一人暮らしの部屋は1Kとワンルームどっちが良い?メリット・デメリットをまとめてみた


一人暮らしの部屋は1Kとワンルームどっちが良い?メリット・デメリットをまとめてみた

一人暮らしをするなら大体の方は1Kかワンルーム(1R)どちらかにするでしょう。

初めての方は特に意識しないかもしれませんが、実際生活してみると1Kとワンルームの差って結構あります!

そこで今回は1Kとワンルームの違い・メリットデメリットを明確にまとめてみました!

スポンサードリンク

1Kとワンルームのメリット・デメリット

 

まず初めに1Kとワンルームの違いですが、簡単に言うとキッチンと部屋の間がドアで仕切られているかどうかということ。

一人暮らしの部屋は1Kとワンルームどっちが良いのか

1番がワンルームで2番が1Kです!

ユニットバスかどうかというのは関係なく、ワンルームであっても風呂トイレ別はあります。

ユニットバスと風呂トイレ別のメリット・デメリットはこちら!

【ワンルームのメリット】

  • 家賃が1Kに比べて5000円ほど安い
  • 玄関から仕切られるものがないので部屋が広く見える
  • 部屋とキッチンを行き来しやすい

ワンルームの最大のメリットは家賃が安いということ。

月5000円違えば年間で6万円もオトクです!

部屋によって誤差はあるでしょうけどお金を節約したい人はワンルームを選ぶべきでしょうね!

【ワンルームのデメリット】

  • キッチンの臭いが部屋中に広がる
  • エアコンの消費電力があがる
  • キッチンが狭い

料理をする人にとってはワンルームはデメリットでしかありません。

野菜炒めを作っても臭いが部屋に広がりますし、揚げ物を作った時なんかは一日中部屋全体が油臭くなります(笑)

しかも、ワンルームは部屋の広さを確保するためかキッチンが狭く作られていることがほとんどなので料理しにくいです。もちろんできなくはないですがw

狭いキッチンのまな板の置き場所や便利グッズまとめ

それとドアがないせいで場・および冬場はドアから熱気や冷気が入ってきてしまいます。

エアコンをつけてもなかなか部屋の温度は変わらず、その結果1Kに比べて消費電力があがってしまいます。

暖房を使わずに冬の寒さを乗り越える寒さ対策まとめ

1Kの場合はワンルームと真逆で家賃が少し上がるがキッチンの臭いはそこまで気になりません。

ワンルームに向いている人

 

  • とにかく家賃を押さえたい人
  • あまり家に帰ることがない人(社会人など)
  • 料理をすることがほとんどない人
  • 暑さや寒さに強い人

上記に当てはまっている方はワンルームの方が得です。

 

特に社会人などあまり家に帰らず、帰っても疲れて寝てしまうタイプの方は1Kにする意味があまり感じられません。

 

家賃を押さえたいけど、どうしても仕切りが欲しいという方はホームセンターでつっかえ棒を買ってカーテンのような布をキッチンと部屋の間に垂らしておくだけでもだいぶ違います!

ワンルームの人の家に遊びに行くと結構やってる人いるんですよね、ドアの代わりに。

スポンサードリンク

1Kに向いている人

 

  • 料理が好き・自炊したいと思っている人
  • 家にいる時間が長い人(大学生など)
  • 生活空間を分けたい人

私は完全にこっち派ですね。

ワンルームにしようと思ったことは今まで一度もありません。

ドアがないことによるメリットって家賃を考えなかったら正直ほとんどないので迷ったら1Kにした方が良いと思います。

 

逆に言えば家にほとんどいない人やずぼらな人は1Kにする意味があまりありませんw

私個人としてはぜひ1Kにすることをおすすめします!

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す