同じ物件を複数の違う不動産業者が掲載している理由と仲介業者の選び方


ヒトグラ

不動産情報サイトなどで部屋探しをしたことがある方ならわかると思いますが、複数の不動産業者がなぜか同じ部屋を掲載していることがあります。

「お!この物件良さそうだな」と思っても「また同じ物件やないかい」となったことがある人は多いはず。

物件を自分で探すとこういう掲載の仕方はかなり邪魔だと思いますが、仮に良さそうな物件を見つけ、その物件を紹介している不動産業者が複数ある場合、どこを利用すべきか悩まされます。

今回はそんな悩みを解消するために、なぜこのように掲載しているのか、そしてどの業者を選べば良いのかについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

複数の不動産業者が掲載している理由

借り手的には一つの部屋、ないしは一つの物件に対して一つの仲介業者が押さえていると思いがちですが、この認識がそもそも間違っています。

大家はいかに空き部屋を早く埋めるかで家賃収入が大きく変わりますので、なるべく多くの仲介業者に物件の情報を掲載してほしいと考えています。

【物件掲載までの仕組み】

同じ物件が複数の不動産に掲載

不動産業界には【レインズ】や【atbb】といった不動産業者しか見れない専用の共有サイトがあり、そこから物件情報を引っ張ってきて掲載しています。

■レインズ

レインズは国土交通省が企画した1990年に不動産情報の共有を目的として作られたネットワークシステムです。

公益財団法人東日本不動産流通機構が運営している不動産業者専用サイトの1つで、全国の不動産はこのレインズに登録しています。

大規模な物件情報サイトなのでたいていの不動産業者はここから物件を探したり、引っ張ってきて掲載しています。

■atbb

atbbはアットホームが運営している不動産情報共有サイトです。これもレインズと同じように登録した不動産業者しか見れない専用サイトです。

レインズよりも新しいですが、見た目がかなりわかりやすく視覚的に物件情報を探すことができるので、最近の不動産はこちらにも登録しているケースが多いですね。

 

このように不動産会社は共有の物件共有サイトを通して物件を掲載することになるので、同じ物件なのに複数の不動産会社が紹介するというケースが発生します。

また、大家が複数の不動産に依頼するというケースもあり、その場合も複数の不動産が同じ物件を取り扱うことになりますが、部屋を探している私たちから見ればどちらも同じことです。

例え取り扱い不動産として明記されていなくても基本的にどの不動産でも同じ物件を紹介可能です。

内見だけして別の不動産で契約するのもあり

内見する際には付き添いとしてかなり担当の営業マンがつくことになりますが、内見だけして別の不動産で契約するというのも問題なくできます。

まぁ2度手間になってしまうので、最初から1つの不動産に絞ってしまった方がスムーズですが「こっちの方がサービスが良い」とか「A不動産よりB不動産の方が仲介手数料が安い」みたいなこともあるので、契約する不動産は選ぶべきです。

内見後にこういったサービスや初期費用の安さに気付いて違う会社で契約することも割とよくあることです。

確かにちょっと不動産側には悪いかもしれませんが、結局はサービスがちゃんとしていない不動産側にも責任がありますからね。

部屋探しをする時はスーモやホームズでの検索が無難

スーモホーム

結局のところどの不動産でも同じ物件を紹介してもらえるので、ネットで部屋探しをする時は”取り扱い物件数”重視で探すのが効率的です。

エイブルだったりミニミニなど仲介業者は自社で管理している物件しか掲載していないため、物件数が少なくて条件に合う物件が探しにくいです。

スーモやホームズというのは不動産情報サイトで、例えるならレインズやatbbの一般向けのサイトなので取り扱い物件数が非常に多いのが特徴。

基本的に使いやすい方ならどちらでもいいですが、内見したい物件が複数見つかった時は複数の不動産に問い合わせる必要はありません。

1つの仲介業者に絞って、そこでまとめて「あとA物件とB物件も紹介できますか?」と問い合わせることでたらい回しになることもなく、効率的です。

仲介業者は仲介手数料の安さで選ぶべし

同じ家賃、同じ敷金・礼金だと非常に迷う、もしくはどれでも良いと思いがちですが仲介業者によってサービスが異なるので安易に決めるのはおすすめしません。

ちなみにスーモやホームズは不動産情報サイト(物件情報をまとめているだけのサイト)なので、大元が必ずあります。

例えば、一見スーモが押さえているように見えても、実は大元はエイブルだったり、なんてことも。

この辺は「おすすめ不動産目次ページ」でカテゴリー分けをしてあるので見て頂けると一目瞭然かと思います。

つまり、肝心なのは不動産情報サイトではなく、不動産仲介業者の選び方ということです。

仲介業者 仲介手数料
アパマンショップ 賃料1か月
エイブル 賃料の半額
いい部屋ネット(大東建託) 賃料1か月
ミニミニ 賃料の半額
ピタットハウス 賃料1か月
ハウスコム 賃料1か月

各不動産仲介業者が管理している物件に対する仲介手数料をまとめてみました。

もちろん物件によってはキャンペーンをやっていたり、仲介手数料が安くなることもあるので、あくまで”基本”の手数料です。

初期費用の安さで選ぶならミニミニエイブルが個人的にはおすすめです。

ミニミニとエイブルや仲介手数料が半額なので、単純に初期費用を他の不動産よりも抑えることができます。

サービスを重視するのであればダントツでいい部屋ネットでしょう。

リバップ会員というシステムはかなり便利です。

部屋探しをしていて個人的に1番しつこくなくて親切だったのはピタットハウスです。他の不動産に比べて女性社員も多く、給料がインセンティブではなく固定なので契約させようとしつこくされなくて済む珍しい会社です。

スポンサードリンク

色んな業者を回ってから決めるのもあり

サービスの違いや特徴は当サイトでも述べていますが、それでも良く分からないという場合はいろんな業者を巡って、サービス内容なんかも確認した後で決めるというのもありです。

最初に問い合わせた仲介業者で契約しなければならない、ということはないですので、面倒でなければ自分なりに比較してみるのも良いかと思います。

初期費用だけでなく、退去の時に費用に関しても定額サービスを提供しているところもあれば、そうでないところもあります。

何度も言うようですが、良く分からなければ「仲介手数料が安い業者」を選ぶのが吉です。

業者専用サイトを見ることができるサービス

先ほど紹介したatbbというサイトは基本的に不動産業者しか見れないサイトですが、これを一般人でも見る方法があります。

それがイエプラというサービス。

イエプラATBBホーム

イエプラはチャットで部屋探しをするサイトで、その中で「atbbが見たい」と伝えると専用のパスコードを送ってくれます。

イエプラATBB

もちろん利用はすべて無料です。

atbbはまだ世間に出回る前の物件を見ることができるので、誰よりも早く新着物件を見たい人にとってはかなりおすすめです。

いわゆる掘り出し物件も探すことができます。

イエプラのホームページへ

ちなみに物件の敷金は退去費に当たるため無駄にはなりませんが仲介手数料と礼金ははっきりいってムダ金なので0円の方がいいです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

部屋探しに役立つ記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す