審査に落ちた人必見!入居審査が通りやすい賃貸アパートやマンションの特徴


これまでにも同棲での入居審査について無職が審査を通すテクニックについてご紹介してきましたが、審査が通るのは本人の信用度だけでなく物件の条件によっても左右されます。

そこで今回は物件にスポットを当てて、入居審査が通りやすいアパートやマンションの特徴やその条件について解説していきたいと思います。

フリーターや現在無職の方はもちろん、「なぜか入居審査が通らない」という人も参考になるかと思います。

スポンサードリンク

入居審査が比較的通りやすい物件の特徴とは

1.いつまでも人が入らない不人気物件

大家としては家賃収入を多く手に入れることを大前提として、その上で入居審査を行うことにより家賃を払える人なのかを審査したいと考えています。

しかし、そもそも人が入ってくれないと家賃収入は0円となってしまい、維持費でマイナスとなってしまいます。空き室率を下げたいと思うのは当然ですよね。

こういった物件に狙いを定めておくと簡単に審査を通すことが出来ます。

ただ、こういった物件を探すのには時間がかかります。

具体的には半年以上前から住みたい地域の物件を調べておき、毎回紹介されている物件をチェックしておきましょう。少なくとも2~3件ほどはそういった物件が見つかるはずです。

探すサイトはなんでも良いですができるだけ取扱物件数の多い総合サイトを使ってください。私は@nify不動産のアプリで週に1回はチェックしています。

スポンサードリンク

2.家賃が安い物件

家賃が高い物件よりも安い物件の方が審査が通りやすいのは当然です。

審査をするのは「家賃を滞納しないか心配だから」という理由ですが、家賃が低ければ当然滞納する可能性も低くなります。

あくまでこれは噂にすぎませんが、だいたい家賃が7~8万円を境に審査が厳しくなる傾向があると言われているので審査を通したいのであればそれ以下の家賃の物件を選ぶようにしましょう。

都内だと少し見つかりにくいかもしれません。

3.繁忙期を過ぎて残っている物件

不動産業界の繁忙期というのは1~3月です。

この時期は大学生になる人や社会人として働く人など新たな環境に入れ替わる時期なので一人暮らしをする人が圧倒的に多くなります。

通常不動産業界は水曜日が休みですが、この時期ばかりは水曜日も営業している仲介業者が多いですね。

もし審査を通したいのであればこの時期を過ぎてまだ残っている物件を探してみてください。

大家としてはこの時期を逃すと1年間人が入らない可能性があるためかなり焦っている状況です。明らかに審査が緩くなります。

貸物件数が多い時期・少ない時期

4.不動産屋がやたら押してくる物件

実際に部屋を探したことがある人ならわかると思いますが、不動産屋はある一定数の物件をおすすめとしてやたらと押してくることがあります。

自分の出した条件とは違うのにやたらと押してくることもあります。

こういった物件は不動産屋にとって儲けが大きかったり自社物件であるなど仲介業者の利益につながっています。

基本的に不動産屋としては、できれば自分たちにとっても
入居者を優先的に入れたい物件というものがあるのです。
その優先順位は、会社によっても多少違いますが、大体次のようなものです。

・自社物件または管理を引き受けたオーナーさんの物件
・手数料などが他の物件より多くもらえる物件
・新築物件などキャンペーン物件
・オーナーさんの条件等が緩く、決めやすい物件

参照元:誰も教えてくれない賃貸住宅の話

優良物件かと聞かれればそうでない可能性の方が高いですが、もし審査の段階になれば是が非でも通るように仲介業者が計らってくれる・もしくは審査自体が緩いので簡単に入居することができます。

5.住むうえで明らかにこちらにデメリットのある物件

基本的にすぐに契約してしまう物件というのは駅から近くて家賃が比較的安くて綺麗な内装の部屋です。

これは1で挙げた不人気物件と同じような話になってしまいますが、逆に言えば「不動産屋としてもあまりおすすめできないような後ろめたい物件」を選ぶと審査は簡単に通ります。

  • 駅からすこし離れている
  • 家賃が相場よりも高い
  • 部屋が汚い
  • デッドスペースが多い間取り

いわゆる訳あり物件というやつですね。

こちらとしても出来れば選びたくはないですが、どの物件にも審査が通らないような人が部屋を借りるにはこういった少し問題のある物件も視野に入れておく必要があります。

最後に

よく審査が落ちる人にありがちなのが自分の身の丈に合わないような家賃価格の物件を選んでいることが挙げられます。

極端な話、月収15万円の人が家賃15万円のところに住もうとしても審査は絶対に通りません。

嘘か本当かはわかりませんが、正社員の人が家賃10万円の部屋を借りようとしたところ入居審査が通らなかったという話もあります。

「家賃は収入の3分の1」は嘘?

確かに信用は第一ですが、それ以外に家賃価格が自分に適正なのかも冷静に見極めてください。

現在休職中の方は一時的にアルバイトをするだけでも審査は多少通りやすくなりますし、他にも方法はいくらでもあります。

無職が入居審査を通りやすくするための7つのテクニック

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す