賃貸に雨戸やシャッターは必要?メリット・デメリットや住み心地の違いを検証してみた


物件情報を見ても書いてないことが多く、実際に内見に行ってもそこまで見る人は少ない窓の雨戸やシャッター。

このシャッターや雨戸、一人暮らしする人や部屋を借りる人とって本当に必要なのか今回はそれを明確にするためにメリット・デメリットと私が実際に住んでみた感想からご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

雨戸・シャッターとは

実はこの2つ、似ていますが微妙に意味合いが異なります。

  • 雨戸

雨戸というのは窓の外側部分に設置されている引き戸型の戸のことです。

もともとは雨や風をしのぐために作られましたが、最近のガラスは昔と違い嵐が来ても簡単に割れることがないのでなくても全く問題ありません。

最近の物件でシャッター付きというのは徐々に減ってきています。築20年以上の物件に多い印象。

  • シャッター

シャッターは窓上部に設置されていて上から下に降ろすような造りになっています。

雨戸よりもやや薄いものが多いですが、基本的な効果は同じです。

こちらも古い物件ほど雨戸の比率が高く、新築物件は雨戸よりもシャッターが設置されていることが多いですね。

続いてこの2つがあることのメリットやデメリットについて見ていきます。

雨戸やシャッターがあることのメリット

【メリット】

  • 保温性が保たれる
  • 昼間でも寝やすい
  • 防犯対策になる

大きなメリットはこの3つですね。

保温性が保たれる

雨戸やシャッターのある物件、ない物件どちらにも住んだことがありますが、一番の恩恵はこれです。

夏場や冬場にエアコンをつける人は多いと思いますが、なかなか部屋が暖かくならなかったり、エアコンを切った瞬間すぐに部屋が寒くなる、熱くなるというのはよくある話。

雨戸やシャッターがついていて締め切っているとエアコンを切った状況でも保温性が保たれるので電気代節約に繋がります。

夏場はともかく冬場はかなり電気代も高いですし、エアコンをつけっぱなしにしていると喉が乾燥して風邪を引いたりするので雨戸やシャッターはかなり効果的です。

ちなみに冷気というのはたいてい窓からくるものなので、そこを2重窓感覚で塞げるというのはかなりでかいです。

もちろん雨戸やシャッターを閉めていないと意味ないですが、あるのとないのでは全然温度が違います。

一人暮らしの超節約術!暖房を使わずに冬の寒さを乗り越える対策方法

昼間でも寝やすい

夜勤のある仕事をしている人や昼夜逆転している人なんかは昼間に寝ることもあるかと思います。

いくらカーテンがあっても完全に光を防ぐことはできませんが、雨戸やシャッターを閉めておけば100%光を防ぎ、真っ暗な状態に部屋を保つことができるので睡眠の質も高いです。

寝る以外にも、例えば恋人を呼んで部屋を暗くて映画鑑賞するとか、男女の関係になるときに部屋を真っ暗にするという使い方もできて結構便利です。

防犯対策になる

部屋の中が見れない状態にするというのは防犯対策においてかなり大きな効果をもたらします。

外から見てみるとカーテンの色だけで男性なのか女性なのか判断できますし、ちょっとカーテンの隙間から部屋内部が覗ければ色んな情報が外部に漏れてしまいます。

また、窓からの侵入は空き巣被害の定番ですが雨戸やシャッターを閉めておくと外から非常に侵入しにくくなります。

たいていは外から開けられるタイプですが、雨戸やシャッターを開けようとするとかなり大きな音が鳴ってしまうので、空き巣が狙うことはありません。

デメリット

【デメリット】

  • 音がうるさい
  • 開け閉めが面倒になってくる

雨戸やシャッターがついている物件に関して言えばほとんどデメリットはありません。嫌なら使わなければいいだけですからね。

また、雨戸やシャッターがついている物件とついていない物件をいくつか比較してみましたが、あまり家賃による差は見られませんでした。

あえて挙げるとするなら上記の2つです。

音がうるさい

閉める音が結構響くので夜に雨戸やシャッターを閉めようとしても近所迷惑になる可能性がありますし、そもそも風が吹くといちいち音が鳴るのでそれが原因で神経質な人は寝られない可能性もあります。

微妙に「カタンッ」という音が鳴るのが個人的には気になりました。風が強くない日ならともかく、台風とか来た日には最悪です。

そもそも雨戸やシャッターは雨風を凌ぐためのものなのに、雨や風の日に閉めるとデメリットがあるというのはなんともおかしな話ですけどね。

開け閉めが面倒になってくる

閉めっぱなしにするのは部屋に日が入らずカビの原因になる可能性がありますし、健康的な意味でもあまりよくありません。

ただ、毎回開け閉めをするのはそれはそれでかなり面倒な工程です。

習慣化してしまえばたいしたことはないのかもしれませんが、どのタイミングで開けておくのか、閉めておくのかって結構難しいです。

私は昼寝する時とかだけ閉めるようにしていました。夜に閉めても、もう暗いのであんまり意味ないですし、朝起きられなくなるのが怖くて閉めていませんでした。

一番良いのは外出前に閉めて防犯対策することなんでしょうけど、準備に余裕がない人はそれすらしなくなります。

雨戸やシャッターに防音性能はある?

若干ですが雨戸やシャッターを閉めると5%~10%ほど外からの音をカットする効果があると言われています。

住んでみた感じは正直あまり効果があるような気はしませんでしたが”なくはない”程度ですね。

例えば踏切近くに住んでいたり、大通りに住んでいたとしても元々の騒音が大きいので閉めたところでそこまで大きな恩恵を感じないというのが正直なところ。

あまり防音性には期待しない方が良いと思います。

逆に雨が当たる音、風で揺れる音の方が気になる可能性もあるので一長一短ですね。

車の騒音が気になる賃貸物件の防音対策方法とは?

結論:遮光カーテンである程度代用できてしまうので、生活に必要とは言い切れない

確かに雨戸やシャッターがあるならメリットも多いですし、使い道もあるのでうれしいですが、わざわざ部屋を探す時に「雨戸付、シャッター付」で探すほどのものではないというのが私の結論です。

あったら良いな!程度のものです。

太陽の光を防ぎたいなら遮光カーテンでほぼ代用できてしまいますし、雨戸やシャッターの実質的なメリットは保温性と防犯性ぐらいです。

もちろん遮光カーテンと言っても隙間から光が漏れるので100%防ぐことはできないので「部屋を真っ暗にしたいんじゃ!」という人にとっては便利なのかも。

夜勤があるような会社に勤めている人なら雨戸・シャッター付の物件にすることをおすすめします。

あとは遮熱効果があるので電気代をやたらと気にするような人も雨戸・シャッターがあった方が良いと思います。

逆に普段あまり家にいない人、電気代を気にしない人、規則正しい生活をしている人にとっては不要かも・・・

というのが結論です。

部屋を選ぶ上で優先順位は低いと思いますが、内見時には見逃さないようにしてください。

検索時にチェックすべき物件情報

最後に

昼間に部屋を暗くしたい時、例えば恋人とDVDを見る時とかに雨戸やシャッターは持って来いです。

ただ、健康面を考えると日の光はなるべく浴びた方が良いので使わない方が良いのかも・・・

私も過去に何度か雨戸付きの物件に住んでいましたが、一度閉めると洗濯した時ぐらいしか開けなくなりますね。面倒臭がりには不要なのかもしれません。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す