無理して高い家賃に住んで感じたメリット・デメリットを話そうと思う


適正家賃は収入の3分の1だとか4分の1という話がありますが、自分が思い描く理想の物件というのはその分家賃も高いもの。

今回は実際に私が少し無理して高い家賃の物件に住んでみた感じたメリットとデメリットについてご紹介していきます。

「家賃の安さを取るか、条件を取るか」悩んでいる方は私の経験がお役に立てればと思います。

スポンサードリンク

適正家賃ってどのぐらい?

世間的に言われているのは手取り収入の3分の1~4分の1程度。
【審査が通る収入の目安】

家賃 適正収入(月収)
4万円 120,000~160,000円
5万円 150,000~200,000円
6万円 180,000~240,000円
7万円 210,000~280,000円
8万円 240,000~320,000円
9万円 270,000~360,000円

これに当てはめて家賃を決めるとある程度の貯金を確保しつつ生活することができます。

つまり、この参考値を越えていれば【自分にとって高い家賃】と言えます。

無理して高い家賃の物件に住むメリット

利便性が高い

例えば「駅から近い」とか「いきたい場所にすぐ行ける」とかそういうこと。

家賃の安い物件というのは言い換えれば「人気の低い物件」なので各駅停車しか止まらない駅だったり、駅から遠かったりなど不都合なことが多いです。

このあたりを妥協しなくなるとストレスのない生活が送れるようになります。

部屋が綺麗

私が選んだ物件は築2年という築浅物件マンションだったので見た目も内装もとても綺麗でした。

部屋の綺麗さってのはやっぱり重要です。虫も出にくくなりますし、何より「いい部屋住んでるわ」と浸れますからね。

セキュリティ面が充実する

少し家賃をあげることでオートロック物件にも住めるようになります。私も今回初めてオートロック物件に住めました。

以前まではアパートを転々としていたので鍵穴にいたずらされていたり、家の貯金箱がなくなっていたり(泥棒なのか単純に無くしたのか今でも不明)、結構怖い思いをしてきましたがやっぱりオートロックは最強です。

わざわざいたずらするためにオートロックを突破する人はいませんし、営業訪問もエントランスで追い返すことができてしまいますからね。鉢合わせとかなくて不快な思いもしなくて済むのは精神的にもかなり助かりました。

生活が変化する

ちょっと無理して良い部屋に住むと、今までの生活とは違った行動を取るようになります。例えば「いいところに住んでるから仕事がんばろ」とか「自分磨きしよう」とか。

私の場合は部屋を汚すことに抵抗を感じるのでこまめに掃除をするようになりました。仕事も以前より捗ってます。

こういう些細な変化は生活する場所が変わることで自然と変わってきます。

自慢できる

人を部屋に呼びやすいってのはやっぱり魅力の1つ。友達を呼んで宅のみをしつつ部屋の自慢をしたり、異性を招くときも安アパートよりちょっとオシャレで綺麗な部屋の方が呼びやすいですからね。

残念ながら私の場合は友達が少ないので、あんまりメリットに感じてませんが、いつか異性を招くのが夢ですw

デメリット

毎月の出費がかなり大きい

やっぱり一番のデメリットはお金の問題。家賃は一気に多額が消えうせるのがきついです。

しかも毎月の生活費は家賃以外にも光熱費や食費、雑費や交際費もかかるので思った以上のお金が飛んでいきます。

せっかくいいところに住んでも1年ぐらいだと初期費用がもったいないだけなのでやめておいた方がいいかも。

それこそほんとに引っ越し貧乏になりますからね。

精神的に不安になる

毎月の出費が多くなるとそれだけ不安を感じるようになります。いつしか「ずっとはここに住んでられない」と感じて引っ越したくなってしまったら元も子もありません。

無理して高い家賃に住むのは精神衛生上よくないことは身をもって体感しました。

生活の質を落としにくくなる

宝くじに当たった人がダメになる原因と同じですね。

一度でもいい部屋に住んでしまうと次に引っ越す時にそれ以上の条件のものを求めてしまいます。

例えば風呂・トイレ別物件から風呂とトイレが一緒のユニットバスに引っ越すことに抵抗を感じるのも同じですし、防音性の高い鉄筋コンクリートマンションに住んでしまうと木造アパートは住みたくないと感じてしまいます。

一度生活の質をあげてしまう、前は普通だったことにストレスを感じるようになります。

高い家賃の物件に住むと収入が上がるのは本当?

払えるギリギリの家賃の物件に住むと、必死になって頑張るからその分収入も上がるという話がありますが、これはすべての人に当てはまるわけではないです。

確かに不安から仕事に打ち込むようにはなりますが、プライベートな時間を削ることになりますし、社会人だったらそんな急に給料は上がりませんからね。

個人事業主のようなフリーランスで仕事をしている方は仕事に意欲的になる可能性はありますが、だからといって必ずしも仕事量が報酬に繋がるわけではないのであんまり充てにしない方がいいかも。

頑張れる人は別に高い家賃の物件に住まなくても頑張るので。

結局”住めば都”なので無理して高い家賃のところに住む必要はない

引っ越し貧乏の私は今までいろんな物件に住んできましたが、結論を言うと「無理をしてまで条件の良い物件に住む」必要性はないと思いました。

確かに日々の生活は充実しますが、それだけ精神的に不安に感じることも多いのがネックです。

それと一度住んでしまえばどんな物件でも慣れてしまうのが人間の習性です。いい物件に住んでも「ここがこうだったらなぁ」という不満点は出てくるので無理をしてまで借りる必要性はないでしょう。

スポンサードリンク

迷ったら「家にいる時間の割合」で考えよう

住む家というのは確かに重要ですが、極端な話をすると仕事から帰って寝るだけのためにわざわざ高い家賃を払うのはかなりもったいないです。

休日に友達を呼んだり、恋人を招き入れたいと思うなら高い家賃を払う価値がありますが、家で過ごす時間が少ない場合はコスパが悪いです。

逆に自営業やフリーランスなどパソコン仕事等で家にいる時間が長い人は環境を整えるという意味でも少しお高めの賃貸物件に住む価値は高いです。

少しでも参考になれば幸いです。

■関連記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す