友達とルームシェアはデメリットだらけ?メリットと問題点まとめ

友達とルームシェアをすると毎日が楽しいイメージがありますが、当然一人暮らしとは違ったデメリットも存在ます。

今回はルームシェアはデメリットだらけなのではないかという疑問について解消していきます。

ルームシェアは否定的な意見も多い?

部屋探しサイトでお馴染みのスーモが調査した「ルームシェアに住んでみたいですか?」というアンケートによれば男性は全体の31.9%、女性は38.1%が『住みたい』と回答しています。

ルームシェア自体に必要性を感じていない人もいますが全体の約7割は否定的な意見となっています。

住みたくない派の意見
  • プライバシーがあまり保たれないと思うから
  • 部屋が一緒なのはちょっと抵抗がある
  • 友人でもずっと一緒なのはツラい
  • 基本的には自分の生活を他人に見られたくない
  • 私が潔癖症だから無理
  • どんなに仲が良くても仲が悪くなると聞いたから
  • 掃除ができない人と一緒になりたくないから

住みたくない理由は大きく分けて2つあり、1つは「プライバシーが保たれない」という部分です。

これに関しては2DKや2LDKの間取りで部屋を別々に分けることである程度対策は可能ですが、物件が別々というわけではないので友達との電話やオンラインゲームをしていればその会話は聞かれてしまう可能性は高いでしょう。

2つ目として挙げられるのは「掃除問題」です。

自分の部屋は自分で掃除するとしてもリビングやキッチン、お風呂場、トイレ等の共有スペースというのはどちらかがしなければなりません。

ルールを決めなければより潔癖症のほうが毎回掃除をする羽目になるので難しいところです。

気付いたほうがやればいい精神も確かに重要ではありますが、当番制にしないと片方の負担が大きくなるので最初に決めないと後悔しそうですね。

友達とルームシェアはデメリットだらけ?

まずは友達とルームシェアするデメリットについてまとめてみました。

想像できるものから住んでみてから気づくようなことまであるので参考になるかと思います。

間取りによっては部屋の広さが不平等になる

物件選びを間違えてしまうと片方の部屋が8畳もあるのに対して片方は5畳しかなかったり、和室だったりと部屋を分ける弊害が出てきます。

部屋の広さが同じであってもクローゼットの広さが同じとは限りませんし、片方の部屋からしかバルコニーに出られないのであれば洗濯するときに相手の部屋に入ることになってしまいます。

ルームシェアでおすすめの間取りは2DKですが、2DKは古い物件も多いので片方だけ和室だったり住んでみたら虫がよく出るような物件の可能性もあります。

僕が2DKで同棲した際はお風呂場に虫の死骸がやたら発生して夏場は地獄でした。

仲の良い友人や恋人を呼ぶことができない

一人暮らしでは仲の良い友人を呼んで一緒にゲームをしたり、宅飲みをして騒いだりすることもできますし、恋人ができれば家デートを楽しむことができます。

ルームシェアの場合は自分1人の部屋ではないため気軽に友人を呼ぶと相方の迷惑になってしまいますし、恋人を呼ぶことも了承を得ない限りは基本的にできません。

例えばデート費を安く抑えるために家デートをしたくてもそれができないので毎回外で待ち合わせてある程度のお金を使う必要があります。ホテルに行くにしてもお金がかかります。

ルームシェアだと一人暮らしならではの利点を生かすことができないのはデメリットです。

消耗品の支払いや買い出しでもめやすい

ルームシェアすることになればトイレットペーパーやティッシュ、洗剤等の日用品はシェアして使うことになります。

ルールを明確にしておかないと「日用品はどっちが買うのか」とか「負担割合はどうするのか」と言った問題になり、片方が損をすればストレスの原因になりかねません。

細かい部分ですが、これもお金の問題なので繊細に扱わなければならない問題ですね。

使用頻度が多い方が多く払うべきなのか、それとも完全に日用品を別々のものに分けるのか、定額支払いという形を取るのかあらかじめルールを決めないと必ず揉めます。

お互い気を遣えるタイプならなくなりそうな時期に買っておくとかできるんですけどね。「自分が損している」と感じることにストレスを感じると仲が悪くなる原因になる可能性は高いです。

