木造アパートってうるさいの?やめとけと言われるデメリットとは?

家賃も安く初めて一人暮らしで選びがちな木造アパート。

他の構造とは違いその名の通り木造となっているのでネットでは「木造アパートは最悪」とか「うるさい」という声が聞こえるのも事実です。

そこで今回は木造アパートは本当にうるさいのか、防音性はどのぐらいなのかデメリットと意外なメリットについてまとめてみました!

木造アパートはどの程度うるさいの?

結論から言えば、木造アパートの防音性は構造上最低レベルとなっているため、日常生活におけるあらゆる音は聞こえてしまいます。

うるさいかどうかは隣人次第ですが、多少の生活音が聞こえてくることは間違いありません。

遮音性能というのは床に対する衝撃音数値であるL値と、空気音の遮音性能を示すD値というものがあり、床と壁でそれぞれ異なります。

床に対する防音性

床に対する遮音性はL値で示されており、値が高ければ高いほど音が聞こえやすくなります。

これは日本建築学会が調査した建物の遮音性と等級の関係性です。

遮音等級建物構造音の聞こえ方
L-35日常生活で気になるような音はほぼ聞こえない
L-40鉄筋鉄骨コンクリート造防音性が高く外からの音も軽減される
L-45子供の泣き声や走り回る音は多少聞こえる
L-50鉄筋コンクリート造子供の泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60重量鉄骨造足音やドアの開閉音など振動を伴う音が聞こえる
L-65軽量鉄骨造多少音量は軽減されるが生活音はほぼ聞こえる
L-70生活音はほとんど筒抜け
L-75木造生活音は筒抜けで小さな音まで聞こえる

木造アパートの遮音等級は賃貸の構造上は最低レベルとなっています。

仕方ないとは言え、基本的な生活音はほとんど筒抜け状態になっているのが木造アパートの特徴です。

壁の防音性

壁の遮音性能は透過損失を評価する数値のDで表すことができます。

透過損失とは音が通り抜けたときに遮音してくれるdb(デシベル数)のことで、例えばD-40の壁に50dbの音がぶつかると、隣に聞こえる音は50-40=10dbとなります。

建築基準法施行令第22条の3によれば界壁の遮音性能についての技術的基準値というのが定められていて、透過損失がそれぞれ同表の下欄に掲げる数値以上が義務化されています。

振動数(ヘルツ)透過損失
125(低音域)25dB
500(中音域)40dB
2,000(高音域)50dB

こちらは日本建築学会による遮音性能基準です。

等級D値
特級D-55
1級D-50
2級D-45
3級D-40

木造アパートの遮音性能は最低レベルのD-40以下ですが、基準値に満たなければ建築基準法違反となるため”最低限”は保証されています。

構造ごとに表にしたものがこちらです。

構造内壁遮音性能
木造D-40以下
軽量鉄骨造D-40~
重量鉄骨造D-40~45
RC造D-45~60

構造の中でも最低レベルとなっています。

D-40の内壁で音の種類ごとにどのように聞こえているのかを表したものがこちら。

音の種類音の大きさ透過損失後聞こえ方
ドアの開閉音75dB35dB大きく聞こえる
子供の走る音65dB25dB小さく聞こえる
掃除機70dB30dB多少大きく聞こえる
洗濯機の音70dB30dB多少大きく聞こえる
テレビ(中)60dB20dBわずかに聞こえる
いびき(大)80dB40dB大きく聞こえる、通常の会話は可能
大人の足音45dB5dB聞こえない
話し声60dB20dBわずかに聞こえる
笑い声80dB40dB大きく聞こえる、通常の会話は可能

