学生寮に住むメリット・デメリット!実際に住んでる人の口コミをまとめてみた


漫画やアニメでもよく登場する学生寮。賑やかで楽しいイメージがありますが、やっぱり現実と理想は違います。

学生寮は家賃が安くて、学校からも近く、一人暮らしならではの寂しさも感じにくい反面、いろいろな制限などもありストレスを感じる人もいます。

そこで今回は学生寮に住むメリット・デメリットや実際に住んでいる人の意見をまとめてみたので一人暮らしをするか学生寮に住むか迷っている方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

学生寮と一般的な賃貸との違い

学生寮とは学校が管理する独自の物件のことで、普通の物件にはない「食堂」があったり、ちょっと広めなお風呂がついているところもあります。

一般的な賃貸物件と比較すると圧倒的に家賃が安く、学校の敷地内に建設されていることが多いので通学も1分ほどという利点があります。

また、学生寮には【門限制度】や【罰則制度】など独自のルールを設けられています。もし学生に何かトラブルがあった時に学校側の責任になるため、そういった部分の管理も少し厳しくなっているのでしょう。

一方、一般的な賃貸物件にもゴミ出しの日やちょっとしたルールは存在しますが、基本的には何をするにも自由です。

その分寂しさを感じてホームシックになる人も多いですが、恋人や友人を自由に招いたりすることもできます。

学生寮に住むメリット

  1. 家賃が安い
  2. ギリギリまで寝てられる
  3. 自然と友達が増える
  4. 食堂があるので自炊する必要がない
  5. 家具をそろえる必要がない
  6. セキュリティがしっかりしている

家賃が安い

学生寮の最大の魅力はなんといっても家賃が安いこと。学校側が運営しているため、ある程度も学校側が負担してくれている部分もあると思いますが、シェアハウスに住んでいるようなものなので、通常の物件と比べて格安で住むことができるというわけです。

金銭的に厳しい家庭だと家賃が安いのはかなり魅力的です。通学にめちゃくちゃ時間がかかる人で、一人暮らしする余裕がない人に学生寮はぴったりです。

ギリギリまで寝てられる

基本的に学校の敷地内、もしくは学校からかなり近いところに建設されているため、例え1限目でも本当にギリギリまで寝ていられます。

それこそ授業開始の10分前に起きても間に合うぐらいに利便性は抜群なので、朝が苦手な人や、面倒臭がりな人にとっては魅力的かも。

自然と友達が増える

寮生活をしていると食堂で色んな人と会いますし、寮内でイベントをしたり顔合わせをすることもあるため、自然と友達が多くなります。

寮で仲良くなれれば毎日が楽しいですし、困った時に助け合える仲間ができるというのは大学ではかなり重要。テスト前とか特に。

逆に言えば不仲になると結構気まずいってのもあります。

食堂があるので自炊する必要がない

実家にいたときは自然と料理が出てくる生活を送っている人が多いですが、一人暮らしをすると自分で自炊してなんとかするしかありません。

ただ、学生寮だと最初から食堂がついていて食事つきってところも多いので、全く料理ができてなくても、生活できてしまいます。

家具をそろえる必要がない

基本的な設備はすべて寮に備わっています。それこそテレビとかベッド、洗濯機、冷蔵庫なんかも最初から備え付けになっているので普通に一人暮らしをした時みたいに家具や家電を自分で揃える手間がかかりません。

最初に家具家電を揃えると安くても約15万円ぐらいかかるので、そのコストを抑えられるのは正直でかいです。

セキュリティがしっかりしている

学生寮は普通の物件と違い警備員や常駐している管理人、また防犯カメラ等があるのでセキュリティ面は下手なオートロック物件より何倍もしっかりしています。

男にとってはセキュリティなんて気にする人のほうが少ないと思いますが、女性にとってはかなりでかい恩恵だと思います。

同じ学生もいますし、そもそも学校の敷地内に建てられていることが多いので不審者がまず現れません。

学生寮に住むデメリット

  1. プライバシーがない(一人になれない)
  2. 門限が設けられているので夜遊びできない
  3. トイレやお風呂が共同(場所により異なる)
  4. 友達を呼ぶことができない
  5. うるさい
  6. 自炊が出来ない

プライバシーがない(一人になれない)

さすがにプライバシーがないってのは言い過ぎですが、常に寮には人がいるので友達が部屋に遊びに来たり、たまり場になったりする確率が一人暮らしよりも高いです。

一人部屋ならまだましですが、相部屋になるとほとんどプライバシー皆無の状態になるので、そういうのが苦手な人にとってはストレスでしかありません。

学生寮に住む場合は相部屋なのか一人部屋なのかはよく確認するようにしましょう。

このあたりはシェアハウスに住む感覚と似ているかもしれません。

シェアハウスのメリット・デメリット

門限が設けられているので夜遊びできない

たいていの学生寮には門限が設けられています。おそらくこれが一番のデメリットでしょう。

だいたい22:00~23:00頃が門限となり、それまでに帰ってこないとペナルティがあったり、寮自体に入れないような仕組みになっています。

外泊する場合は事前に申請が必要だったり、そういうのも面倒くさいですよね。

学生と言えば友達の家で宅のみすることなんてしょっちゅうありますし、それが学生生活の楽しみでもあります。恋人と外泊して、ということも珍しくありませんからね。

トイレやお風呂が共同(場所により異なる)

