部屋まる。の特徴や口コミ・評判まとめ!なぜ家賃が安いの?

ボンビーガールやバクモン学園などのメディアやyahooニュースでも取り上げられた都内の6万円以下物件を探せるサイト「部屋まる。」。

東京都内は家賃が高くて住みたくても諦めている人も多いと思いますが、そんな中で6万円以下の物件を探せるってめちゃくちゃすごいですよね。

キャンペーンも豊富で色々とお得で話題となっている部屋まる。について調べてみましたので利用しようと思っている方は参考にしていただければと思います!

ネットの口コミや評判をまとめてみた

部屋まる。の店舗は現在新宿店と目黒店の2店舗。対応する営業マンにもよりますが、割と丁寧で対応も早いと評判としてはかなり良いみたいですね。

普通の不動産だと都内で賃料6万円という条件を伝えると「その条件だと厳しい」と言われることがあるので、格安物件を探している人にとってはかなり利用価値が高いように思えます。

不動産のコンセプトが安い物件ですし、6万円以下専門店だと白い目で見られなくて良いのは個人的にかなり魅力的に感じます。

部屋まる。の特徴をざっくりと説明

部屋まるホーム

部屋まる。公式ページへ

部屋まる。は東京都内の家賃6万円以下の物件を取り扱っている不動産サイト。店舗は目黒本店と新宿店の2店舗です。

基本的に6万円以上の物件は扱っていませんが、共益費込みで超える物件は存在しています。

都内の物件は家賃が高く、住みたくても住めないという人のためにこういったコンセプトにしているのでしょう。メディアにも多く取り上げられていて、キャンペーンも豊富。

運営は株式会社城南コミュニティという会社で設立が2012年なので不動産屋としてはまだ浅いようです。

仲介手数料は他の不動産と同じく賃料1か月分かかるので注意してください。

もちろん物件によっては半額や無料となっているものも多数存在します。

部屋まる。を利用するメリット

部屋まる。の魅力
  1. 6万円以下の格安物件のみを探せる
  2. 激安2万円以下の物件特集がある
  3. お得なキャンペーンが豊富
  4. 入居安心サービスが無料
  5. 初期費用が安い物件を探せる
  6. 新築やデザイナーズ物件も探せる

6万円以下の格安物件のみを探せる

部屋まる。は「家賃重視でとにかく安く都内に住みたい」という人のための部屋探しサイトです。

都内と言えば一人暮らし用の物件でも平気で家賃10万円を超えてしまいますが、家賃を安く抑えたい人にとってはこんな物件見ても仕方ないですよね。

部屋まる。なら家賃6万円以下の物件しか取り扱っていないので無駄を省いて効率的に部屋を探すことができます。

ちなみに大手サイトでも取り扱っている物件もありますが、大手には掲載されていない格安物件も載っているので家賃6万円以下という限定条件なら部屋まる。の方が優秀です。

激安2万円以下の物件特集がある

調べてみたところ、なんと部屋まる。には家賃2万円以下特集ページが存在します。

都内で2万円だと事故物件のような怖さしかないですが、東京だけど都心からちょっと外れたところにある物件とか駅から距離のあるアパートなんかは2万円ぐらいです。

お得なキャンペーンが豊富

部屋まる。は豊富なキャンペーンがあり、利用者にとってお得に引っ越しができるサービスを提供しています。

例えばこれ。

部屋まるキャンペーン

地方から東京に引っ越す方に対して「交通費がかかるからその分払うよ」ということで12,000円貰えるキャンペーンをしています。

対象は1都3県以外からの引っ越しの方なので埼玉、東京、千葉、神奈川以外からなら受け取ることができます。

利用方法は問い合わせる時に「利用したい」と伝えるだけなのでめちゃくちゃ簡単。

ただ「最大」と表記されているので、貰えるのは実際にかかる電車賃相当なのかもしれません。

それとゲームをクリアすると最大3万円キャッシュバックされるというものがあります。

ゲームは「マルゲッチュ2」というモグラたたきゲーム。僕は1を知らない。

ヒトグラゲーム

ゲームのスコアがそのままキャッシュバック額に反映されるというものです。

ヒトグラもぐらたたき

やってみましたが、最後のほうがめちゃくちゃ早いのでオールクリアは難しいような気がします。

初見だとこんな感じ。

ヒトグラ結果

回数制限がないので部屋を借りたい人は何度も挑戦して高得点を狙いましょう。

やってみるとわかりますが、結構難しいです。割とゲーマーでツムツム3,000万スコアの僕でもマックスは無理だと感じました。

 

部屋まる。は友達を紹介することでもお金を受け取ることができます。

部屋まる友達紹介

紹介した側は5,000円、された側にはなんと1万円のキャッシュバック!

