同じアパートやマンションなのに部屋や階によって家賃が違う理由とは


同じアパートやマンションなのに部屋によって家賃が違う理由とは

部屋を探した事がある方ならわかること思いますが、同じアパートやマンションで同じようなつくりなのになぜか家賃が違う・・・なんて物件を見つけたことはありませんか?

借り手から見ればどう考えても家賃の安い方を選びたくなりますがこれにはどんな違いがあるのか気になりますよね!

ということで今回は同じアパートやマンションなのに部屋によって家賃が異なる理由についてまとめてみました!

スポンサードリンク

家賃が違う理由とは

同じアパートやマンションなのに部屋によって家賃が違う理由とは

同じ建物なのに家賃が異なる理由は大きく分けて二つあります。

 

一つは部屋の構造が異なっている場合。

例えば102号室は1Kでユニットバスなのに対して、106号室は1Kで風呂トイレが別。

こうなると当然106号室の方が家賃が高くなるのです。

風呂トイレ別の方が人気物件ですし、不動産業界の家賃相場的にもこの違いは顕著に表れる部分です。

 

その他にも微妙に部屋の広さが違ったり、業者のホームページ内では確認しにくい部分が異なっている場合があります。

これは問い合わせてみないと違いがわからないこともあるので注意が必要です。

 

もう一つは階や部屋の場所が異なることによる家賃の変動。

例えば、角部屋は内部屋よりも人気物件と言われています。

そのため、建物によっては角部屋の家賃が2000円高い!なんてこともざらにあります。

角部屋のメリット・デメリットは他の記事を参照してください。

どうしても角部屋に住みたいという方も少なくないのでこういう需要のせいで家賃を割り増ししているのでしょう。

 

そしてアパートではあまり顕著ではありませんが、マンションだと階によって家賃が大きく異なる場合があります。

基本的に下の階よりも上の階の方が人気物件なのでその分家賃が高くなっています。

また、一階は虫が出やすいなどの理由もあるのでしょう。

一階のメリット・デメリットまとめ

 

また、マンションの場合は上の階だと広さが違うことが結構あるので、その分家賃が高くなっていることが多い。

部屋を探している方は物件詳細ページに飛ぶとその違いが分かるかと思います!

 

要は需要と供給の問題によって家賃が高くなったり安くなったり変動するということです。

 

これを理解しておけば家賃交渉の時にも有利に進めることが出来ると思いますよ!

家賃交渉の仕方についてはこちら!

スポンサードリンク


入居時より家賃が下がっている理由とは

同じアパートやマンションなのに部屋によって家賃が違う理由とは

これは私も経験のあることなのですが、一人暮らしをして退去後になんとなく前に住んでいた自分の部屋を調べてみるとなぜか家賃が住んでいた時より安いことがあります。

 

この理由についても大きく分けて二つあります。

一つは築年数の問題。

例えば自分が住んだ時は築15年でも退去したのが2年後なら築17年になりますよね。

建物も同時に古くなってきてしまうので価値が下がってしまう⇒家賃が安くなるということです。

 

もう一つは家賃交渉した場合。

これは実際に私が経験したことですが、家賃交渉で1000円だけ安くしてもらいました。

2年後、私が退去すると家賃交渉で成立した値段そのままで貸しに出されていたのです。

 

おそらく私が住んでいた物件はいつまでも入居者が現れず、家賃交渉をしたことで住んでもらえた⇒1000円値下げならまた住んでもらえる

と考えたのでしょうね。

もちろん築年数の関係も否めませんが、なぜか家賃交渉した家賃で募集していたのでこっちが関係していると思われます。

 

いかがでしたでしょうか?

家賃は出来れば安い方が良いですが、高いのにはそれなりに理由があります。

つまりいつまでも人が入っていないような物件は需要と供給のバランスが取れていないので、家賃交渉しやすいということです!

部屋探しの際にはぜひ参考にしてみてください!

その他の一人暮らしコラム

保証人がいない場合の一人暮らしの部屋の借り方

訳あり物件・事故物件の見分け方や探し方

部屋探しでのチェック項目と注意点

一人暮らしに反対する親を説得させる方法

初期費用を10万円以下に徹底的に抑える方法

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す