ったよりも古い
  • 防音性が想像以上に乏しい
  • 思った以上に日当たりが悪い
  • キッチンが思ったよりも狭い
  • 雨戸がついていない

内見する最大の目的は写真等では判断できない部分のチェックです。

例えば防音性は建物一つ一つ違いますし、フローリングの色だって写真とは異なります。

内見することで隣の部屋にどんな人が住んでいるのか、車はよく通る場所なのか、駅からの実際の距離はどのぐらいか・・・こういったこともついでにチェックすることができます。

私が実際に内見してやめた物件の例

さすがに内見せずに部屋を決めたことはありませんが「ちょっといいな」と思う物件を内見してみてやっぱりやめた理由についてもいくつかご紹介していきます。

写真よりも部屋が古くて汚かった

不動産屋が掲載している室内の写真は本当によく取れていて、思った以上に見た目は良く見えます。

ただ、内見してみると思ったよりも部屋が古かったり、写真よりも部屋が狭く見えるという場合が多く、私が内見した時もイメージと違ったので契約しませんでした。

部屋の設備の問題

これはちゃんと物件詳細を見れば内見しなくても判断できる部分かもしれませんが、ちょうど同棲用の部屋を内見した時にエアコンが1つもついていないことが判明。

内見した時にそれを指摘すると営業マンの方が大家に問い合わせてくれてエアコンを1台導入してくれるように交渉してもらえましたが、内見しないとこういった交渉もできなかった可能性があります。

内見せずに入居して「エアコンがない」ってかなり地獄ですからね。

日当たりが悪かった

物件情報には「日当たりが悪い」とは書かれないので、日当たりが良いかどうかは内見しないと判断できない部分の1つです。

内見した物件は隣に背の高い建物が建っているせいかほとんど日が入らないような構造になっていました。

窓から差し込む光も少なくて電気を常時つけていないと薄暗いような部屋でした。

結局この物件は家賃の安さに惹かれて契約してしまいましたが、内見しなかったら日当たりが悪いことはまずわからなかったです。

お風呂がめちゃくちゃ古かった

部屋はリフォームされてそこそこ綺麗な写真が並べてありましたが、その物件は築年数が古くてお風呂の写真がなかったので内見することにしました。

結果、お風呂場は昔を感じさせる造りになっていて正直言って古臭くて入る気がおきないような見た目だったので却下しました。

写真が掲載されていたとしても=安心というわけではない良い例です。キッチンとかお風呂場とかどこかしらの写真がなくても気付かないで内見せずに契約するとかなり後悔することになりそうです。

なんとか内見する2つの手段

本来入居中であれば断念すべきですが、なんとかして見たいという方のために2つほどその手段を紹介します。

1.同じ物件で他の部屋は空いていないか聞いてみる

その部屋を見ることは無理でも、間取りが同じ、もしくは若干異なった同じ物件の部屋を見ることが出来るかもしれません。

見ることによって部屋の雰囲気を確認することができますし、防音性などは物件ごとなので十分チェックをすることは可能です。

2.入居中の住人に直接交渉してみる

これは本当に最終手段ではありますが、自ら入居中の方を訪問して中を見せてもらえないか交渉してしまうという荒業。

なかなか難易度は高いですが、これも交渉次第では内見することは可能です。

しかも、現在入居中の方に「この物件はどんな問題があるか」を聞くことが出来るのがでかいですね。

例えば「上の階の人の足音がやたら聞こえてくる」とか「隣りの人が夜騒いでいてうるさい」など生の声を聞くことができるかもしれません。

出来る方は限られますが、どうしても気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

内見できない時の対策:仮押さえしてしまう

不動産業界には”仮押さえ”という用語があります。仮押さえというのはその名の通り物件を押さえておくことです。

通常、賃貸物件は申し込みが入った時点で募集にストップをかけなければならなくなるので、契約うんぬんは取りあえず置いといて申し込みしてしまおうというやり方。

申し込み→審査→契約という流れになりますが、契約をしなければ途中でキャンセルも可能なので、人気物件とか他の人に取られたくないような物件は仮押さえをしておくべきです。

退去予定の物件なら仮押さえしておいて退去したら「契約前に内見がしたい」と伝えておけばいいだけです。

人気物件で内見できない物件もこのやり方なら内見してから安心して契約することができます。

もちろん仮押さえするためには親身になってくれたり協力的な不動産の営業マンが必要です。

イメージと実際の物件はあまり変わらない


さすがに世間的に見ても内見しないで契約するのは少数派です。

内見は確かに重要ですが、内見しないからといって必ずしもその物件が最悪とは限りません。むしろ条件が整っているのであれば内見しても内見しなくとも最終的に契約する可能性は高いでしょう。

物件の間取りや写真等を確認して気になるところは全くなく、完璧だと思えるような物件なら内見しないのもありなのかもしれません。

これは個人的な意見ですが、内見してみて”思ったのと大きくことなる部屋”は見たことがありません。

内見するのは写真と同じか再確認するという目的や周辺環境を同時に知れること、そして情報に不備がないかの確認という意味が強いような気がします。

実際に内見してみるとどこを見ていいのかわからなくなることが多いのもそのせいでしょうね。

ただ、内見中に設備だったり家賃だったりの交渉をできるというメリットもありますし、失敗したくないならなるべく内見した方がいいというのが個人的な見解です。

もし内見せずに契約するのであれば、物件の情報をよく見て、できることなら周辺環境は自分で足を運んで調べてからの方が失敗するリスクを減らせると思います。

親身になってくれるおすすめの不動産サイト

内見せずに契約をしようと思ったら、ちゃんとその物件のデメリットや不審な点も指摘してくれるような営業マンじゃないとダメ。

契約を第一に考えているような営業マンは物件のデメリットは絶対に教えてくれないので親身になってくれる不動産を選びましょう。

 

個人的におすすめなのはイエプラというサイト。

イエプラの物件

店舗を持たずネットで集客している仲介業者で、URLの持ち込みが可能です。現地集合現地解散できますし、交渉事もチャットを通じて行えるのでかなり便利です。

先ほど言った仮押さえも協力的に行ってくれますし、アパマンショップやエイブルのような大手不動産と違い親身になってくれます。

空き室確認のためだけに利用するという使い方もできるので興味があれば使ってみてください。

イエプラ公式ページへ

参考までにどうぞ。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す