ネットに載らない掘り出し賃貸物件の見つけ方や探せるサイト

僕は引っ越しをする前にしっかりと時間を取り、住みたい場所の家賃相場を調べ、リサーチ、その後物件を漁りまくるという感じの超慎重型ですが、やっぱり頻繁に調べていても掘り出し物件って見つかりにくいものです。

かなり好条件の物件情報が出回ることは非常に少ないですが、調べれば調べるだけ掘り出し物件とめぐり合える確率が高まるのも事実です。

そこで今回は「掘り出し物件ってどうやって見つけるの?」という方のために、ネットに載らないような掘り出し物件を見つけ方や探し方のコツについて紹介していきます。

掘り出し物件を探せるサイトもまとめてみました!

掘り出し物件を見つけることは可能

掘り出し物件というのは通常のルートで手に入らない「限定物件」と、相場に比べて格安な「お得物件」があります。

限定物件は普通にスーモやホームズ等の大手サイトで部屋探しをしても見つかることはありませんし、お得物件は特にデメリットもないので人気が高く、市場に出回った時点ですぐに成約してしまうので探すのはかなり難しいです。

ただし探しても全く掘り出し物件が見つからないということもありません。

まずは掘り出し物件がなぜ存在するのかについていくつか理由をまとめてみました。

物件データをまだ登録していない物件

賃貸情報というのは基本的に不動産会社の情報ネットワークである「レインズ」というものに登録されます。

レインズから登録された情報は大手サイトであるスーモやホームズをはじめとして、アパマンショップ、エイブル、ピタットハウスなど不動産業者であれば誰でも閲覧可能になるわけです。

逆に言えばこのレインズ等のネットワークに登録されていない物件情報というのは知ることができる人自体が限定的になるので掘り出し物件になり得るということ。

例えば退去予定の物件情報は登録しなければ市場に出回りません。

公開範囲が限定されている物件

家賃も比較的安くて好条件の物件というのは誰に対しても人気があるので、募集をかければすぐに埋まってしまいます。

つまり、広い範囲で広告を打たなくても入居者はすぐに見つかるので費用対効果を考えると余計な広告費を使ってまで募集をかけていないということです。

それ以外にも「この物件は○○不動産で紹介してもらいたい」といった個人のオーナーとのやり取りによって物件を独占していることもあります。

建築が始まっていない未公開物件

新築物件はある程度の建築・建設が進んで完成予定日が決められた後に広告をかけて入居者を募集していますが、これは法令によって「建築確認の許可」が下りなければ広告を打てないことが原因です。

例えるならいつ完成するかも全く未定な物件なのに入居者を募集するのは信用問題になってしまうのでダメというわけです。

建築が始まって、家賃設定とかの情報もあるけどまだ公開されていないような物件は当然市場には出回りません。

掘り出し物件の具体的な見つけ方

ここからは実際に利用者が掘り出し物件やお得物件を見つけるための方法について紹介していきます。

実店舗で最新物件を紹介してもらう

物件情報をまとめているサイトはいくつもありますが、ネットで簡単に調べられるのであれば苦労はありません。

いかに、先を越されないように物件を探すかというのが大事。

最も手っ取り早いのはネットに頼らずにお店に直接出向くことでしょう。

不動産屋は必ずしも全ての物件を掲載しているとは限りません。

例えばわざと非公開にしている物件や、これから情報を載せようと思っている物件だって存在します。

物件の情報がサイトに載るまでにはタイムラグがあるので、良い物件を探そうと思ったらフライングする必要があります。

僕は特に引っ越す予定がなくても、物件見たさに不動産屋に行くことがありますが、全く掲載されていない物件を紹介されることも結構あります。

面倒くさいですが不動産屋に行くのが案外一番労力がかからないかもしれません。

営業マンと仲良くなって直接紹介してもらう

不動産の営業マンというのは利益に繋がりやすい物件ばかりを紹介する傾向にあります。

条件に近い物件の中から自社の利益に繋がりそうなものを優先的に選んでいるので、条件に合わない物件まで紹介されることも。

ただ、営業マンとある程度仲が良くなると利益に関係なくまだ掲載されていないような未公開物件や現時点では紹介できないけどかなりお得な物件まで紹介してくれる可能性が高くなります。