透過損失後でも0dbになっていないため、いずれの日常的な音はどれも隣人まで聞こえていることになります。

基本的に生活音がすべて聞こえてしまうのが木造アパートの特徴。

何をしゃべっているかわからないものの、誰かと喋っていることは確実に聞こえるぐらいには壁が薄いです。

テレビの音も大きくしすぎてしまうと駄々洩れ状態になってしまうのである程度音量を下げておく必要があります。

僕も2軒ほど木造アパートに住んだことがありますが、いびきはよく聞こえてきました。

木造アパートに住んだ人の意見

【うるさいという意見】

全体的には”うるさい”という意見が圧倒的に多いです。構造上音が響いてしまうのは仕方ないですし、あとは隣人が騒がしい人かどうかによって変わります。

【あまり気にならないという意見】

隣人が常識人だったり、あまり家にいない場合は木造アパートでも快適に過ごすことができるようです。

物件選びだったり運によるものも大きいので「もしかして木造でも大丈夫?」と期待するのはよくないですが、木造アパート=絶対にうるさくなるわけでもないようです。

同じ木造でも壁や床に使われる素材は異なるので全く同じ響き方をするわけではありません。

木造アパートに住んでみた感想まとめ

木造アパートには2軒ほど住んだことがあります。

1軒目は初めての一人暮らしで大学近くのアパートに4年間住みました。

2軒目は2年ほど住んだので防音性や音の伝わり方などを細かくまとめてみました。

1軒目:かなりうるさかった

1軒目は大学近くということもあり、同じアパートには学生も多く住んでいました。

当時は一人暮らし初めてということもあり、もちろん木造アパートでしたが壁ドンをかなりされたのが印象的。

中部屋に住んでいましたが、ちょっとした物音を立てるとすぐに隣人が壁ドンをしてきて、それが一番のストレスでした。

宅飲みをしていると壁ドンされますし、上の階の人の足音もよく聞こえていた印象。

ただ隣人は普段から人を呼ばないタイプなのか話し声が聞こえてきたことはほとんどありませんでした。

たまに彼女と思わしき女性の声が聞こえてくるぐらいでしたが、それに対してうるさいと感じたことはありません。

壁ドンがなければそこまで悪い物件だったようには思えませんでしたが壁ドンをされる回数が異常だったので住民の質はかなり低かったように感じます。

僕も当時は学生だったのであまり隣人のことを考えずに騒いでしまっていたのは反省点です。

ちなみに同じ物件に住んでいた後輩は騒ぎすぎて隣人に何度か警察を呼ばれていたぐらいにはうるさかったそうです。

2軒目:意外と静かだった

2軒目も築15年ぐらいの見た目はきれいな木造アパートでしたが、1軒目と違って大学近くでもなかったためか隣人の騒がしい音はほとんど聞こえてきませんでしたし、壁ドンをされたことも1度もありませんでした。

確かに洗濯機を回す音だったり、上の階の人がトイレを流した時の水の流れる音や朝早くに掃除機をかける音なんかは聞こえていましたが、話し声やテレビの音はほぼゼロでした。

防音性が高いというよりは住民の質(特に隣人)が良かったおかげでストレスを感じることなく2年間過ごすことができました。

僕自身もあまり人を呼ぶことがなくなったおかげかもしれませんが、たまに宅飲みを友人としていても壁ドンされることもなくてかなり過ごしやすかったです。

木造アパートに住むデメリット

木造アパートにはさまざまなデメリットがあります。家賃の安さを引き換えにしているわけなのである程度は仕方ない部分ですが、知らないと後悔することもあるのでまとめてみました。