こういった紹介キャンペーンは他の不動産でもやっていますが、もらえても5,000円程度ですし、QUOカードとかなので部屋まる。の方が豪華。

入居安心サービスが無料

入居安心サービス部屋まる

入居した後にトイレが詰まったり、エアコンの調子が悪くなったり、鍵をなくしたりなどのトラブルにはたいてい入居安心サービスで対応できますが、普通は有料です。

しかし、部屋まる。はこういったトラブルサポートをすべて無料で行ってくれます。

普通は2年間で15,000円前後かかるサービスなので、それを無料で行ってくれるのはかなり魅力的です。

初期費用が安い物件を探せる

初期費用というのは家賃の高さによってある程度決まり、相場は家賃の4倍~5倍と言われています。

例えば家賃6万円の物件ならだいたい24万円~30万円ほどになります。

部屋まる。は【初期費用10万円以下特集】というページがあり、初期費用が安い物件のみを検索することが可能です。

例えばこの物件の初期費用を計算してみます。

部屋まる・

 

前家賃63,000円
敷金0円
礼金0円
仲介手数料0円
火災保険料18,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料5,000円
合計96,000円

正確にはさらに保証会社利用料とかもかかってくるので10万円は超えてしまうんですけど、それでも相場よりかなり安いです。

初期費用を抑えるためには敷金礼金はもちろん仲介手数料も無料にしている必要があります。

部屋まる。に掲載されている物件は仲介手数料1か月分だったり半額だったり無料だったりと物件によって違いますが、初期費用にフォーカスを当てて探せるのは魅力の1つです。

新築やデザイナーズ物件も探せる

部屋まる。では6万円以下の新築物件やデザイナーズ物件特集ページも用意されています。

通常新築やデザイナーズ物件というのは家賃が高く、都内で6万円以下で探すのはかなり難しいですが部屋まる。の場合は一括でこういった物件を探すことができる魅力があります。

当然新築と言っても部屋が狭かったりするデメリットは確かにありますが安くて綺麗な物件を探したい人にとってはまさに効率的に検索できて便利です。

部屋まる。のデメリット

デメリット
  1. 物件数は少なめ
  2. 内装写真が少し見にくい
  3. 店舗が少ないので利用しにくい

物件数は少なめ

さすがに6万円という制限があるだけに物件数は少な目です。

逆に言えば6万円以下の物件はほとんど網羅しているので大手サイトに掲載されていないような物件もあります。

内装写真が少し見にくい

実際に検索してみて他の不動産に比べて内装写真が見にくいように感じました。

部屋の全体が伝わりずらいというか、スマホで撮影したような写真といえばわかりやすいでしょうか?

部屋まる内装写真

もうちょっと全体がわかるような写真にしてほしいと個人的には思いました。

部屋が狭いと写真を撮りづらいのはわかりますが、利用者としては全体像がつかめないとイメージができませんし写真を見る意味がありません。

店舗が少ないので利用しにくい

部屋まる。は東京のほかにも埼玉、千葉、神奈川の物件を取り扱っていますが、実店舗は東京の目黒本店と新宿店の2つしかありません。

内見は現地集合でいいとしても契約うんぬんは店舗で行うでしょうから、わざわざ行かなきゃいけないのが面倒です。

埼玉に住むとしても一度東京の店舗に行く羽目になりますからね。

スポンサードリンク

部屋まる。はなぜ安い?事故物件なの?