仲良くなる方法としては誰かからの紹介というのが一番良いですが、それが出来ない場合は一度利用した不動産を再度利用したり、内見時にプライベートな話題を持ち掛けるというのも手です。

専用の不動産情報サイトを使う

スーモやホームズで掘り出し物件を見つけることができないのは物件情報が古いのと誰でも閲覧できてしまうようなサイトだからです。

部屋探しと聞くと誰しもが利用するサイトに掲載されている物件はライバルも多く、例え優良物件が掲載されていたとしても即成約してしまいます。

つまりライバルが少なくて新着物件がすぐに見られるようなサイトの利用がおすすめです。

ちなみにスーモやホームズと大手サイトのat homeではシステムが根本的に違うので、検索にヒットする物件にも違いが出ています。

マイナーな不動産サイトを覗いてみると意外な優良物件が見つかる可能性があります。

自力で掘り出し物件を探す時のコツ

さすがに店舗に行くのは面倒と感じている方や、時間が取れないという方は自力で探すしかありませんが、方法は2つあります。

条件検索を変えてみる

あなたは物件を検索するとき、どんな条件で検索していますか?

多くの人は「駅から徒歩10分以内」とか「築○○年以内」などで絞り込みをかけているようですが、このように検索をかけてしまうと当然家賃が高めの物件しか出てきません。

もちろん駅から近い方がいいのは当たり前ですし、綺麗な部屋に住みたいのは誰しも同じなので外せない条件でありますね。

しかし、もし掘り出し物件を探すのであればこのような条件検索はベストだとは言い難いです。

人気物件=家賃が高い

みんな徒歩10分以内築○○年で調べる=掘り出し物件は見つからない

スーモにこんな記述を発見しました。

最寄駅からの距離は徒歩11分以上になると安くなり始める傾向があるようだ。物件と徒歩15分超の物件とでは、「5分以下」と「16~20分」では約1.7万円もの開きがある。築年数や設備など、部屋のレベルを下げることなく家賃を安くするにはいい手かも。

参照元:スーモ

 

例えば「徒歩10分」の物件と「徒歩11分」の同じような物件があるとします。

一見ほとんど違いはありませんが、徒歩11分以降になると途端に家賃価格は下がります。

条件検索で徒歩10分と検索してしまうと11分以降の条件が良い家賃が安い物件は出てきません。

ちなみに徒歩1分=80mです。

実際、駅から徒歩10分って思ったより遠いので駅まで自転車を使うことが多いですが、だったら11分の物件でもあまり変わりません。

リノベーション済みの築年数が古い物件に絞る

築年数が古い物件は避けられる傾向がありますが、古い建物というのは内装がリフォーム・リノベーションされていることが多いので、中途半端に古い物件を選ぶぐらいなら内装が綺麗で家賃の安いリノベーション物件を探してみましょう。

実際に調べてみたら築35年なのに内装は新築同然の物件を見つけることが出来ました。

同じエリア内でも、築11年を超えたあたりから家賃はグッと安くなる。築年数が古い物件を敬遠する人もいるが、最近はリフォームやリノベーションが施された物件も多く「築年数が古い=ボロい」とは限らない。

参照元:スーモ

築年数が古ければ古いほど家賃というのは安くなっていきますが、内装まで古いと入居者が全く集まらなくなったので一定程度経つと内装を改築することが多いです。

見た目の古さなんて住んでいる上では関係ないので、ある意味築年数の古い物件は掘り出し物件です。

掘り出し物件が見つけられるサイト

ここからは実際に限定物件はお得物件等の掘り出し物件を探す際におすすめのサイトをいくつか紹介していきます。

使おうと思えば誰でも使えるサイトだけどメジャーではないので利用者が少ないので狙い目。

掘り出し物件.com

掘り出し物件.comの公式ページへ

運営会社株式会社エイムプレイス
対応エリア関東・関西・東海
店舗数複数
物件数約500万件以上
特徴自宅にいながら部屋探しができる
地域密着型の不動産情報を一括で手に入れられる
掘り出し物件に巡り合える可能性がある
成約すると5,000円もらえる

掘り出し物件ドットコムは、住みたい街の物件情報を一括問い合わせできるサービスです。

通常は条件に合う物件の中から自分で選ぶような部屋探し方法が一般的ですが、掘り出し物件ドットコムでは条件を問い合わせページで入力すると地域密着型の不動産が条件に合う物件を提示してくれるというものです。

