年収400万円の人が一人暮らしするための適正家賃はいくらか計算してみた


年収400万円

収入が多ければその分良い部屋を借りることができますが、収入が多くないのに家賃の高い部屋を借りても生活が苦しくなってしまうだけです。

部屋探しをする際は自分の収入から適正家賃考えて無理のない部屋を借りましょう。

前回は「年収300万円の人の適正家賃」についてご紹介したので今回は年収400万円の人の適正家賃について分析していきます。

スポンサードリンク

年収400万円の審査基準は家賃11万円前後

入居審査は年収はもちろん勤続年数や職業なんかも関係ありますし、管理会社によって審査基準が異なるのであくまで目安ですが、年収400万円の場合はだいたい11万円~12万円ほどの家賃なら通るでしょう。

審査基準の目安としては年収のボーナス込み)の3分の1ほどといわれています。
【審査が通る収入の目安】

家賃 適正収入(月収) 適正収入(年収)
6万円 18万円 216万円
7万円 21万円 252万円
8万円 24万円 288万円
9万円 27万円 252万円
10万円 30万円 360万円
11万円 33万円 396万円

例えば年収400万円で言えば月収はボーナス込みで33万円ほど。その3分の1なので11万円となります。

職業や管理会社によってはこれを越えても審査が通ることもありますし、その逆もあります。

あくまで目安ですが年収400万円の人の審査は11万円までが妥当ということです。

もちろん、人気のない物件だったりちょっと審査が緩めだったり、保証人を立てたりすれば家賃12万円や13万円でも通る可能性もありますし、逆に人気物件だと11万円でも落ちる可能性はあるので目安程度に考えておきましょう。

適正家賃は7.0万円~9.2万円ほど

適正家賃は月々手取り収入の3分の1程度と言われています。人によっては貯金をするために4分の1に抑える人もいます。

適正家賃は月収の”手取り額”から計算すべきです。ちなみに年収400万円の手取り額は年330万円ほど。

手取り収入の3分の1に当てはめると適正家賃は約9.2万円です。

ボーナスを別で考えると330万円-ボーナス80万円÷12÷3=適正家賃は約7万円ほど。

この額を元に月々どのぐらい生活費がかかるのか総務省統計局のデータを参考にして計算してみました。

【月額生活費】

項目 金額(月あたり)
家賃 92,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約192,000円

適正家賃に当てはめると月々約20万円ほどの出費です。これはボーナスを込みで考えたときの金額になるので「ボーナスはまるまる貯金したい」と考える人も多いのでボーナスを年40万×2で計算しなおしてみます。

【ボーナスを貯金する人】

項目 金額(月あたり)
家賃 70,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約170,000円

ボーナスは臨時的に入る収入なので適正家賃としてはこっちの方が正しいと思います。

家賃7万円でも生活費を合わせると約17万円ほどかかってしまいます。都内に部屋を借りようと思ってもこの額だと駅から遠くて小さな部屋しか借りられません。

ただ、この計算でいくとボーナス分+月約5万円も貯金できてしまう計算なので、実際にはもう少し家賃を引き上げても問題なさそうです。

年間100万円貯金するための適正家賃は8.7万円

年間100万円を貯金するとなると相当家賃を抑える必要はありますが、不可能ではありません。

年収400万円の手取りボーナス年収は約300万円。貯金100万円を前提とすると年間200万円でやりくりしていくことができれば可能です。

生活費だけでも最低月10万円が必要となるため年間では120万円かかります。残りが家賃に充てられる金額です。これを元にするとこんな感じ。

項目 金額(月あたり)
家賃 約67,000円
光熱費 約10,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約167,000円

思った以上に家賃は高くても大丈夫そうですね。ボーナスをすべて貯金できれば年間100万円はあっさり貯金できそうな金額です。

交際費や食費は人によってかなり変動すると思いますが、単純に計算すると家賃8.7万円に抑えることで年間あたり100万円貯金できる計算になります。

もちろん、実際にはこれらの費用以外に趣味だったり、急な飲み会、デート等でお金を使うので上手く貯金できるとは限りませんが年間100万円を貯金していきたい人は参考にしてみてください。

世間的には”手取り月収の3分の1が適正家賃”って言われていますけど、こうして計算してみると意外と充てになりませんね。

ちなみに世間的な平均の生活費は家賃抜きで10万円ぐらいかかりますが、私は外食が少ないので月8万円ほどの出費で済んでいます。

自炊する人や遊びに行くことが少ない人は家賃9万円以上で100万円貯金可能です。

スポンサードリンク

引っ越す際に必要な貯金額は60万円程度

引っ越しするときにかかる費用は意外と大きいので家賃ばかりに目がいかないように注意してください。

  1. 引っ越し業者費用
  2. 入居時にかかる初期費用

近距離の引っ越しなら自力で運んだり、赤帽に頼めばかなり安く済みますがある程度の距離だと時間もかかるので普通の業者に頼む必要が出てきます。

一人暮らしの引っ越し費用相場は約3万~5万で繁忙期かどうかによって値段も変わります。

初期費用は家賃の最大6か月分かかりますが、実際には4~5か月分ぐらいの物件が多いです。家賃7万でも30万~35万円ほどかかってしまいます。

家賃 初期費用目安
80,000円 32~40万円
90,000円 36~45万円
100,000円 40~50万円
110,000円 44~55万円

あくまで目安なのでこれより格段に安かったり高かったりする場合もあります。

私の場合家賃8万円の物件を借りて初期費用を20万円で抑えられたこともあります。この辺は敷金や礼金ありなしがでかいです。

初期費用の内訳についてもまとめているので参考にしてみてください。

初期費用を抑える方法はいろいろとあります。

【例】

  1. 敷金・礼金0か月物件を探す
  2. 仲介手数料が安い物件を探す
  3. 家賃が安い物件にする
  4. フリーレント物件を選ぶ

例えば敷金1か月というのは「家賃1か月分」ということなので家賃5万・共益費2万とかの物件だと家賃5万×1か月分という計算になるのでお得になります。まぁこんな共益費だけ高い物件はほぼありませんが。

フリーレント物件というのは入居して最初の数か月家賃が無料になる物件のことですが、初期費用自体は変わらず入居後に安くなるパターンもあります。

ただどちらにしても家賃が浮くのはでかいので見つけたら検討してみてください。

仲介手数料は最大で1か月かかりますが例えばエイブルなら0.5か月、レオパレスは無料など仲介業者や物件によって異なります。

仲介手数料はムダ金なので安い業者を選んだほうがお得です。

仲介手数料が安い不動産まとめ

効率的に部屋探しを行うには

部屋探しの方法は大きくわけて2つ。ネットで自力で探すか最初から不動産店舗に行って探してもらうかです。

ネットで自力で探す場合はスーモホームズなどの有名どころがやはり無難。不動産に行って探してもらうとやたら時間がかかるうえに契約させようとしつこいので個人的にはあまりおすすめしません。

ネットで探す場合はすでに成約済み物件も掲載されていることも多いので必ず「掲載日」を確認してください。私はこれで痛い目を見ました。

あとは部屋を探しもらうサイトもおすすめです。一時的話題になったイエプラというサイトは条件を打ち込むと専門スタッフが半自動的に物件をいくつも紹介してくれるものですが、チャットでやり取りできるので細かい条件を伝えられます。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラ公式ページへ

システムでの条件マッチではなく中の人がいるので新着物件を見られるという点もメリット。

家にいながら不動産に行ったときと同じ情報を得られます。こういった無料で使えるサービスは積極的に利用してください。

少しでも参考になれば幸いです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す