仲が良くても喧嘩になりやすい

どんなに仲の良い友人とのルームシェアでも共同生活をしていると相手に対してイラついたり、相手の存在が鬱陶しく感じる場面が出てきます。

喧嘩になりやすい理由
  • お金に関する分担問題
  • 寝る時間・起きる時間の違いで物音にイラつく
  • 自由な行動ができない(実質的に行動を制限される)
  • 共有部分の片づける頻度の問題

ルームシェアはお互いの気使いにより成り立つものですが、それができないと片方だけが全く掃除をしなくて虫が良く出るようになったり、部屋が分かれていても物音は聞こえてしまうので夜中起こされたり、朝まだ寝ていたいのに起きてしまうということも十分起こりえます。

本当に相性が良いかどうかは一緒に住んでみないと分からない部分なので同棲と少し似ていますね。

友達と2人でルームシェアをすると仲が悪くなる?不仲にならない方法とは

私物が盗まれたり勝手に使われる可能性がある

一人暮らしの場合は自分の私物がなくなった場合は完全に自分のせいであり、部屋で無くしたなら必ずどこかにあるので探せばいいだけです。

一方、ルームシェアの場合だと相手が盗んだ可能性も出てきたり、許可を取らずに勝手に借りているということもあるので相手に対する疑いをかけるようになります。

実際に盗んでいなかったとしても「もしかしたら相手のせいなのではないか?」と考えてしまうこと自体が問題です。

これは同棲とも似ていて、僕が同棲した際に貯金箱がなくなった際は思わず彼女を疑ってしまいました。

結局貯金箱は出てこなかったので本当に彼女が盗んだのか、それとも僕自身がどこかに無くしてしまったのかも明らかになっておらず今でももやもやしている事件の1つとなっています。

引っ越す際に家具家電の分配に困る

お互いが一人暮らしをしている状態でルームシェアをするなら今まで使っていた家具家電をもっていくこともできますが、それでも洗濯機は2つもいらないのでどちらか一方の私物を捨てることになります。

こうなってくると退去してお互いまた別々に暮らすことになったときに自分の家具や家電だけない状態になってしまいます。

また、ルームシェアをする際に「ソファを買おう」とお互いにお金を出せば、退去の時にどっちが持っていくのかでもめる可能性もあります。

このように家具や家電を共同で購入しようとすれば揉めますし、片方が捨てることになればそれはそれで次の引っ越しに困るという問題が発生します。

片方だけが引っ越すと家賃の負担が大きくなる

ルームシェアは基本的に家賃を折半して1人では払えないような額の物件に住むことも多いですが、万が一相方に恋人が出来たり実家に帰ることになって引っ越してしまった場合は家賃を全額自分が負担しなければならなくなります。

