フリーレント物件のメリット・デメリット!違約金はいつから・いくらかかる?


フリーレント物件のメリット・デメリット!違約金はいつから・いくらかかる?

最近何かと増えているフリーレント物件。

名前ぐらいは聞いたことがあると思いますが正直あまりピンと来ませんよね!

というわけで今回はフリーレント物件のメリット・デメリット、さらに違約金など裏側についてもまとめてみました!

スポンサードリンク

フリーレント物件のメリット・デメリット

 

フリーレント物件というのはその名の通り、レント=借りるのがフリー=無料になる期間が存在する物件のこと。

 

簡単に言えば「最初の月の家賃は無料ですよー!」と宣伝している物件のことです。

 

一見借りる側にとってはメリットしかないように思えますが、やっぱりこういうのってなんか裏がありそうで怖いですよね(笑)

 

フリーレント物件の最大の魅力はなんといっても最初のお金、初期費用を格段に抑えることができるという点。

 

6万円の部屋で1ヶ月フリーレントなら、丸々6万円浮いてしまうんですからね!!

 

なぜこんな物件が最近多くなったかというと借りる側と貸す側の需要供給バランスが崩れ始めているため。

 

物件は無数に存在しますが実際借りる人は一定数で、長期間部屋を空けるぐらいなら最初の家賃を無くして入居者を集めちゃった方が良い!という考えからフリーレント物件が増加しているのです。

 

じゃあ入居者にはなんのデメリットもないのか?」という疑問が出てくるでしょうがもちろんそんなことはありません。

 

そもそもフリーレント物件にしているということは本来なら入居者がほとんど集まらない物件だということです。

集まらない=良い物件ではない可能性が高いということ。

それはもともとの家賃だったり、その中身だったり要因は色々あるでしょうけど、例えるなら口コミが悪い商品は誰も買わないのと一緒です。

 

それとフリーレント物件は貸す側にデメリットが多いように感じますが、家賃を少し高く設定したり、礼金を取るなどして調節している場合も多いそうです。

 

さらにフリーレントにはもう一つ落とし穴が!!

それが違約金制度!

通常の物件は2年契約となっていますが、いつ退去しようとも違約金は一切発生しません。

 

しかし、フリーレント物件の場合契約期間内に解約したら、違約金を支払わなければならないという制限が付いているのです。

簡単に言うと携帯の契約見たいなもんですね!

 

最初から2年以上は絶対に住む人にとっては関係ないかもしれませんが、転勤だったら仕事を辞めてしまったり、はたまた急にお金が無くなったり様々な事情で退去せざるを得ない事があります。

そうした急な退去に違約金制度はネックです。

スポンサードリンク


フリーレント物件の条件と違約金について

フリーレント物件のメリット・デメリット!違約金はいつから・いくらかかる?

全部が全部当てはまるわけではないですが、基本的に違約金がいくらかかるのか気になる方も多いと思います。

 

フリーレント物件の契約の場合、多くは2年契約・もしくは1年契約となっています。

そして違約金は家賃分(1ヶ月分)が一般的です。

 

つまり1ヶ月無料のフリーレント物件でも途中で引っ越したら結局意味がないということ。

 

さらに先ほど述べたように家賃設定が高くなっている場合もあるので結果的に総合的な支払が多くなる場合もあるので注意してください。

 

まとめると

フリーレント物件は長期(2年以上)確実に住む人向け

デメリットは違約金(1ヶ月分)の成約があることと家賃が高く設定されている場合があるということ。

 

フリーレント物件を考えている場合はこれを頭に置いておいてくださいね!

ちなみに例えばフリーレント物件に住んだとして契約が2年の場合。

2016年4月1日~2018年4月1日の契約だったとして4月1日に退去を決めても違約金は発生してしまいます。

2年以内なので含まれてしまいます。

違約金が発生しないのは正確には2年と1日以降ということも覚えておいてくださいね!

このトラブルもよくあるらしいので注意してください!

その他の役立つコラム

家賃交渉はいくらまで可能?

大学生で一人暮らしするメリットやデメリット!

一人暮らしで得られる経験や身に着くことをまとめてみた

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す