学生ウォーカーの特徴や口コミ・評判!家賃が安い部屋ばかりな理由とは?


学生ウォーカー

学生ウォーカーと言えば学生のために作られた、首都圏の大学・専門学校近くの物件が掲載されている部屋探しサイトです。

物件はすべて学生が通学しやすい部屋のみを扱っていて、コラム記事も学生目線でかなり面白いですが信用できるかどうか、部屋が探しやすいかどうかはまた別の話です。

ということで今回は学生ウォーカーの特徴や利用するメリット、デメリットやネットの口コミをまとめてみましたので、これから使ってみようという方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

学生ウォーカーをざっくりと説明

学生ウォーカー

学生ウォーカーの公式ページへ

学生ウォーカーは首都圏にある大学や専門学校近くの物件のみを探せるサイトです。

学生ウォーカーの専門店舗はありませんが、アイワホームが管理しているので店舗で手っ取り早く探したい人は渋谷店・新宿店・池袋東口店に行ってみましょう。

他のサイトとは大きく異なり、学生に特化しているので学割や学生が興味を持つであろうコラム記事も多く掲載されています。

ただ、学生ウォーカーに掲載されている物件は学生マンションではないので注意してください。

学生マンションを探したい場合は他のサイトを利用した方が早いです。

ネットの口コミや評判を集めてみた

調べてみると掲載されている物件の家賃が安いと好評なようです。高いといった意見はほとんどないので、まさに学生目線で提供されているサイトということがわかります。

学生ウォーカーを利用するメリット

  1. 首都圏の大学・専門学校をほぼ網羅している
  2. 学生のためのコラム記事が多く、ためになる情報が多い
  3. 学校からどのぐらいの距離かわかりやすい
  4. お得な物件がわかりやすく表示されている
  5. 学割などの割引制度があるので少しお得に部屋を借りやすい

首都圏の大学・専門学校をほぼ網羅している

不動産サイトの中には大学近くの物件を探せるシステムを採用しているところはいくつかありますが、学生ウォーカーは首都圏にあるほぼすべての大学・専門学校を網羅しています。

これだけ網羅性が高い学生に特化したサイトは今のところ学生ウォーカーだけです。

これから首都圏の学校に通う予定の人にとってかなり使い勝手の良いサイト。

学生のためのコラム記事が多く、ためになる情報が多い

こういったコラム記事掲載はどの不動産サイトにもありますが、学生ならではの記事が多く、思わず興味を惹かれるような内容も多いです。

学生ウォーカー家賃

例えば「首都圏に住む学生の平均的な家賃」を参考にして家賃の条件を決めることができますし、「1日のスケジュール」を見てこれからどんな感じのサイクルで生活するのか想像ができます。

新生活ってわからないことも多く、不安に感じてしまうものですが、そういうことも解消してくれる記事が多いので学生にとってはかなり役立つ情報が多く掲載されている印象を受けました。

学校からどのぐらいの距離かわかりやすい

これも学生ウォーカーならではの特徴。普通は駅までの距離しかわかりませんが、学生ウォーカーに掲載されている物件は学校までどのぐらいかかるのか表示されています。

いちいち物件を見て計算するのも面倒なので、一目でわかるのはありがたいです。

お得な物件がわかりやすく表示されている

学生ウォーカーランキング

通う学校をクリックすると物件を探すページに飛びますが、お得な物件やおすすめの物件がランキング形式で表示されます。

それだけ競争率も高くなってしまうのですぐに埋まってしまう可能性は否めませんが、こういう見た目がわかりやすいのは部屋探ししている側にとって助かります。

それに、これを見て家賃相場もなんとなくわかるので、ランキングを基準にして物件探しをするってのも一つの手。

学割などの割引制度があるので少しお得に部屋を借りやすい

大山駅学生ウォーカー

全ての物件が対象というわけではありませんが、学生ウォーカーに掲載されている物件の中には「学割で家賃3,000円値引き」のような学割制度があります。

通常よりも安く部屋を借りられるので借り手にとってはかなりお得です。

学生ウォーカーを利用するデメリット

  1. ワンルームや1Kなど手狭な部屋しか取り扱っていない
  2. 物件数が少し少ない

ワンルームや1Kなど手狭な部屋しか取り扱っていない

基本的に学生が対象となるので狭めのワンルームや1Kの物件しか取り扱っていません。

学生ウォーカーの間取り

ちょっと広めのところに住みたい人にとっては理想の物件が探しづらいので学生ウォーカーはおすすめできません。

ざっくりとみてみたところ通常の物件より手狭な間取りが多いような気がします。設備は結構充実しているみたいですが、狭い部屋が嫌いって人はあんまり使えないかも。

物件数が少し少ない

スーモやホームズなどの大手不動産情報サイトと比べると取り扱っている物件が限定的すぎるため物件数が少ないです。

理想の物件を探すというより、とりあえず初めて一人暮らしするためのちょっと家賃が安い部屋を探すサイトというイメージ。

あんまり条件とかは付けられそうにありません。まぁ初めての一人暮らしなんてそんな条件とかイメージわかないのでこれはこれでアリなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

学生ウォーカーに掲載されている物件が安い理由とは?

学生ウォーカーに掲載されている物件はぶっちゃけ立地に比べて家賃の安い部屋がかなり多いです。

一人暮らしする人や親にとってはありがたい限りですが、家賃が安いと事故物件や危ない物件という嫌な想像をしてしまいますよね。

ただ、安くなっているのにはいくつかちゃんとした理由があります。

理由】

  • 学校近くの物件だと相場より安くなるから
  • 定期借家の混じっているから
  • 学割制度があるから

そもそも大学や専門学校近くの物件というのは立地がどうあれ、かなり安くなる傾向があります。例えば大学なら4年間通うことになるため、大家側としては4年間は住んでもらえるという保証があるため、少し安くして貸し出しても元は取れるわけです。

また、物件の中には「定期借家」というものがあります。一般的な賃貸物件とは異なり、いつまで住めるという制限がデメリットですが、そのおかげでかなり家賃が安くなります。

学生ウォーカーには学割で安くなっている物件も多いので、結果的に普通に探すよりも安い、もしくは安く感じるというのが真相です。

まとめ

【向いている人】

  • 首都圏に進学する学生
  • 条件はなく、とりあえず安く一人暮らしできる物件を探したい人
  • 地方から一人暮らしする人
  • 家賃の安さ第一な人

【向いていない人】

  • 学生以外
  • 狭い部屋には住みたくない人
  • 学校から近いところに住みたくない人

まさに首都圏に住む学生をターゲットにしているサイトですね。相場に比べて家賃の安い物件が多く、手狭でも最低限の設備が整えられている物件が満載なので首都圏に住む人なら一度は学生ウォーカーで探す価値ありです。

また、親に金銭的な理由で反対されている場合は、ここで比較的家賃の安い物件を見つけて交渉する材料にもなりそうです。学割ってのもでかい。

全体的にあまり悪い評判もないですし、首都圏に住む学生だったら一度は利用すべきサイトというレベルでクオリティも高くおすすめ。

少しでも参考になれば幸いです。

■その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す