アパートとマンションの違いや見分け方!どっちの方が住み心地が良いの?


建物には大きく分けてアパートとマンションがあります。

これは物件の構造による違いで分類されますが、初めて部屋探しをする人にとってはいまいち違いがわからない方も多いと思います。

あまり差はないように思えて住み心地は全然違っているので今回はこの2つの見分け方や私の経験を元に住み心地の違いについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

アパートとマンションって何が違うの?

ざっくり言うとアパートの方が防音性が低く、マンションの方が防音性が高いという違いがあります

ただ、当サイトでも何度も紹介しているようにこの2つの違いに定義はありません。

アパートとマンションの違いに明確な規定はない!?

不動産業者がマンションと言えばマンションですし、アパートと言えばアパートになってしまいます。

しかし、暗黙の了解として構造で分類されることが多いです。

木造や軽量鉄骨で組み立てられているものはアパート、重量鉄骨や鉄筋コンクリートで作られているものはマンションとなります。

具体的な構造分類については「アパートとマンションの鉄骨造の意味の違い」でご紹介していますので今回は省きます。

どうやって見分ければ良いの?

構造別で見分けられることはわかりましたが、外観で見分けるにはどうすれば良いのか。

さらに詳しく分類していきます。

【マンションの特徴】

  • オートロック付き
  • エレベーターがある
  • 3階以上の建物が多い
  • エントランスがある
  • 見た目が頑丈そう

【アパートの特徴】

  • ロフトがある
  • すぐに侵入できる
  • ベランダが簡易的な仕切りしかない
  • 2階建て

かなりニュアンス的な部分が多く申し訳ないですが、実際見た目等で判断するにはこういった違いがあります。

上記に挙げている特徴というのは絶対条件ではありません。

例えばオートロックが付いていたら100%マンションですし、高層階なら確実にマンション。オートロックが付いていないマンションも当然あるので他の部分も見る必要があります。

ロフト付きは99%アパートですね。アパートは2階建ての物件が多いような気がします。

見た目の違いは画像で見てもらった方が早いかもしれません。

典型的なアパート

典型的なアパートというのは階段がむき出しになっています。

赤枠で囲っているように階段を支える支柱がむき出しになっているので非常にわかりやすいです。

また、上記でも説明した通りこういった2階建てはほぼ100%アパートです。

典型的なマンション

こちらは一般的なマンションの写真ですが、先ほどと比べると頑丈そうな感じが伝わるでしょうか。

最大の違いはやはり階段にあります。赤枠で囲っている階段は簡易的な作りにはなっていません。

つまりアパートとマンションを一発で見分けるには物件の階段を見れば良いわけです。

物件情報にアパートもマンションも明記していない時の見分け方についてもご紹介しておきます。

アパートとマンションの違いは構造です。

  • 木造=アパート
  • 軽量鉄骨=アパート
  • 重量鉄骨=マンション
  • 鉄筋コンクリート=マンション
  • 気泡コン=マンション
  • 鉄骨鉄筋コンクリート=マンション
  • 鉄骨造=アパートもしくはマンション

物件情報に例えアパートもマンションも明記していなくとも構造から見分けることが可能。

ただ、残念ながら鉄骨造だけは見分けることができません。

鉄骨造というのは軽量鉄骨もしくは重量鉄骨なのでアパート・マンションどちらの可能性もあります。

アパートとマンションの鉄骨造の防音性の違いとは?

まぁ実際アパートなのかマンションなのか明記されていないことはほぼありませんし、鉄骨造の場合はどちらなのか間違いなく書いてあるのでそこまで考え込まなくても良いような気がします。

