学生会館ドーミーの口コミや評判!食事は美味しいけど家賃は高い?

学生が実家から一人暮らしをする際に選ぶ選択肢として学生マンション、学生寮、通常の賃貸物件、学生会館がありますが、正直どれを選べばいいのかわからないし、どう違うのかもわかりにくいと思います。

今回はそんな中で学生会館ドーミーという全国的に有名な物件の口コミや評判について借りるメリットとデメリットをまとめてみました!

学生会館とは?

学生会館というのは学生専門の建物のことですが、学生マンションと違うところは共用スペース(キッチンや風呂場、洗濯機等)が設けてある施設のことです。

簡単に他の物件の特徴について解説します。

◆学生マンション

学生マンションは1つの棟が学生専門となっているだけで基本的なシステムは通常の賃貸物件とは変わりません。部屋の1つ1つが孤立していて共用スペースがないことも多いですが、棟ごと管理できるので学校と提携して学生専門として貸し出しているというわけです。

◆学生寮

学生寮は学校が建設、運営している建物で学生会館と非常によく似ていますが、学校が運営していることもあって賃料がとても安いのが特徴です。

また、1人1人の部屋があるとは限らず、相部屋という形をとっている学生寮も多いのでプライベートな時間が少ないというデメリットがあります。

ただ、学生寮は学校の敷地内や近くなので通学が非常にラク。

◆学生会館

学生寮との違いは学校が運営しているわけではなく、通常の企業が貸し出している建物なので賃料は賃貸物件とほとんど変わりません。

家具家電付きや食事付きだと月額賃料はむしろ通常の賃貸より高くなっています。

ただ、しっかりとした個室が設けてあり、なおかつ食堂などの共用スペースも建物内に設けてあるので学生寮と学生マンションの間ぐらいの位置づけ。

学生会館ドーミーとは?

