一人暮らしで新築の賃貸アパートやマンションを選ぶメリットやデメリットまとめ


一人暮らしで新築の賃貸アパートやマンションを選ぶメリットやデメリットまとめ

住むからには出来るだけ綺麗な物件がいいですよね!

出来れば新築が良い!!と考える人も多いと思いますが、新築にもデメリットは意外と存在します。

そこで今回は一人暮らしで新築アパートやマンションを選ぶメリット・デメリットをまとめてみましたのご覧ください!

スポンサードリンク

新築のメリット・デメリット

 

【メリット】

  • 部屋・キッチン・バス・トイレ・その他全てが綺麗
  • 常駐している虫が圧倒的に少ない
  • 設備が新しい

新築物件の魅力はなんといっても部屋全てが綺麗なことです。

そりゃ誰も住んだことのない部屋なので当たり前ですが、昔の新築と比べると今の新築はすごく清潔感にあふれていて、設備も整っているところが多いです。

賃貸アパートなのにまるでマンションのような造りの部屋も数多く存在します。

最近では特にキッチンとお風呂場に力を入れている建設会社が多く、快適な一人暮らしライフを送ることが出来ます。

一人暮らしで新築の賃貸アパートやマンションを選ぶメリットやデメリットまとめ

新築でも虫は出ると言いますが、それでも常駐している虫は少ないので古い物件に比べるとゴキブリなど見るのも嫌な虫が出る可能性は低くなります。

ちなみに広い部屋の場合、昔だと畳の部屋が最低一つはある物件が多かったのですが、今現在はそういった畳部屋はかなり少なくなっています。

同棲する予定の場合「畳み部屋があるのは嫌」と考えている方は新築で検索すればそういった心配もありません。

 

【デメリット】

  • 家賃が高い(相場の5千円~1万円程度)
  • 敷金・礼金あり物件が多い
  • 新築独特の臭いがする
  • 下見ができない場合がある

新築でまず思いつくのが家賃の高さ。

結構高いようにも思えますが、実際のところ相場の5千円~1万円ほどの違いしかありません。

まぁ、それでも1年で換算するとだいぶこの家賃の差は大きいのでデメリットの一つと言えます。

新築物件は基本的に敷金・礼金も普通に取られるところが多いので初期費用にも注意です!

 

そして、新築ならではの臭いも注意。

調べたところ新築ならではのあの独特の臭いの原因はどうやら化学物質だそうです。

最悪の場合、化学物質過敏症やシックスハウス症候群になる可能性もあるので、住んでからしばらくはよく換気する必要があります。

正直面倒くさいのでこれもデメリットです。

 

それと、新築物件は募集している段階ではまだ工事が終わっていないことが多く、物件の下見が出来ないことも。

一人暮らしで新築の賃貸アパートやマンションを選ぶメリットやデメリットまとめ

いざ住んでみたら「思ったんとちゃう!!」なんてことになる可能性も少なからずあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

ネットでの口コミ・評判

 

4年以上住んでいますが、新築だから嫌だった事はありません。
逆に入居者が、同じぐらいに結婚した新婚さんが多いので、
歳も近く、その後もみんながだいたい同じぐらいに子供を生んでいるので、
よく表で一緒に遊ばせたり、公園に行ったりしています。とても楽しいですよ。

参照元:知恵袋

 

賃貸は入居時、敷金&礼金が必要な物件も多いので、その分のお金も用意しておきましょう。
更新日や更新料、退出時のことなども事前にきちんと聞いておいた方がいいと思います。
また間取り、家賃、立地はもちろんですが、
周辺環境(まわりに害になるような建物や人がいないかなど)もきちんと調べた方がいいと思います。
幹線道路や鉄道が近いと音や振動がひどいので注意した方がいいと思います。
また水辺の近くは地震の時、液状化しやすいのでおすすめしません。

参照元:知恵袋

 

新築のデメリットに、出来上がる前に内見せずに契約する(場合がある)点があると思います。
イメージしていたものと実際が違っていたり、壁紙の接着剤などの臭いが体に合わなかったりするかもです。

あと、私はトイレと玄関と部屋の位置関係も気にします
・・・風水ではなく、音を気にせず安心してトイレに入れるかどうかです^^;
物件のまわりの環境も気にします
・・・便利、騒音、におい、荒れた雰囲気がないかなどです。

参照元:知恵袋

 

最近の新築物件は一人暮らし用アパートなのにウォークインクローゼットがついていたり、お風呂は追い炊き機能が付いていたり、インターホンはモニターが付いていたりと完備が整っている物件が非常に多いように感じます。

 

やはり新築はデメリットよりもメリットの方が多いので、家賃の負担や初期費用が気になさらない方は新築物件を選んでもいいかもしれませんね!

新築は人気なので決めるなら早めに行動しないと満室になってしまう可能性もあるので注意が必要です!

その他の一人暮らしコラム

いい部屋を効率的に探し出す方法

検索時にチェックすべき物件情報

引っ越し前に隣の住人を知る方法

給料と家賃の本当にベストな比率

初期費用を10万円以下に抑える方法

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す