防音性が圧倒的に低い

木造アパートがやめとけと言われる一番の理由は防音性の低さが原因です。

もちろん木造と言っても界壁に使われる素材や厚さの違いで物件ごとに多少の差は出ますが、基本的には生活音は聞こえてしまうレベルだと思ったほうがいいです。

隣人の音が聞こえてしまうように自分の部屋の音も漏れてしまうので気づかないうちに苦情の原因になってしまうことはよくあります。

特に友人との宅飲みや夜の営み時の声は確実に聞かれてしまうので注意する必要があります。

虫が出やすい

木造というのは考えてみれば木材なので虫にとってかなり好ましい素材です。湿気を含む木造のほうがコンクリート造などに比べて虫が集まりやすくなります。

木に卵を産みつける虫は多いので結果的に虫が育ちやすい環境というわけです。

また、気密性も低いので虫が内部に侵入しやすいというのも要因となっています。

虫嫌いな人にとっては最悪な環境。特に1階は地面から近いこともあり虫が入ってきやすいのでどうしても虫嫌いだけど木造に住む場合はせめて2階を選びましょう。

一人暮らしの虫嫌い者必見!アパートの虫よけ対策グッズ総まとめ

外気の影響を受けやすい

木造アパートの気密性は構造上かなり低いので、外気の影響をもろに受けてしまいます。

冬場はなかなか部屋が暖まりにくいですし、エアコンを消すとすぐに外気と同程度の温度に戻ってしまいます。

夏場も同様エアコンをつけていないと生活できなくなってしまうので結果的に電気代が高くなってしまう傾向があります。

劣化スピードが速い

木造アパートの耐用年数は22年と構造上最も低くなっています。

構造耐用年数
木造22年
軽量鉄骨造19年~27年
重量鉄骨造34年
RC造47年

劣化スピードが速いということは同じ築15年の物件でも木造建築のほうが鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりも見た目上古く感じるというわけです。

家賃は築年数に比例して安くなりますが、木造アパートを選ぶと一見古いのにそこまで家賃が下がっていないこともあるというわけです。

民度が低い

家賃が安いのはメリットですが、家賃が安ければ安いほどそこに住む住民の質というのは下がってしまいます。

具体的にはちょっと頭のおかしな人が隣人だったり、夜中に大声をあげる人や騒ぐ人、いやがらせ行為をする人が増えるというわけです。

実際、僕が学生の時に借りた木造アパートではたいしてうるさくしていないのに毎日壁ドンをしてくる人が隣人でした。

次に引っ越した時も木造アパートでしたが、隣人が社会人の方だったため少しうるさくしても何も言われることはありませんでしたし、挨拶をしてくれるほど常識のある方が隣人でした。

隣人はある意味運ですが、家賃が安ければ安いほどおかしな人が隣人になってしまう可能性があります。

セキュリティーが甘い

木造アパートはなるべく低コストで建設することを目的として造られているため賃貸だとセキュリティ面が非常に甘いことが多いです。

具体的には防犯カメラがない、オートロックはもちろんない、エントランスなし、窓ガラスは薄くて割れやすい、ピッキングしやすい鍵等の問題があります。

不審者が本気で侵入しようと思えば簡単に侵入できてしまう構造となっているので防犯性にはあまり期待しないほうがいいです。

管理体制もしっかりしておらず建物の電灯が切れても交換されていなかったり、廊下に落ちているチラシ等がそのままになっていることも。

木造アパートに住むメリット

木造アパートならではの魅力というのもいくつか存在します。

確かに防音性は劣りますが、意外とメリットも木造アパートにはあります。

家賃が圧倒的に安い

木造の最大の魅力はなんといっても家賃の安さです。

木造アパートは材料費も安く建設コスト自体もかなり抑えられるため、相対的に賃料を安く設定することが可能です。

一人暮らしの家賃というのはいわば無駄金なので「とりあえず一人暮らしできればいい」とか「社会人でほとんど家に帰ることはないから」という人にとってはまさに理想的な部屋です。

マンションと比較すると1万円以上の差がある物件も多く、年間にすると木造アパートに住むだけでトータルコストをかなり抑えることができます。

また、防音性が低くても家にいる時間が短いのであればそこまで快適性を重視する必要がないので家賃の安さは大事。

気密性が低いのでカビが生えにくい

木造と聞くとカビが生えやすいイメージがありますが、実は気密性の低い木造アパートのほうが気密性の高い鉄筋コンクリート造に比べてカビが生えにくいのです。

日本ではジメジメした梅雨や結露しやすい冬場が存在しますが、木造の場合は木がある程度湿気を吸ってくれるおかげでそこまでこまめに換気をしなくてもカビを心配する必要はありません。

