物件の内見は現地待ち合わせ?それとも不動産?どっちがいいのか調べてみた


ネットで部屋探しをする場合、良さそうな物件が見つかったら問い合わせて内見の予約をすると思いますが、内見って現地待ち合わせするのか、それとも不動産に一度いってから営業マンと一緒に物件を見に行くのかわからないという方も多いと思います。

今回は内見するまでの流れと、現地集合と不動産どっちの方が良いのかという疑問に対して実際に何件も回って調べてみましたのでご紹介していきます。

スポンサードリンク

内見予約の際は現地集合がおすすめ

私の経験上、内見したいのであれば確実に現地集合にした方が良いと思います。

物件には「駅から徒歩○○分」という表記がありますが、実際に歩いてみると少し違う場合もあるので、現地集合なら事前に確認することができます。

また、余計な時間がかからないというのが最大の利点。

不動産に一度行ってしまうとかなり時間を取られます。問い合わせた物件を見たいだけなのに他の物件情報を見させられたり、希望の条件について用紙に記入したりで1~2時間拘束されることもありますからね。

店舗に一度行って、そこから現地まで車で送ってくれるというのは一見すると聞こえが良いように思えますが、おとり物件の可能性が高くなります。

本当はすでに成約済みなのに、問い合わせ段階では取りあえず「空き室です」と言って店舗まで足を運ばせることで「今日ちょうど成約してしまいました。代わりに条件に近い物件をご紹介します」と他の物件を紹介してくる可能性があります。

現地集合ならおとり物件に引っ掛からずに済みますし、時間効率も良いので問い合わせた時点で「現地集合でもいいですか?」と聞いてみましょう。

「一度店舗に~」と言われたらその時点で拒否しても良いレベルです。

ちなみに私は色んな不動産を利用しましたが現地集合が可能な不動産と基本NGの不動産があることがわかりました。

【現地集合可能な不動産】

  • ピタットハウス
  • ミニミニ(仲介手数料半額)

【現地集合不可能な不動産】

  • アパマンショップ
  • エイブル

ピタットハウスは給料がインセンティブではないため強引に契約させようとしないのでおすすめ。ミニミニは仲介手数料半額が魅力的です。

一方営業色が強いと言われているアパマンショップやエイブルは頑なに店舗に来させようとしてきます。

おとり物件が少ないサイト4選!

基本は「不動産に来て」と言われる

内見の予約を行った段階で、メールが来ると思いますが、たいていは「不動産でお待ちしております」といったような文面が届きます。

エイブル

営業色の強い不動産、具体的には”給料にインセンティブがある”会社ほど一度不動産に来て欲しがります。

理由は2つ。

1つは「その物件がダメでも他の物件を紹介する流れを作るため」です。簡単に言えば他の会社で契約して欲しくないからしつこく物件を紹介しようとしています。

また、問い合せの時点で空き室だった物件が当日になり埋まってしまうことがあります。この場合、集合場所が不動産なら「実はちょうど埋まってしまったんですよね~、でも他の物件紹介できますよ」という流れで囲い込みを図ろうとする目的のため。

私も今までに何度かこういったおとり物件まがいな対応をされた経験があります。

当日になって埋まってしまったのならその時点で連絡するのが普通ですが、他の会社で契約させたくないのであえて連絡せずに、不動産に来てから説明するという卑怯な手口をする会社がかなり多いです。

内見時の集合場所は選ぶことが可能

どこで待ち合わせるのかこちらが何も言わなければ不動産になりますが、実はこちらで指定することも可能です。

私の経験上、集合場所は3つあります。

  1. 不動産で待ち合わせ
  2. 物件の最寄り駅で待ち合わせ
  3. 物件の前に集合

不動産、もしくは最寄りの駅で待ち合わせた場合は営業マンが車で現地まで送ってくれます。現地まで行くのが面倒だったり、場所がよくわからないという人は最寄り駅で待ち合わせるのが良いと思います。

駅から物件が近い場合は物件の前を待ち合わせ場所にしても良いです。この方がすぐに内見できますし、余計な会話を挟まなくて良いので気が楽かもしれません。

スポンサードリンク

内見した後の流れについて

内見が終わった後は営業色の強い不動産だと「取りあえず一度不動産に戻りましょう」となります。物件が気に入らなかった時に他の物件を紹介するためです。

ただ、不動産で調べてもらってもたいした物件は見つかりませんし、時間がかかる割に希望の物件を提示してこない傾向があるので本当にあてになりません。

なので内見が終わったら「ありがとうございました。この後予定があるので失礼します」ときっぱり断りましょう。

何かしら理由をつけて不動産に誘導してきようとしても「時間がないので」と言って断ってください。時間の無駄なので。

まとめ

【ポイント】

  1. 内見予約した際は必ず「現地集合」にする
  2. 内見して良いと思わなかったらその場で帰る
  3. 不動産店舗にはいかないようにする(時間の無駄)

物件というのは基本どの不動産でも取り扱っているものはおなじです。「レインズ」という不動産会社しか見れないサイトがあり、それを参考に調べているだけなので何店舗も回る必要はありません。

問い合わせをすると取扱不動産が毎回異なるのでかなり面倒なので、だったらイエプラやなどのサイトを使った方が手間が省けて良いと思います。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

イエプラはチャットで条件を伝えると新着物件を紹介してくれるというサービスですが、毎回別々の不動産に問い合わせたりする手間がなく、不動産に行かなくても新着物件を紹介してくれるので便利です。

自力で探したいならスーモホームズあたりがおすすめ。内見したい物件が複数ある場合はどこか一店舗の不動産に絞り、まとめて「この物件も見れませんか?」と聞くとたいてい見れるので手間が省けます。

部屋探しは非常に疲れるので効率的に行うことをおすすめします。

内見に関するページ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す