地域密着型は限定物件を持ち合わせているので「掘り出し物件に巡り合えるかもしれない」というのがこのサイトのアピールポイントです。

掘り出し物件.comで物件情報を提案してくれるのは、地域密着型の不動産会社ばかり。地域密着型の不動産会社の場合、大家さんから直接管理を任せられている「自社管理物件」を紹介してもらえる可能性が高く、相場よりも家賃が安い、値引き交渉の余地があるといったお得な物件情報を入手することができるのです。

参照:http://www.horidashi-bukken.com/about/

ただ、問い合わせから待ち時間が発生してしまう点や必ずしも掘り出し物件とは限らない、相場より安いかどうか判断するのは自分という問題点はあります。

イエッティ(ietty)

イエッティの公式ページへ

運営会社株式会社ietty
対応エリア東京近郊・神奈川
店舗数1店舗
物件数約500万件以上
特徴自宅にいながら部屋探しができる
チャットでやり取りが可能
相場より家賃の安い物件を教えてくれる
仲介手手数料が半額

イエッティはアプリを使って専門スタッフに部屋を探してもらうスタイルのサイトです。

通常は自分で条件を設定して1つ1つ精査していきますが、イエッティの場合はチャット欄が設けてあり、条件を伝えるとスタッフやAIが条件に当てはまる新着物件の情報を教えてくれます。

家にいながら最新物件情報を見ることができるというのも利点ですが、イエッティには”相場よりも家賃が安い物件”をメールで教えてくれるサービスがあり、これにより掘り出し物件を見つけることが可能。

相場より安いか高いかって自分の肌感でしかわからないのが、AIにより相場から安いものを精査してくれるのがかなり優良な点です。

対応エリアが限られているので誰でも使えるってわけじゃないですが、東京近郊に引っ越し予定の人には間違いなくおすすめのアプリ。

ちなみにイエッティは仲介手数料が半額なので初期費用も安いです。

イエッティを利用して内見から契約までしてきた感想まとめ

イエプラ

イエプラの公式ページへ

運営会社株式会社エヌリンクス
対応エリア関東・関西
店舗数2店舗
物件数約500万件以上
特徴自宅にいながら部屋探しができる
チャットでやり取りが可能
新着物件を手に入れられる
細かい条件を伝えられる

イエプラはイエッティと同じく部屋を探してもらうタイプのサイトです。

通常の不動産サイトとは違い、基本的に自分で部屋を探すことはできませんが「atbbが見たい」と伝えることで実は不動産業者しか見ることのできないサイトを見ることができます。

atbbというのはレインズのような不動産業者専用の物件データベースです。

ATBB

こんな感じで一言伝えるだけ。チャットでの会話の流れをぶった切っても構いません。

登録したアドレスにメールが届きます。なぜチャット上じゃないのかは不明です。

自分でIDとパスワードを作成すると下準備は完了。

イエプラATBB

もともと業者専用のサイトということもあり、見やすさは二の次と言われていますが、シンプルで個人的にはかなり見やすくて好きです。

ホームズやスーモなどのサイトではまだ掲載されていない物件、掲載されない物件もすべて見ることができます。

まさにネットに掲載されていない物件を探すのにもってこいのサイトです。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた

スポンサードリンク

まとめ

MEMO
  • 掘り出し物件は確かに存在する
  • ネットに掲載されていない物件は実店舗で紹介してもらう
  • 地域密着型の不動産しか扱っていない物件もある
  • 検索条件を少し変えるだけでライバルの少ないお得物件を見つけられる
  • マイナーなサイトを利用するだけで家にいながら相場より安い物件を見つけられる

必ずしもネットに掲載されていない物件がお得とは限りませんが、掘り出し物件は存在します。

相場よりも好条件で安い物件というのは普通の探し方では見つけられないので、他の人があまりやらない手法や使っていないようなサイト、検索の仕方を工夫するだけでもお得な物件に巡り合える可能性は高いです。

どうしても見つからない場合は引っ越しの時期を変えるだけも全く違う物件を探すことができるので引っ越し時期にも注目しておきましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

おとり物件が少ないサイト11選!不動産に行くのは間違いだった? 賃貸不動産仲介業者おすすめランキング!一人暮らしの部屋探しならココ!賃貸不動産仲介業者おすすめランキング!一人暮らしの部屋探しならココ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です