もちろん日当たりの悪い物件だとさすがにカビが生えることもありますが、他の構造よりも気密性が低いというのはメリットでもあるので一長一短です。

梁や柱の出っ張りがないため部屋を最大限活かせる

鉄筋コンクリート造などの防音性の高い物件ではコンクリートや骨組みの太い鉄骨を使用するためそれを支えるための柱や梁も自然と太くなります。

一方、木造はそこまでの太さを必要としないため四隅の梁も細くなり、デッドスペースが生まれにくくなります。

【鉄筋コンクリート造の例】

【木造の場合】

出っ張りがないおかげで自由に家具を置くことができますし、模様替えのレパートリーも多いため部屋を最大限活かすことができます。

部屋探しの際には意外と気にしない人も多いですが、住んでからわかる微妙なデッドスペースの違いは大きいです。

比較的防音性の高い木造アパートの選び方

木造アパートは構造上どうしても防音性の低い物件ばかりになってしまいますが、物件の選び方次第でなるべく快適に過ごすことができるようになります。

木造を選ぶときのポイントについてまとめてみました。

戸数の少ない物件を探す

生活音が響くかどうかは防音性が影響しますが、そもそも隣人がいなければ木造だろうと軽量鉄骨だろうと生活音が響くことはないので快適に過ごすことができます。

通常の賃貸物件は101号室~105号室といった具合に部屋が複数存在しますが、探してみると101号室~102号室までといった部屋数の少ない物件もあります。

戸建てのような見た目で隣の部屋がないような物件も存在するので、こういった部屋数の少ない物件に着目して探してみると隣人の騒音を一切考えずに生活することができます。

角部屋を選ぶ

隣人がうるさくするかどうかは実際に住んでみないとわかりませんが、角部屋であれば騒音リスクを2分の1に軽減することができます。

中部屋だと両隣りの生活音が聞こえてしまったり、逆に自分が少しでもうるさくしていると苦情が入る可能性が高いですが、角部屋であれば隣人1人のリスクだけで済みます。

また、角部屋は隣人が引っ越し等で空き室になったときに生活音を気にせず快適に過ごすことができる点。

上からの音に関しては我慢するしかありませんが、リスクを少しでも減らしたいなら角部屋は絶対に譲れない条件です。

マンション角部屋でも後悔することはある?意外なデメリットとメリット

大通りや路線沿いはなるべく避ける

木造アパートはコストが安く造られているため車や電車、バイクなどの外からの騒音に対してもあまり期待することができません。

木造で大通りとか線路沿いに住むと間違いなく外からの騒音に悩まされることになるので、なるべく路地裏や住宅街を選ぶようにしましょう。

外からの騒音がないだけもかなり静かに過ごすことができます。

道路沿いの家は止めた方が良い?大通りのマンションに住んでみた

2階を選ぶ

上からの足音や生活音を気にするようであれば1階ではなく2階を選ぶようにしましょう。

最上階は若干家賃が高かったり、自力で引っ越し作業をするのは面倒ですがその分防犯面に優れていたり下の階からの生活音はあまり響かないのでメリットも多いです。

アパートだと2階が最上階になっているのでそこまで家賃差を気にすることもないのでメリットは大きいです。

大学近くの物件は避ける

大学生や専門学生から一人暮らしを始める人は多いですが、学生が多い=宅飲みする率や家にいる時間が社会人より長いのでうるさい可能性が高いです。

学校近くは家賃相場も低く、手軽に部屋を借りることができる反面、隣人が騒ぐ可能性はかなり高いので気を付けてください。

もちろん家賃の安さが魅力的で学校まで近いというのは魅力的なので完全否定するつもりはありませんが、家賃相場が低いなら学生があまり借りないマンションで探すというのも手です。