残念ながら構造を物件の見た目だけで見分けることは素人にはほぼ不可能です。

スポンサードリンク

アパートとマンションの住み心地の違いについて

ここからは私の実体験を元に住み心地の違いについてご紹介していきます。

全ての物件がそうではないのであくまで参考程度に見ていただければと思います。

1.アパートの場合

アパートに住んだのはこれまでに2回です。

最初に住んだ物件の構造は【軽量鉄骨】で次は【木造】でした。

まず、一番気になるのが防音性ですが正直言ってかなり低いです。

どちらも1階に住んでいましたが上の階の人の足音は聞こえてきますし、隣の部屋のテレビが付いているのもなんとなくわかります。

いびきも聞こえますし、ちょっと騒げば壁ドンされるレベルで音は響きやすいです。

軽量鉄骨の物件に住んでいた時の方が防音性は高かったですが、正直どんぐりの背比べです。

こういうとアパートの住み心地は悪いように思えますが、うるさくて寝られないなんてことはなく、一応壁がある分少しは音が遮断されるので「めちゃくちゃ気になる」というレベルではありません。

ただ、壁が薄いと下手に友人を招いて騒いだりすることはできませんので多少なりとも生活にストレスは感じることになるでしょう。

住めば都という言葉があるようにこういった音、生活は本当に慣れます。

アパートは1階の場合ベランダ自体がなかったり、あったとしても簡易的な構造で通行人が通れてしまうので防犯性は正直ないです。

あと、私がアパートに住んでいた時に鍵穴に悪戯されたことがあります。

出かけようと思ったら鍵穴をボンドで埋められて鍵を閉められない状況に。

これもアパートが誰でも簡単に侵入できる作り、防犯性がない証拠です。

私の例は稀だと思いますが防犯性を気にする方はやめておいた方がいいのかも。

2.マンションの場合

マンションに住んだ経験もアパートと同様これまでに2回。

どちらも構造は防音性が高いと言われている【鉄筋コンクリート】でした。

音についてですが、アパートと比較にならないほど聞こえてきません。

これはアパートに一度住んでみなければ比較できない部分ですが、本当に差があります。

音を気にする必要がなくなった分、ストレスも溜まりませんし宅飲みで騒いでも怒られることはないでしょう。

ただ、だからと言って騒ぎすぎるのも問題。

私は友人を招いて8人ほどで宅飲みをしていましたが深夜4時ぐらいに下の階から「うるさい」と苦情が来た事があります。

実は隣りとの壁は問題ありませんが床の響き方は万全ではありません。

自分の身体が設置している部分は床なので隣よりも下の階の人に音は伝わりやすいです。

アパートと比較すると当然ながらこういった防音性も高いのでしょうけど、鉄筋コンクリートに住んだから何しても大丈夫ではないということを身をもって思い知りました。

ネットの意見を見てみる

【アパート】

【マンション】

マンションだって完全防音ではないのででかい音や振動音は隣に響いてしまいます。

防音性よりもその物件に住んでいる住民環境で生活はだいぶ変わるような気がします。

アパートだと学生が多かったり、低所得者が多いのでたまに常識のない人が深夜に奇声を発したり、宅飲みで騒いだりしてうるさかったりします。

一方、マンションの場合は社会人が多く基本的に帰っても寝るだけ生活をしている人が多いので騒音トラブルになることは少ないですね。

ただ、ファミリー向けの物件の場合は赤ちゃんの夜泣きが聞こえてきたりするので広めの物件は問題ありです。

住み心地は圧倒的にマンションの方が良い

住み心地は話にならないぐらいマンションの方が良いというのは火を見るよりも明らかでしょう。

実際、賃貸のトラブルの第一位が音に関することなので当然と言えば当然です。

ただ、アパートとマンションを比較するとやはり家賃が結構変わってきますので家賃重視で考えるとアパートの方が良いという人も多いでしょうね。

特に学生はアパートに住む人が圧倒的です。

社会人になって少しお金に余裕が出てきた人にとっては住み心地を重視するのでマンションを選ぶ人が多くなります。

個人的には社会人で家にいる時間が少ないのであればアパートでも何ら問題はないと思いますが、仮に隣がうるさくする人だと寝不足になって仕事に影響を及ぼす可能性があるので難しい部分ではあります。

住み心地重視ならマンション、家賃の安さを重視するならアパートを選択すべきです。

ちなみに一度鉄筋コンクリートマンションに住むと次に引っ越す時にアパートを選択できなくなります。

お金を持った人が生活レベルが上がってしまうのと一緒で住んでいる環境をランクダウンさせるのって難しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す