フリーレント物件のメリット・デメリット!違約金はいつから・いくらかかる?


最近何かと増えているフリーレント物件。

名前ぐらいは聞いたことがあると思いますが正直あまりピンと来ませんよね!

というわけで今回はフリーレント物件のメリット・デメリット、さらに違約金など裏側についてもまとめてみました!

スポンサードリンク

フリーレント物件の定義とは?

フリーレント物件というのはその名の通り、レント=借りるのがフリー=無料になる期間が存在する物件のこと。

簡単に言えば「最初の月の家賃は無料ですよー!」と宣伝している物件のことです。

こう考えるとわかりやすいですが、実際には初月の家賃が無料ではなく、入居した次の月を無料にする場合もあります。

初期費用として見れば初月の方がオトクに感じますが、例えば入居したのが月の半ばぐらいだった場合は実質15日分しかオトクにならないので後者の方が結果的に安く住めるわけです。

この見分け方については物件情報だけでは細かく書かれていないので内見した時に営業マンの方に聞くか、契約する時に必ず契約内容の確認をするのでその時ぐらいしか確認できません。

契約する前に分かっておけばいつ入居するのがベストかという判断材料にもなるのでいかに安く住めるかしっかり考えて入居する必要がありそうです。

ちなみに私が今現在住んでいる物件もフリーレントですが、初月ではなく翌月の家賃が無料になるというものでした。

フリーレントにも種類があって1ヶ月無料のところもあれば最大3ヶ月無料なんて物件も存在します。

ただ、世にある8割の物件は1ヶ月分が無料という感じなので2ヶ月や3ヶ月無料になる物件を探すと条件がかなり限られてしまいます。

フリーレント物件のメリットとデメリット

上手い話には裏があると良く言われるように、もちろんフリーレント物件は良い部分だけではありません。こちらにとって都合の悪い条件の可能性もあるのでその点についてメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

【メリット】

  • 初期費用・翌月の家賃が浮く
  • 競争率が低い

一見借りる側にとってはメリットしかないように思えますが、やっぱりこういうのってなんか裏がありそうで怖いですよね。

フリーレント物件の最大の魅力はなんといっても最初のお金、初期費用を格段に抑えることができるという点。

6万円の部屋で1ヶ月フリーレントなら、通常の物件と比べて6万円得していることになります。

なぜこんな物件が最近多くなったかというと借りる側と貸す側の需要供給バランスが崩れ始めているため。

物件は無数に存在しますが実際借りる人は一定数で、「長期間部屋を空けるぐらいなら最初の家賃を無くして入居者を集めちゃった方が良い!」という考えからフリーレント物件が増加しているのです。

デメリット

【デメリット】

  • 普通に貸しても人が集まらない不人気物件
  • 物件に何かしら問題がある可能性がある
  • 家賃や礼金等でフリーレント分が上乗せされている可能性がある
  • 一定期間住まないと違約金がかかる

そもそもフリーレント物件にしているということは本来なら入居者がほとんど集まらない物件だということです。いわゆる不人気物件というやつです。

集まらない=良い物件ではない可能性が高いということ。

それはもともとの家賃だったり、その中身だったり要因は色々あるでしょうけど、例えるなら口コミが悪い商品は誰も買わないのと一緒です。

不人気の理由としてありがちな例をいくつか挙げてみます。

【例】

  • 駅からの距離が遠い
  • 築年数がやたらと経っている
  • 治安が悪い
  • 部屋に日差しが入らない(入りにくい)
  • 防音性が低い

挙げたらきりがありませんが、もともと人が集まらない場合は見た目でわかる原因が隠されています。

入居してもすぐに退去してしまうような物件の場合は入居しないとわからない部分、例えば騒音問題とか湿度が高いとかの場合が考えられます。

どちらが原因なのかはこちらから判断することが出来ませんが見た感じ問題なさそうな物件なら内部に問題があると考えてください。

良い営業マンの場合はフリーレントの理由について教えてくれる場合もありますが、少なくともこちらから質問しない限りは答えてくれないでしょうね。

さらにフリーレントにはもう一つ落とし穴が!!

それが違約金制度!

通常の物件は2年契約となっていますが、いつ退去しようとも違約金は一切発生しません。

しかし、フリーレント物件の場合契約期間内に解約したら、違約金を支払わなければならないという制限が付いているのです。

簡単に言うと携帯の契約のようなイメージです。

最初から2年以上は絶対に住む人にとっては関係ないかもしれませんが、転勤だったら仕事を辞めてしまったり、はたまた急にお金が無くなったり様々な事情で退去せざるを得ない事があります。

そうした急な退去に違約金制度はネックです。

スポンサードリンク

フリーレント物件の条件と違約金について

フリーレント物件のメリット・デメリット!違約金はいつから・いくらかかる?

全部が全部当てはまるわけではないですが、基本的に違約金がいくらかかるのか気になる方も多いと思います。

フリーレント物件の契約の場合、多くは2年契約・もしくは1年契約となっています。

そして違約金は家賃分(1ヶ月分)が一般的です。

つまり1ヶ月無料のフリーレント物件でも途中で引っ越してしまうと意味がないわけです。

さらに先ほど述べたように家賃設定が高くなっている場合もあるので結果的に総合的な支払が多くなる場合もあるので注意してください。

 

ちなみに例えばフリーレント物件に住んだとして契約が2年の場合。

2018年4月1日~2020年4月1日の契約だったとして4月1日に退去を決めても違約金は発生してしまいます。

2年以内なので含まれてしまいます。

違約金が発生しないのは正確には2年と1日以降ということも覚えておいてくださいね!

このトラブルもよくあるらしいので注意してください!

フリーレント物件の効率的な探し方

もともと絶対数は多くないのですが、探そうと思えば希望の駅周辺でフリーレント物件は見つかります。

ただ、不動産に直接行っても取扱物件数が少ないので条件に合う物件に出会いにくいです。

方法としては自力でネットで探すか、家賃交渉同様にフリーレント物件になるように交渉していくかです。

取扱物件数や交渉事なら個人的にはイエプラがおすすめです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

イエプラはネットで部屋を探してもらうというサービスですが、基本チャットでのやり取りとなるので顔を見なくて済むので気軽にお願いできますし、取扱物件数がスーモやホームズと同じレベルで膨大なので条件に合う物件を探しやすいです。

仮にフリーレント交渉に失敗しても家賃交渉が出来る可能性はありますし、フリーレント物件を見つけたら自分の代わりにその理由について調べてくれます。

こういった無料で利用できるサービスは賢く使うと便利です。

参考までにどうぞ。

その他の役立つコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す