築年数が20年以上の古いアパートや賃貸マンションに住むメリット・デメリット


築年数が20年以上の古い賃貸アパートやマンションに住むメリット・デメリット

一人暮らしをするなら出来れば綺麗な部屋で快適に過ごしたいものですが、家賃などを考慮すると、簡単に新築物件や浅築物件には住めないですよね。

家賃と間取りを考えて選ぶと最終的に築年数が20年以上経っている古い物件に巡り合うことも一人暮らしあるあるの一つだと思います。

そこで今回は古い賃貸アパートやマンションに住むメリット・デメリットを実際に住んでいる人の声を参考にご紹介していきます!

スポンサードリンク

築年数だけでは判断できない

築年数が20年以上の古いアパートや賃貸マンションに住むメリット・デメリット

「なんとなく古い建物は嫌だなぁ」と思って条件設定で避けている方も多いと思いますが、一概に築年数が古いからといって=汚いとは限りません。

というのも、築年数が経っている物件ほど、基本的には人気がないわけですがそうなれば当然借り手がいなくなってしまいます。

大家としてはこれでは家賃収入を確保できず、困ってしまうので打開策に出るわけです。

それが「リノベーション」「リフォーム」「改築工事」といった手段です。

こういった工事がされている物件であれば例え築年数が経っていようとも見た目は綺麗な物件となるわけです。

とはいえ、リフォームにはコストがかかるため、部屋の全てを工事することは実際ほとんどないそうです。

古い物件のメリット・デメリット

築年数が20年以上の古いアパートや賃貸マンションに住むメリット・デメリット

【メリット】

  • 家賃が安い
  • ガスコンロを設備している可能性が高い
  • 内装が綺麗になっていることもある

最大のメリットはお察しの通り、家賃が安いことです。

人気の高い物件ほど家賃は高く、築年数経つごとに人気は落ちてくるので家賃は低くなります。

本当に人が入らないような物件だとびっくりするぐらい安い家賃だったりすることも。

それと古い建物の場合、基本的にはガスコンロです。

これは私だけかもしれませんが、IHよりもガスコンロの方が料理がしやすいのでメリットだと思います。

IHとガスコンロはどっちの方がオトク!?

ちなみによく古い建物は防音性が低いと言われますが、防音性はそのマンション、もしくはアパートによって異なるので古い建物だからと言って音が響くわけではありません。

例えば新築の木造アパートは古い木造アパートと同じように防音性が低いですし、その逆もしかり。

防音性については構造により異なるので、詳しくは「建物の構造別防音性まとめ」をご覧ください。

また、上記でも述べましたがある程度築年数を重ねている物件は人が入らなくなってしまうので内装をリフォームすることもあります。

なぜかトイレは温水洗浄便座だったり、お風呂場が新しくなっていたり、なんてことも。

これは部屋の画像を見るか、実際に内見するまではわかりにくい部分なのでライバルも少なくてかなりオトクです。

スポンサードリンク

【デメリット】

  • 気密性が低く、冬は寒くてエアコンが効きづらい
  • 虫が発生しやすい
  • クローゼットではなく押入れが多い
  • 呼び鈴が古い
  • バスルームはタイルが多く、カビが発生しやすい
  • 排水管から下水の臭いがする場合がある

築年数がだいぶ経ってしまっている古いアパートの場合、気密性が低くなっているので冬場はすごく寒いそうです。

また、日本人の多くが嫌いであるゴキブリが発生しやすい。

古くからあるのでそこを住処にする虫が多いのでしょうね。

 

ここからは一部リフォームされている部屋の話。

私の友人は築25年のマンションに住んでいるのですが、見た目は普通で部屋も普通ですが排水管から下水の臭いがしてくるそうです。

工事費をケチるためなのかわかりませんが、生活する上ではかなり不快ですよね。

また、収納やキッチン、風呂場に関してはリフォームされているところは非常に少ないのでこの3か所を見ると一発で建物が古いのがわかります。

例えば収納はクローゼットタイプではなく押入れタイプ、キッチンは全体的に古臭くて蛇口は小学校のような形だったりします。

クローゼットと押入れの違いや使い勝手のメリット・デメリット

さらにお風呂場に関しては公衆トイレのようなタイル張りでお風呂自体が四角形だったり底が深かったり。

http://hitorinokurasi.com/archives/482

これは滅多にないでしょうけど、友人の部屋のお風呂はボイラー式で昭和を感じさせるものでした(笑)

まとめ

こうしてみるとメリットよりも圧倒的にデメリットの方が多い気がします。

総合的に考えると家賃の安さ以外に魅力は感じませんが、リフォームされているのであればまだ検討の余地はありそうです。

ただ、リフォームを行っていたとしてもこういったデメリットは払拭しきれないので頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す