実際に調べてみると本当に家賃6万円以下の物件のみで、部屋によっては3万円や2万円という破格の家賃も多く存在します。

こうなってくると事故物件を疑ってしまいますが、詳しく調べてみたところ事故物件ではないことがわかりました。

なぜこんなにも安いのはその理由はいくつかあります。

築年数が古い

部屋まる。に掲載されている物件は築年数が古いものも結構多いです。

外観から古さが伝わるものもあれば、内装だけ少しリフォームしているけど築年数を見ると古いものもあります。

築年数というのは家賃に大きく影響を与えるものです。

いくらリフォームしていたとしても需要は低く、新築のような家賃設定にすることはできません。

僕が以前住んでいた物件は築48年という古さでしたが鉄筋コンクリート造なのに家賃は5.2万円でした。

内装はしっかりとリフォームされていて部屋の広さは10.5畳もあるのにこの安さ。築年数を無視すれば相場よりも3万円以上安いぐらいの物件。

まさに築年数の古さで家賃が安くなっているというわけです。

設備が不十分

例えば内装は綺麗なのに専有面積が狭くて窮屈な部屋だったり、お風呂場がついていないような物件もあります。

よく見てみると収納スペースがない、日当たりが悪いなどの設備や環境の悪さ故に家賃が安くなってしまっていることも。

当然需要が減れば家賃は安くなっていくので部屋まる。というのはある意味で訳あり物件が数多く存在しているというわけです。

立地が悪い物件ばかり

調べてみるとわかりますが、部屋まる。に掲載されている物件の多くは立地が悪いです。

例えば駅から20分以上離れていたり、主要駅はほとんど掲載されておらず人気が低くてあまり交通の便もよくないような場所が最寄り駅になっていることがほとんど。

最初は「部屋まるだから安くなっているのか」と思っていましたが、スーモ等で調べても家賃がものすごい安い物件は検索できます。

部屋まるは6万円以下の物件のみを表示させているだけに過ぎません。

システムエラーで表記されていることも

部屋まる。で物件探しをしている時に家賃0万円という驚愕のお部屋を発見しました。

部屋まる

駅から遠いですが割と広めな間取りの物件です。

たとえ事故物件でも家賃は半額程度までしか下がらないですし無料ということは何かしらの裏があるように感じます。

そこで問い合わせてみたところ営業スタッフからの回答がこちら。

賃貸サイト「部屋まる」よりお問い合わせ頂きました物件の件でご連絡いたしました。
お問い合わせいただきました物件なのですがシステムのエラーで家賃が0円で公開されていまして実際の家賃が75000円の物件になります。
折角お問い合わせいただいたのにも関わらず誠に申し訳ございませんでした。

なんとなく予想はついていましたがどうやら家賃0万円というのはシステムエラー(入力ミス?)で表記されていたようです。

6万円以下の物件しか掲載していないのに家賃7.5万円の物件が公開されていたのは謎ですね。

全ての物件がエラーとは限りませんが、中にはこのように家賃の表記ミスがあることも考えられるということです。

スポンサードリンク

まとめ

部屋まる。は6万円以下の都内近郊物件しか扱ってないのが魅力な反面、もうちょっと条件を緩くしている人にとってはデメリットでもあります。

ただ、キャンペーン等でキャッシュバックが多いのは利用する上でかなりのメリットなので同じような物件を大手サイトと部屋まる。で見つけたら部屋まる。を利用する価値は高いです。

部屋まる。が向いている人

  • とにかく家賃第一で安い物件を探している人
  • どうせ入居するならお得に部屋を借りたい人
  • 初期費用を抑えたい人(安心サポートが無料なので)
  • 審査が通るか年収や職業的に不安な人

第一条件が家賃の安さで、なおかつ都内近辺で部屋を借りたいと思っている人にとって部屋まる。は物件を網羅しているのでかなりおすすめと言えます。

キャンペーンも多いですし、入居安心サービスが無料ってのは地味にでかい恩恵です。

また、家賃が安い物件の方が相対的に審査も通りやすくなるので、年収や職業なんかで不安な人にはある意味おすすめかも。

さすがに無職が審査を通すのは連帯保証人がしっかりしているか預貯金がある場合に限られますが部屋まる。では「生活保護を受けている人も気軽に相談して」と書かれているので門前払いはなさそう。

部屋まる。に向いていない人

  • 家賃第一主義じゃなくて、なおかつ住みたい駅が決まっている人
  • とにかく多くの物件を見てみたい人
  • 埼玉、東京、千葉、神奈川にすでに住んでいる人(交通費キャンペーン対象外となるため)
  • ゲームが苦手な人(キャッシュバック額が減るため)

安い物件は多いものの、全体的な取り扱い物件数は少ないので6万円以下というこだわりがない人にとってはあまり利用価値はないかと思います。

6万円以下の物件となるとやっぱり値段相応な内装になってしまうため、ちょっと汚い部屋や築年数の古い部屋、駅から遠いなどのデメリットがありますからね。

それとゲームが苦手な人は最高3万円キャッシュバックされるキャンペーンでの受け取り額が減ってしまうので、ある意味おすすめできません。

全体的には悪くないサイトだと思うので、興味があればぜひ利用してみてください。

部屋まるの公式ページへ

効率的に部屋探しをする方法

部屋まるは確かに家賃の安さを売りにした悪くない不動産ですが、賃料制限があるため物件数が限定的というのがネックな部分です。

もっと効率的に部屋探しをしたいのであれば取り扱い物件数の多いサイトを使った方が条件に合った物件は探しやすいです。

個人的におすすめなのはイエプラというサイト。

イエプラATBB物件検索

イエプラは家にいながら専門スタッフに部屋探しをしてもらうというちょっと変わったサービスを提供しているサイトですが、スーモやホームズに引けを取らない物件数(500万件)で、なおかつおとり物件を一切取り扱っていません。

不動産に行った時と同様に新着物件を家にいながら手に入れることができて無料で使えるサービスなので興味があれば利用してみてください。

イエプラの公式ページへ

少しでも参考になれば幸いです。

■その他の一人暮らしコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です