それが嫌なら自分も引っ越さなければなりませんが、引っ越すにしても引っ越し業者依頼費用、新しい物件の初期費用等が必要になるためお金がかかってしまいます。

どちらか片方の都合で引っ越そうとすると金銭的負担が大きくなるのはかなり問題です。

引っ越したいときに引っ越しにくい

自分が引っ越したいと感じていても一人暮らしのように勝手に引っ越すことはできません。

それこそ自分が契約者となっていれば自分が引っ越すことにより相手も引っ越さなければならなくなりますし、契約者じゃない場合は相手の家賃負担が大きくなってしまいます。

転勤等会社都合で引っ越すのは仕方ないにしても自分の行動により相手に迷惑がかかってしまうのが難点です。

恋人ができて同棲する話になったとしても「ルームシェアしているからあと○○年はできない」ということも良くあります。

一人暮らしとは違いルームシェアは自分一人の都合で決めることができないのはデメリットです。



友達とルームシェアするメリット

家賃の負担が減る

友達と2人で住めば初期費用も家賃も半分の支払いで済みますし、3人で住めば33%の負担で生活できるので無駄な費用をかなり抑えることができます。

実際に調べてみるとわかりますが、例えば1人で6万円出すのと12万円の物件を割り勘するのでは後者のほうが当然良い物件でなおかつ綺麗です。

1人だと選択できる物件も少なくて妥協を強いられることになりますが、2人で住めば条件を満たすような物件も多く洗濯の自由度が高くなります。

寂しさを感じにくくなる

一人暮らしをしているとふとした瞬間に猛烈に寂しさを感じてしまったり、1人でいるせいでネガティブになってしまうこともありますが、友達と一緒に生活することで話したい時に話し相手がいるというのはかなりでかいです。

寂しさはもちろん、1人でずっと生活していると人と話す機会が少ないのでだんだん喋りが下手になるんですよね(実体験)。

友達と一緒ならそういったこともありませんし、話す練習にもなりますしネガティブな感情を抱きにくくなります。

困った時にすぐ相談できる

1人では解決できないような困った事態に陥った時に友人にすぐ相談できるというのはかなり大きいメリットです。

会社で嫌なことがあった時の相談や、部屋にゴキブリが出てしまった時の対処なんかも2人で協力して行うことができます。

普通に生活していたらちょっとした問題というのは自分一人で解決しないといけないですが、一緒に住んでいるおかげで悩みを打ち明けられるのはかなり良い環境です。

一緒に遊べるから楽しい

例えば一緒にゲームをしたり、同じ趣味でカラオケに遊びに行ったりと2人ですぐに遊ぶことができるので一人暮らしよりも楽しいと感じる場面は多いです。

ルームシェアならではのメリットですね。

一人ではしにくいことでも友達がいればできることも増えるので生活していて楽しいという人は多いと思います。

干渉しすぎるのは良くないですが、遊びが充実するのは生活する上では重要。

物の貸し借りができる

一人暮らしだと自分が購入していないものは家にないのでわざわざ買いにいったり、諦めるしかありませんが友人とルームシェアをすれば物の貸し借りができます。

日用品で言えばホチキスやノリ、ボールペンなどのちょっとした小物は無くしたり持っていないことも多いですが友人に言えば借りれる可能性は高いでしょう。

仲が良い場合は服を貸したり、バッグや女性なら化粧道具なども貸し借りしているようです。

意外と使いたいときに手元にないものって多いので貸し借りができるというのは生活する上でかなりメリットです。

友達とルームシェア人の意見まとめ

Twitter上で実際に友達とルームシェアをした人の意見をまとめてみました。

メリット、デメリットはあるものの「楽しい」という意見が圧倒的に多いようです。

ルームシェアをするぐらいの仲なのである程度相手の価値観や性格もわかった上で一緒に住む人が多いのも楽しく感じる要因の1つなのでしょう。

むしろ全く合わないような人とは一緒に住もうとすらしないので上記で挙げたデメリットを感じない人も多いかと思います。

まとめ

MEMO
  • ルームシェアをすることで家賃や光熱費の負担が減るのが一番の利点
  • ルームシェアした人の意見の大半は「楽しい」
  • デメリットも多々あるのでそれをわかった上で決めるべし
  • ルームシェアをするなら期間やルールは事前に決めるべき

友達とのルームシェアは一人暮らしでは絶対に得られないような楽しさを感じることができます。

帰ったら友達がいて、一緒にテレビを観たりゲームをしたりすることもできますし、困ったときには相談することもできるので鬱にはなりにくそう。

一方で、恋人が出来たりすると家に呼べなかったり今後同棲の話が出てくればルームシェアを解消したくなるのでこの辺りは相手の家に行ったり、ある程度我慢は必要になります。

ルームシェアが快適になるかどうかは物件の間取りも大きいので部屋選びは慎重に行いましょう。

ルームシェアや同棲解消で賃貸物件の契約者名義変更をすることはできる?