学生会館ドーミーは株式会社 共立メンテナンスが運営する学生向けの賃貸物件です。

全国約1,300校と提携をしていて日本全国の物件を探すことができる学生会館としては大手の会社です。

学生会館が主な物件ですが、それ以外にもシェアハウスや学生寮を同時に探すこともできます。

通常の部屋探しとは違い「食事付き」「共用スペース充実」「門限なし」などの絞り込み検索が可能なので、自分の生活に合っている物件を探すことができます。

学生会館ドーミーの口コミや評判

【良い口コミ】


【悪い口コミ】

一長一短と言った感じで、どちらかというと悪い口コミのほうがやや多い印象ですが、悪い部分のほうが広がりやすいのでメリットとデメリットは同じぐらい。

問題点としてよく挙げられていたのは「ネット回線の遅さ」や「門限制度」ですね。

ドーミーが全てルールを統一しているわけではなく、住む学生会館によって門限がなかったり、ネット回線自体もスムーズだったりすることもあるので難しい部分。

学生会館ドーミーのデメリット

ドーミー独自のデメリットというよりも学生会館そのものの問題点が主となっています。

食事付きだと食べなくても料金がかかる

食事料金
朝食385円
夕食715円
1ヶ月17,400円(土日は食事がない)
1年間206,500円

学生会館ドーミーは食事付きと食事なしを選ぶことができますが、食事付きの場合は1日あたり1,100円かかります。

栄養バランスも考えられているし、自分で料理しなくても食べられるのは良いですが朝食は結構早い時間帯なので講義の時間帯によっては起きてないことも考えられます。

夕食の時間帯は学生会館の中では結構長いほうですが、友達と遊びに行っていたりすれば取ることはできません。

例え食べなくてもこの料金は発生してしまいますし、半年払いや年払いにするとその分単価は安くなりますが、途中変更ができなくなります。

大学生は自由な時間も多いので人によって食事の取る時間はバラバラですし、時間が制限されていることで1日の計画を立てづらくなってしまうという難点もあります。

家賃が割高

学生の場合、親の負担を考えて家賃の安いアパートを選ぶことができますが、学生会館はマンションな上に人件費やセキュリティの高さから家賃が割高です。

埼玉県川越駅にある学生会館ドーミーの物件ホームズの家賃相場を比較してみました。

物件家賃
学生会館①5.51万円
学生会館②6.94万円~7.24万円
賃貸アパート4.31万円~6.04万円
賃貸マンション5.30万円~6.26万円

食事なしでも学生会館のほうが明らかに高いですが、これに食事付きを選ぶとさらに月々の賃料は高くなります。

学生寮であればかなり安いので学生会館にも安いイメージを持っている人は多いですが、実は普通に借りたほうが安く済むケースがほとんどです。

あえて学生会館に住む理由としてはやはりセキュリティの高さや子供の心配から来る面が大きいと思います。

インターネット回線が遅い

学生会館のインターネットは共有回線となっていて通常の賃貸物件とは違い1部屋1部屋が別回線ということはありません。

つまり、みんなが使用する時間帯は混みあってしまうのでネット回線は当然遅くなります。

普通に調べものをする程度なら問題ありませんが、動画を観ようと思っても重すぎて止まってしまったり、FPSゲームなんかだとラグがひどすぎて遊べない可能性もあります。

ネット環境は最低限しかないので、ゲーム好き、動画好きにはストレスを感じるかもしれません。

門限があるので夜通し遊べない

これは物件によりますが、学生会館によっては門限が設けられています。

セキュリティが高いので門限を超えると自分が持っている鍵でも開けることができなくなってしまうため、門限を過ぎる場合は事前に連絡する必要があります。

面倒臭いですし、基本的に門限はやむを得ない事情がない限り破ってはいけないものとなっているのでルールに縛られて生活することになります。

自由な時間を謳歌することが学生時代にしかできないことなのに門限のせいで生活に制限が加わるのはデメリットです。

普通の賃貸物件なら自分がどんな生活をしていても指摘されることはないですからね。

他所で泊まる場合は外泊届が必要

これも門限と同じようにドーミーには外泊する際に外泊届を事前に出さなければならないというルールが設けられています。

学生なら近くで一人暮らしをしている仲の良い友達は出来ると思いますが、学生会館ドーミーに住んでいる限り自由きままにふらっと泊まりにいくことはできません。

これも同じように制限された生活を強いられるという点でデメリットです。

自炊する機会が減る

学生会館では自室にキッチンを設けていないことも多く、料理をするためには共用スペースにあるキッチンを使う必要があります。

共用スペースは自分以外にも使う人がいるのでちょうど食事時に料理を作ろうと思ったら他の学生がキッチンを使っていて使えない、などの問題もあります。

そもそも食事付きになれば自分で自炊する機会はほとんどなくなってしまいますし、いつまで経っても料理を習得することができないのはスキルを覚える機会を失うのと同じです。

僕は一人暮らしするまで料理なんて全くできませんでしたが、一人暮らしをするようになってから自炊するようになり一通りの料理を覚えたので本当に良かったと思います。

それを考えると明らかなデメリットです。

友達が作れないと地獄

学生会館は同じ年齢、同じ学校の人と共同生活をすることになるため友達を作りやすい環境です。

ただ、コミュ力がなかったり、人と話すこと自体が苦手な人にとっては他人がいるだけでストレスを感じるでしょうし、仮にこんなに友達のつくりやすい環境で友達ができなかったら毎日が地獄です。


他の人は仲良く遊んでいるのに自分だけはぼっちで誰にも声をかけられない。

例えるなら学校で友達が作れないのと同じで、それが24時間続くと考えると嫌な気持ちになるのは当然です。

必ずしも友達ができるとは限らないのが難しいところ。



学生会館ドーミーのメリット

栄養バランスの整った食事を取れる

一人暮らしをするとどうしても栄養バランスが崩れてしまいがちですが、学生会館はバランスを重視して食事を作っているので体調が崩れにくいというメリットがあります。

【食事例】

確かに一人暮らしだと1品料理しか作らなかったり、自分の好きなものだけを作ってしまうので偏りがひどくなるがちですが、かと言って栄養士でもなければバランス良く作るのは難しいです。

しっかりと食事を取っているだけで激太りしたり激やせすることがないので健康面では最高です。

友達が作りやすい

学生時代は友達の多さ=充実度と言っても過言ではないほど友達を作るのは大切です。

通常の学生であれば学科内で話しかけて友達を作ったり、サークルに入らない限り友達ができないためかぼっちで行動している人も結構多いです。

学生会館なら嫌でも友達ができるような環境にあるのは魅力の1つです。

もちろん先ほど言ったように友達が出来なければ地獄ですが、友達が作れると気軽に遊んだり相談できたりテスト勉強を一緒にしたりと充実な生活が送れます。

また、男女一緒の学生会館では恋人も作りやすいです。

家具家電が揃っている

初めて一人暮らしする際に最初から家具家電を一式揃えようと思うと安くても約15万円程度かかります。

家具家電はずっと使っていればいつか壊れてしまいますし、引っ越し作業がめちゃくちゃ面倒。

その点、学生会館ドーミーでは必要最低限の家具家電はすでに部屋に備え付けられていますし、部屋にないものも共有スペースの設備としてすでにあるので余計なものを購入せずに済みます。

セキュリティ面が充実している

どちらかというと女性や親から見たメリットですが、学生会館ドーミーでは物件の管理人(マネージャー)が常駐しているので困った時に助けてくれたり、入館する際にか必ず鍵が必要になるので不審者に狙われることがほとんどありません。