家賃が低い=民度も低くなる傾向があるので安いなりのデメリットはあります。

木造アパートでも快適に過ごすための防音対策

防音対策
  • 窓に遮音シートを貼る
  • 家具を壁際に設置する
  • 防音マットを設置する
  • コルクマットやジョイントマットを使う
  • 音が出るものをなるべく壁から離す

家具を壁沿いに設置するのは防音効果が期待できますが、テレビやベッドなどをぴったりとつけてしまうとこちらの音が隣人まで響いてしまいやすくなるので注意してください。

外からの騒音対策
  • 遮光カーテンを設置する
  • 断熱シートやプチプチを窓に貼る
  • 隙間テープを張り付ける
  • 給気口や換気口を閉める

騒音対策として有効なのは窓の対策です。窓を閉め切っていても隙間はできてしまうので隙間を埋めるためのテープを貼るのがおすすめです。

部屋の壁が薄いと感じたときの簡単音漏れ防音対策方法

詳しくまとめてみたので参考にしてみてください。

まとめ

MEMO
  • 木造アパートの防音性が低いのは確か
  • 基本的に生活音はほとんど聞こえてしまう
  • 隣人が静かな人であれば快適に過ごすこともできる
  • 防音性重視なら木造アパートはやめておいたほうがいい
  • 家賃重視なら木造アパートはむしろおすすめ

木造アパートは家賃を第一に考えたときの選択肢となるので防音性には期待しないほうがいいです。

防音性重視で考えれば”やめとけ”というのが正解ですが、家賃重視ならむしろ推奨です。

もちろん隣りの部屋が空き室だったり隣人が常識人であれば生活に支障がでるレベルで問題が起こることはないので問題ありません。

木造アパートで快適に過ごせるかどうかは完全なる隣人ガチャです。

隣人が騒がしい人なら毎日うるさくて不快に感じるでしょうし、静かな人であれば「あれ?防音性高い?」と勘違いするほど静かです。

「木造は不安だけど家賃の安さは重視したい」というのであれば軽量鉄骨アパートという手もあります。

音の種類木造軽量鉄骨
床の遮音等級L-75L-65
壁の遮音等級D-40D-40~
大人の足音聞こえない聞こえない
ドアの開閉音大きく聞こえる多少大きく聞こえる
テレビの音わずかに聞こえる非常に小さく聞こえる
洗濯機の音多少大きく聞こえる聞こえる
会話わずかに聞こえる非常に小さく聞こえる
いびき大きく聞こえる多少大きく聞こえる
掃除機多少大きく聞こえる多少大きく聞こえる

若干の違いですが軽量鉄骨のほうが防音性は優れているので、不安な場合は選択肢として検討してみてください。

軽量鉄骨アパートはうるさい?住むのはやめとくべきなの?

家賃や初期費用を安く抑えられる不動産サイト

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

同じ物件でも初期費用が変わるので不動産選びは重要。

仲介手数料が安い不動産の例

他にも初期費用や家賃が全体的に安い不動産をまとめてみました。

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸の良いところは年収が低くても家賃の前払い制度を使うことによって部屋を借りることができることです。

一時的に収入が下がっているだけで貯金のあるフリーランスや自営業、転職中の求職者でも審査を通すことができます。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

イエプラ

イエプラは自宅にいながら店舗に行った時のように部屋を探してもらえるサービスです。

スーモやホームズと同じ取り扱い物件数を持ち、最新の物件情報を提供してもらえるのが最大の魅力です。

UR賃貸やビレッジハウスのように初期費用や家賃そのものが安いというわけではありませんが、通常の不動産のような消毒施工費などの無駄なオプション費用が一切かからないので初期費用が高くなることはありません。

チャットで専門スタッフとやり取り可能なのでカテゴリー分けできない細かい条件(初期費用10万円以下など)を伝えることもできます。

イエプラのホームページへ

エイブルやアパマンショップ等の物件もイエプラを通して紹介してもらうことで初期費用を少し安くすることができます。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた