一人暮らしの初期費用を10万円以下に徹底的に抑える方法!


一人暮らしの初期費用を10万円以下に徹底的に抑える方法!

一人暮らしというのは何かとお金がかかることで知られています。

家賃だけでなく最初は家具を購入したり、仲介手数料がかかったり・・・なんだかんだで最低30万円は必要というお話を以前しましたね!

でも実際はそんなお金はない、けど一人暮らししたい!

こんな方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は一人暮らしの初期費用を徹底的に抑える方法についてまとめてみました。多少条件が整わないと10万円以下に抑えることはできませんが、どこをどう抑えるべきかをご紹介していきます。

スポンサードリンク

初期費用でかかる具体的内訳

初期費用と一括りにされているわかりずらいので、まずは初期費用の内訳についてご紹介していきます。

【初期費用内訳】

  • 敷金・・・預け金なので仮に1ヵ月分かかるとしても最後に戻ってくるお金(0~1ヵ月分)
  • 礼金・・・住まわせてもらいますよ!ってことで大家さんに払うお金(0~1ヵ月分)
  • 仲介手数料・・・仲介業者に払うお金(最大で1.08ヵ月分)
  • 前家賃・・・住む日から1ヵ月間にかかる家賃を最初に払う
  • 火災保険・・・火災のための保険で15000円かかる。
  • 事務手数料・・・契約する手間賃。平均で10,000円ほど
  • 鍵交換費・・・最初に払う場合もあれば退去の際に払う場合もあり、相場は15,000円
  • 保証会社利用料・・・保証会社を使う時のみかかるお金で相場は家賃の50%ほど
  • その他・・・部屋の消毒代やトラブルサポート費などのお金。拒否することも場合によっては可能
  • 引っ越し業者・・・実家から引っ越し先に私物を運ぶために必要なお金。相場は20,000~50,000円

細々としていますが、初期費用の相場や家賃×4~5か月分と言われています。家賃6万円なら24~30万円ほどが相場です。

家賃を安くすればその分初期費用を抑えることはできますが、それだけでは10万円以下に抑えることは到底不可能です。

初期費用を10万円以下に抑える具体的物件の条件

いくつもの条件がそろってようやく10万円以下に抑えられるかどうかのレベルですが、しっかりと探せば必ず見つかります。

何をどう抑えるべきか1つ1つ説明していきます。

1.敷金0円物件

敷金というのは預け金なので最終的には返金されます。敷金から退去クリーニング代としてかかったお金を引いた額が退去時に返ってくるので損はしません。

ただ、初期費用10万円以下と考えると敷金0か月物件は必須です。

2.礼金0円物件

礼金は敷金と違い、全く返金されないお金です。例え初期費用10万円以下にこだわらなくても0円の方が間違いなくお得です。

3.仲介手数料0円物件を探す

仲介手数料は仲介業者に対して払うお金。基本的には家賃1か月分かかってしまいます。

不動産側も商売なので他の業者と差別化するためにあえて仲介手数料を半額にしているところもあります。エイブルやミニミニあたりが有名ですね。

半額でも十分安いですが、初期費用を10万円以下にするなら仲介手数料0円物件を探すしかありません。こうするとかなり物件の幅は狭くなりますが、礼金と同じく仲介手数料はムダ金なので安ければ安いほどお得です。

4.【前家賃】月の中旬を入居日にする

前家賃はわかりにくいイメージがありますが、要は最初に払う家賃のことです。入居日から月末、あるいは翌月の家賃もこみ込みで支払うことになります。

前家賃に損得はありませんが、初期費用として安くするなら月の中旬近くが好ましいです。

【例】

  • 1日~14日:入居日から月末までが前家賃
  • 15日~31日:入居日から翌月末までの分が前家賃

特に規定はありませんが、例えば入居日が下旬の場合だとその月の家賃を払ってもすぐに翌月の家賃が発生するので、初期費用として一緒に翌月分も請求してしまおうという傾向があります。

上旬や中旬ぐらいならその月の家賃だけで済みます。

いつ入居しても損をすることはないので普通はそこまでこだわらないですが、現在手元にお金がない人にとって翌月分の家賃まで一緒に請求されるのは痛手です。

5.保証会社は絶対に利用しない

連帯保証人がいない場合は保証会社を利用することになりますが、保証会社利用料の相場は家賃の40%~70%ほど。

初期費用を10万円以下にしたいなら保証会社の利用は絶対にやめましょう。

また、保証人不要物件と謳っている物件も保証会社利用必須だったりするので注意してください。

6.断れるオプションは断ること

火災保険料や鍵の交換費用は絶対にかかってしまうお金なので仕方ありませんが、消毒サービスとか安心サポートとかは断れるサービスです。

仲介業者の中には加入するのが当たり前のように勧めてくるので気を付けてください。

7.なるべく自力で引っ越す

引っ越し業者に頼むと一人暮らしでも3万円~5万円ほどかかってしまいます。だったら自力で荷造りしたり友人に頼んだ方が圧倒的に安く済みます。

私はなるべく自分でやるようにしていますし、車がない場合は半日レンタカーを借りて作業を行います。

引っ越し先が遠い場合は業者に頼むしか手はありませんが、初期費用を抑えたいならなるべく自力で。

頼める友人も車の免許もない場合は「赤帽」という業者が一番安くておすすめです。ただ短距離限定になりますが。

フリーレント物件がおすすめ

最近では空き室になっている物件も多くなり、不動産業者は入居率を高めようと必死です。

フリーレント物件というのは1か月分~2か月分ほど家賃が無料になる物件のことです。

初期費用として引かれるか、入居した翌月の家賃が引かれるかは物件次第ですが、どちらにしてもかなりコストを抑えることができるのでおすすめです。

私も一度フリーレント物件に住んだことがありますが、物件自体にはそれほど問題がなく、安く住めたので良かったです。

家賃6万円なら6万円浮きますからね。

家賃交渉をしてみよう

基本的に初期費用というのは家賃をベースに決まってくるので家賃を少しでも下げることができれば全体的にかなり安くなります。

家賃の交渉ができるようなら積極的にしてみましょう。

直接顔を見て交渉するのが苦手ならイエプラというサイトがおすすめです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラは条件を伝えると専門スタッフが半自動で部屋を探してくれるサービスですが、やり取りが基本チャットなので交渉事もチャットを通じて行うことができます。

イエプラ公式ページへ

家賃は1,000円~2,000円程度なら対応してくれる大家も多いので言ってみる価値はあります。

初期費用を10万円以下に抑える方法まとめ

  1. 敷金・礼金・仲介手数料0円物件を探す
  2. 入居日は中旬ごろにする
  3. 家賃はなるべく抑え、交渉を持ちかけてみる
  4. フリーレント物件を探す
  5. 引っ越し業者になるべく頼らず、自力で引っ越しする

最近では「初期費用10万円以下です!」とアピールしている物件もあります。

現実的に言って家賃は5万円程度に納めないと厳しいので探すならアパートですね。マンションになると格段に家賃が高くなってしまいます。

以上を抑えて部屋探しをしてみてください。

その他の一人暮らしコラム

 

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す