外泊するのに外泊届が必要なぐらい管理を徹底しているので、もし何かトラブルに遭った時に迅速に対応してもらえるのが学生会館ならではのメリットです。

それに学生会館だと基本的に学生しかいないので見たことないような大人が近くにいれば異変に気付きやすいです。

社会人になった時の住み替えがお得

学生会館ドーミーでは同じ系列グループの賃貸マンションであるドミールに住む替えることが可能です。

住み替えの特徴
  • 仲介手数料が無料
  • 礼金が半額
  • ドーミー契約時の保証金がそのままスライドされる
  • 3月から住んでも1か月分の家賃はフリーレント
  • 冷蔵庫・洗濯機・電子レンジの中から2つ無料提供

新しく部屋を借りることになった時に初期費用が高くなってしまいますが系列の引っ越しなら安くなります。

また、家具家電付きである学生会館から通常の物件へ引っ越すと物入りになってしまうところを補ってくれるようなサービスです。

ドミールへの住み替えじゃないと意味がないため選べる物件自体は限られますが、ちょうど条件に合う物件が見つかればお得です。

合格前に部屋を押さえることができる

学生会館ドーミーで合格前に部屋を押さえることができるので、わざわざ合格してから慌てて物件を探す必要はありません。

事前に住む場所を決めておくことができると受験勉強のモチベーションにも繋がりますし、次の生活を想像しやすくなります。

通常の物件だと合格していく大学が決まってから部屋探しをしますが、その時にはすでに繁忙期になっているので良い部屋が残っていない、条件に合う物件がないという問題がありますからね。

まとめ

学生会館ドーミー自体は特に変わったサービスを提供しているわけでもないので、選ぶかどうかの基準としては”学生会館でいいかどうか”という点です。

MEMO
  • 食事付きは「美味しい」と高評価
  • 夕食の時間帯が広いので生活に合わせやすいが朝食は時間が限られる
  • ネット回線は共有なので遅い
  • 友達はできやすいが、できないと生活が地獄
  • 門限がある学生会館が多い

学生会館は共有スペースがあるので、シェアハウスと非常に似た性質があります。各部屋はあるけどコミュニケーションを取るかどうかは自分次第です。

友達は作りやすいですが、遊びに誘われすぎてテスト勉強が出来なかったり流されてしまうと生活が破綻してしまうという可能性も。

自分の時間が大事という人にはあまり向きません。

「食事は自分で作りたい」「恋人を家に呼びたい」という人にとっては普通の賃貸物件を借りたほうが良さそう。

ただし、学生会館のほうが恋人は作りやすいです。

学生マンションはやめとくべき?口コミや評判からみる特徴まとめ 大学の寮生活は辛い?学生寮がやめとけと言われるデメリットとは

こちらも合わせてご覧ください。

部屋探しにおすすめのサイト3選

学生会館ドーミー以外にも学生向けの部屋は探せますし、もっと良い条件の物件を探すことは可能です。

学生向けにおすすめのサイトを3つほどまとめてみました。

ユニライフ(学生マンションが探せる)

ユニライフ公式ページへ

運営会社ジェイ・エス・ビー
対応エリア全国
店舗数79店舗
物件数約7万戸
特徴一人で内見することが可能
入学前から物件を押さえられる
申し込み後に住む替え可能
回線が悪い

ユニライフは対応エリアが全国79店舗と学生マンションを扱っている会社としては規模も大きいのが特徴です。

トラブルサポートなども充実していますし、サービス内容にそこまで差はありませんが物件数は比較的多いほう(学生マンションサイトの中では)なので自分が探している物件を見つけやすいです。

ユニライフの口コミや評判!割高でネット回線が遅いって本当?

ナジック(学生マンションが探せる)

ナジック公式ページへ

運営会社株式会社学生情報センター
対応エリア全国
店舗数24店舗
物件数不明
特徴トラブルサポートの対応が手厚い
入学前から物件を押さえられる
申し込み後に住む替え可能
回線が悪い

ナジックはユニライフと似たようなサービスを提供しているサイトですが、トラブルのサポートが手厚かったり来店不要の契約が出来たりと優秀なサイトです。

サービス内容にそこまで差はありませんがユニライフで見つからない物件が見つかるかもしれないので合わせてチェックすべきサイトですね。

ナジックの口コミや評判!ナジックネットの回線は遅い?

イエプラ(効率的に部屋探しができる)

イエプラの公式ページへ

運営会社株式会社エヌリンクス
対応エリア関東・関西
店舗数2店舗
物件数約500万件以上
特徴自宅にいながら部屋探しができる
チャットでやり取りが可能
新着物件を手に入れられる
細かい条件を伝えられる

イエプラは学生マンション専用サイトではなく、通常の賃貸物件を探すサイトですが学生マンションも探すことが可能です。

チャットでのやり取りが可能なので細かい条件を伝えることができますし、店舗にいった時と同じようにネットよりも新鮮度の高い物件情報を手に入れることができるので一人暮らしをする際にかなり重宝します。

地方から上京する人はわざわざ店舗に行くこと自体が手間ですが、イエプラはネット上で店舗に行った時と同じようなことが可能なので学生にとってもおすすめなサイトです。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