学生寮によりますが、トイレやお風呂は部屋についておらず、共同となっている物件も多いです。

ゆっくりしたいお風呂の時間なのに、それもプライバシーがないのは正直言って私にはきついです。

まぁ慣れれば大丈夫なのかもしれませんが、わざわざ部屋を出てっこと自体が面倒そうです。

友達を呼ぶことができない

学生寮には基本的に友人や恋人を呼ぶことはできません。せっかく親元を離れているのに、寮以外の友人と気軽に自分の家で宅のみをしたり、ワイワイ騒ぐこともできないのはデメリットの1つでしょうね。

同じ学科やサークルの友達ができても「寮だから」という理由でことわなきゃいけないのはちょっと寂しいなと感じます。

単純にうるさい

学生寮で防音設備ばっちりってところはかなり少ないと思います。同じ学生が住んでいるので、にぎやかと言えば聞こえはいいかもしれませんが夜遅くまでうるさかったりすることもあるので、ストレスが溜まる人もいるでしょう。

寂しがり屋にとってはいいんでしょうけどね。毎日が修学旅行みたいな感覚です。

自炊が出来ない

一人暮らしをきっかけに料理を覚えたいと思っている人もいますし、そう思っていなくても一人暮らしは定期的に自炊することになるのである程度の料理は作れるようになります。

寮の場合は食事つきだったり、そもそも調理することができない環境となっていることが多く、料理スキルはほぼ身に着かないと思った方がいいですね。

私は一人暮らしがきっかけである程度の料理が作れるようになりましたが、寮に入っていたらたぶんいつまで経っても自分で生活することができなかったかもしれません。

実際に学生寮に住んでいる人の意見・口コミを集めてみた

迷っている場合は実際に住んでいる人の意見を見るのが早いです。

学生寮について一通りさらってみましたが、全体的に「良い」という意見よりも「○○なところが嫌」という悪い意見が多いような印象を受けました。

朝出られる時間も制限されているみたいですし、賑やかで寂しくならないけどうるさいってのは間違いないようです。

場所によって細々したルール・制限は違うのであくまで参考までに。

スポンサードリンク

気になる疑問をまとめてみた

学生寮の家賃はいくらなの?

都内・地方など場所によって変動は大きいものの、平均で約1万円前後と言われています。

大学のHP等に記載されていると思うのでチェックしてみてください!

最大のメリットは?

家賃の安さ、これが一番です。

最大のデメリットは?

自由が効かないことです。一人暮らしの最大のメリットが学生寮では活かせません。

異性との交流はある?

学生寮によってまちまちですが、最近は男子寮・女子寮が分かれているところが圧倒的に多いですね。

あまり異性との出会いは期待しない方が良さそう。

門限を破るとどうなる?

一週間お風呂掃除やトイレ掃除など、何かしらの罰則が設けられています。

もしどうしても外泊の必要がある場合は「外泊許可」の申請を行ってください。

ルームメイトはいるの?

これも大学によりけりですが、学生寮は2人一組のルームシェア型にしているところは多いようです。

ルームメイトも誰になるかわからない部分があり、また、プライベートな時間を過ごしにくい要因となっています。

学生寮に住みたいなら申し込みは早めに

学生寮はプライバシー皆無?メリット・デメリットをまとめてみた

学生寮は通常の物件とは異なり、住みたいと思ってもすぐに住めるものではなく、事前に申し込みが必要となります。

特に人気の学生寮だと合格してから申し込んだ時点で埋まっているということもあるので、なるべく早く申し込む必要があります。

学生寮の申込は意外なほど早く、学校によっては9月から申込が始まるところもあるそうです。基本的には合格してからの申込になりますが、中には希望する寮の仮押さえが出来る学生寮もあるそうなので、学生寮への入寮を希望しているという方はいつ頃から入寮の申込を行っているのか前もってチェックしてすぐに動けるようにしておきましょう。

参照元:学生寮入寮の申し込み時期・方法

 

学校によって申し込み時期が異なるので自分が行く学校のページをチェックしてみてください。

基本的には先着順なので早く行動した人の勝ちですね。

結局どっちがおすすめ?

【学生寮がおすすめな人】

  • 金銭的に厳しい人(家賃を抑えたい)
  • 料理ができない人
  • 超絶寂しがり屋な人
  • ずぼらで他人をあまり気にしない人
  • セキュリティ重視な人
  • 門限制度に耐えられる人←重要

学生寮の最大のメリットは家賃の安さ。問題点は門限があることです。

【学生マンションがおすすめな人】

  • セキュリティがしっかりしている物件を探している人
  • 友達が作れるか不安な人
  • 学校にすぐ行ける距離の物件を探している人
  • 自炊が苦手な人(食堂付物件限定)
  • 比較的綺麗な物件に住みたい人
  • 金銭的に余裕がある家庭

【一般的な賃貸物件がおすすめな人】

  • 完全に一人が好きな人
  • ある程度自立したい人
  • 自由に生活したい人
  • 壁の薄いアパートでも大丈夫な人

学生マンションというものもありますが、一般的な賃貸物件とあまり変わらないので同義と考えても大丈夫です。

詳しくは「学生マンションと一般アパートの違い」についてまとめていますので興味のある方はご覧ください。

家賃を一番抑えられるのは学生寮ですが、その分自由度も失われるというデメリットもあるので、そこが耐えられる人には学生寮がおすすめですね。

個人的には門限とか掃除当番とか面倒臭そうなのであんまりおすすめはできませんが、友達ができやすかったりする点もあるのでよく考えて選んでみてください。

少しでも参考になれば幸いです。

■その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す